000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫のおきて

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


蔦谷K

Recent Posts

Comments

馨歩@ お引越しの先輩! たつもとちまきさん、楽天からお引越しの…
たつもとちまき@ 書き込めるかな? RSSに楽天の広告が混ざる様になって、何か…
馨歩@ ご指摘を受けて ふらんさん、 >あの一行でこれだけ観…
ふらん@ えへへ あの一行でこれだけ観察なさるとは流石馨…
馨歩@ 毎度おなじみの ごましおさん、 >考察するなんて、ケ…

Calendar

Archives

2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.06

Category

2008.04.17
XML
テーマ:俳句!(12)
カテゴリ:節気の猫句
 東京は、昨日今日と雨が続いています。強風が吹いて交通の混乱があったり、迷惑を蒙っている方々、大変でございました。

 でもまだ幸いなのは、真冬の雨と違って、もう身の縮むような寒さではないこと。「笑う」と表現される春の山も、薄墨の空の下、しっとりと見えます。
 この雨が土を湿らせ、草木や木々の若葉を萌え出でさせ、穀物を育てる、そんな感じの雨。そういえば20日は穀雨。まさにそういう時期です。

 寒くないせいか、雨の日は眠いはずの猫も、活動性が落ちずに、出たり入ったりを繰り返しています。そして、ずっと降りやんでいないのに、外から帰っても不思議と、びしょぬれだったりすることはなくて、毛先に細かな水滴をまとっている程度。

 やっぱり、濡れない「猫の道」を通って行き来しているのだろうな。


   猫戻る穀雨に毛先湿らせて


 久々の俳句でありました。昨年度投句してくださった読者諸賢も、作句なさってますか?
 俳句エントリでなくても、句をおつくりになったらご披露くださいましね。






Last updated  2008.04.18 12:23:59
[節気の猫句] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.