373628 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫のおきて

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


蔦谷K

Recent Posts

Comments

馨歩@ お引越しの先輩! たつもとちまきさん、楽天からお引越しの…
たつもとちまき@ 書き込めるかな? RSSに楽天の広告が混ざる様になって、何か…
馨歩@ ご指摘を受けて ふらんさん、 >あの一行でこれだけ観…
ふらん@ えへへ あの一行でこれだけ観察なさるとは流石馨…
馨歩@ 毎度おなじみの ごましおさん、 >考察するなんて、ケ…

Calendar

Archives

2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05

Category

2008.06.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 猫的出会いがないままのイタリア。フィレンツェから、ユーロ・イタリアで永遠の都、ローマへ移動し、「全世界から観光客とプロのスリが来ている」と脅されながら、名所を巡る。

 サンピエトロ広場から、

サンピエトロ広場

 荘厳なサンピエトロ大聖堂へ。

サンピエトロ大聖堂

 そしてトレヴィの泉。

トレヴィの泉

 猫たわけの皆様だったらもうお分かりと思うが、こういう、人がわんさかしているところに、猫がくつろいでいることは少ない。そして、わき目もふらずに仕事していたので、人けのない路地で猫的探索をしている余裕はなかった…

 コロッセオには猫がたくさんいるという情報をせいらん様からいただいていたのだが。

コロッセオ

 残念ながらコロッセオは、横の道路を車で通り過ぎただけであった。

 実はローマには、探訪したい猫的名店があったのだが、それも果たせずにしまった。
 カッフェの国、イタリアで19世紀末から営まれている老舗のサラ・ダ・テ(ティー・サロン)、「Babington’s Tea Room」。ここのシンボル・マークが黒猫なのだ。
 スペイン階段のすぐわきにあり、観光の合間に立ち寄るにも便利。ローマにおいでの猫たわけ諸氏は、ぜひ。

 バビントンの黒猫マークを確認できなかった穴埋めのように、ローマでは他の黒猫的意匠を幾つか見かけた。

 革製品屋の店先。黒猫柄の笠。

黒猫傘

 そして酒屋の看板。

コーヒーアブサン黒猫

 これも店に入って現物を買う暇がなかったのだが、コーヒー・アブサン「ブラック・キャット」、寡聞にして知らなかった。どんな味なんだろう?興味あるなー。






Last updated  2008.06.23 18:29:48



© Rakuten Group, Inc.