753711 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ねこの散歩道

全335件 (335件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >

子育て

2015年11月29日
XML
カテゴリ:子育て


今週の6連勤は、
やはりきつかった。

今朝は、起きられず。
猫と息子に起こされて、
8時半過ぎに起きる。

近所の道の駅に
朝ごはんのパンを
買いに行く。

が、めんどくさくなって、
道の駅で食べることに。

サバの味噌煮定食

息子は、サバの味噌煮定食。

サバそば

私は、鯖そば。
あれ?うどん?何で?

そして、買い物。

おやつ

あんドーナツやらシュークリームやら。
完全に甘いのに体が支配されている(^_^;)

家に戻って、夫と二人、
息子の下宿先を捜しに
京都駅近くの不動産屋さんへ。

息子は、意見を言う権利がない、
テスト勉強中ということで留守番。

だいたいの場所は決めていたので、
そちらのマンションへ移動。
そして、決定。
所要時間3時間半。

しかし、最近の学生マンションは広いね。
バストイレ付、オートロックは当たり前。

今回、「洗濯器設置不可」がけっこうあって、
私は、この条件が納得できずでした。
息子の場合、コインランドリーに
まめに行くとは思えず、
洗濯機が置ける物件をセレクト。

ゴミが24時間365日捨てられる、
インターネットが使える、
24時間のサポート体制完備、
などなど便利だけど、
値段も上がるわな(-_-;)

3月から一人暮らしの予定なので、
来月から息子は、いろいろ修行です。
家計管理やら料理、
洗濯、掃除を仕込んでいきますが、
私も家計どんぶり勘定をなんとかしないと
大変なことになるなあ。

そうそう、今回の物件、
息子のベランダが大家さんの家の軒先。
これは、親としては安心材料です(*^_^*)

しかし、また、書類揃えたり、
息子名義の通帳作ったり、
せっかく火曜日休みとったけど、
雑用で終わりそう(*_*)

***

今月は、イライラせずに終了。
「命の母」のおかげか、
豆乳なのか鍼なのか。
とりあえず、
「命の母」は、続けよう。


にほんブログ村










最終更新日  2015年11月29日 23時35分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月20日
カテゴリ:子育て

持久走のしんどさで、
昨夜からグダグダの息子。

今朝も
「学校休みたい」
「何にも食べられへん」
と、どんより(。-_-。)

「まあ、まずは、味噌汁でも飲んだら?」
「味噌汁だけでいいわ(-。-;」


rblog-20151120235617-00.jpg

うちのおばあちゃんが
よく作っていた
生卵を落とした味噌汁。
息子は、これが好きなので、
白味噌で作りました。

味噌汁二杯飲んで、
鼻歌歌い出した息子。

食いしん坊は、単純だ(^_^)

ごはんで家族を元気にするのも
お母ちゃんの仕事だと思う。


にほんブログ村







最終更新日  2015年11月22日 16時40分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年09月26日
カテゴリ:子育て


今日は、息子の誕生日。
誕生した日を振り返ろうと
息子とアルバムを見ていた。

「かわいかったなー」
と話しながら、
私たち夫婦の若い頃の写真を見たり。

夫

こんなかわいい男子の写真が(*^_^*)
25歳の夫。

夫に見せたら、
「誰や、これ?」って。
あんたやっ!
こんなにかわいかったんやなあ。

そうそう、息子が以前から、
「お母ちゃんの高校時代の写真が見たい」
って言ってたなあと思い出した。

「なあなあ、これが、お母ちゃんやで」
と修学旅行や体育祭の写真を見せると……

ものすごーく嫌そうな顔(-.-)

「はぁ~、見なきゃよかった(-_-;)」
「凹むわ」
「もう少し可愛いかと思った」
「はぁ~」
「お母ちゃんの高校時代、黒歴史やな」

と本気で凹んでいた。

失礼な奴!
高校時代、けっこう愉しかったぞ!

夕方、
豆太の散歩してる時も
「朝のお母ちゃんの写真、衝撃やわ(-_-;)」
と、また、言っていた。

本当に失礼な息子だ。


にほんブログ村







最終更新日  2015年09月26日 19時04分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年08月30日
カテゴリ:子育て


NHKの「まれ」を観ていたら、
子育てと仕事で、
てんやわんやだった頃を
思い出した。

親類のいない関西で、
引っ越して数カ月の京都での出産。
あの頃は、
今みたいにネットも盛んではなかったので、
本当に社会から孤立した感があった。

社宅での子育ても私には最悪だった。
働くお母さんへの批判、
モラルのない発言、
変な気の使い合い。

子供同士のやりとりで、
嫌な事されても、
旦那の力関係で、
まっとうなやりとりが
できなかったり、
子供が同じ年で同じ社宅というだけで、
「仲良しグループ」
に入れられてしまう。
公園も社宅内だから、
ゆっくりしたくても、
家にいれば呼びに来る。

こんな環境で、
子育てが楽しいわけもなく、
子供が2歳の時、
近所に無認可保育園ができたので、
再就職。

いきなりの管理職ポストをいただき、
そりゃ、もう忙しくて。
夜勤もこなし、
夜中や早朝の突然の呼び出し、
休みの変更も珍しくない。
(施設勤務の人は、似たような環境かと思います)

夜勤の日、
玄関で息子が
目にいっぱい涙をためて、
「母ちゃん、お仕事。泣いたらあかん」
と言うのを聞いて、
泣きながら仕事に行き、
そのいきさつを私から聞いた上司も泣く
ということもありました(笑)

帰りも遅くて、
ほとんど外食の日々で、
今考えると、
クレイジーな生活だったけど、
それでも、
私には仕事は、なくてはならないものでした。
辞めたら自分が自分でなくなるような
それくらい重要なものでした。

今、子供の立場で振り返ると
もう少しそばにいて欲しかったと思うし、
愛情を伝えて欲しかったと思います。
私自身も子供が自分を必要としている実感がないくらい
子供と接する時間がなかった。

最近、
自分の仕事でのテーマが、
「愛着障害」で、
「発達障害より愛着障害の方が、
発達に影響を与えているのではないか」
と思い始めています。

だから、よけいに、
あの頃の子供への接し方を
振り返ってしまうのかもしれません。

ただ、好きな仕事を諦めて、
あの団地集団で生きていたら、
自分はすごく歪んだ人になっていたに違いない。
そう考えると、
自分を取り戻せる仕事は、
必ずしも「悪」ではないように思います。

私の場合、
息子が5歳の春、
いつものように保育園まで号泣だったのに、
門を通った瞬間、泣き止み、
表情をなくして教室に入っていた日に、
「すいません、仕事辞めて、療育に専念します」
と上司に伝えました。

ドクターストップじゃないけれど、
本当に「今は、子供に集中!」
っていう瞬間は、母親にはわかるもんやなと
その時、思いました。

まあ、辞めるまで6か月かかり、
辞めてからも試練はありましたが(笑)

時々、
療育に集中した6年間、
仕事してたら、
私は、今、どの位置で
仕事できてたかなあと
未練がましく思うこともありますが、
それ以上に、
あの6年間がなければ、
今の子供の姿はなかったなあと思います。
きっと、忙しい親にガミガミ言われて、
自己肯定感なんて育たなかったし、
いつも親の顔色を気にする子になっいていたと思います。
勉強だって、投げやりだったと思う。

今は、経済的にも共働きをしないと
大変な家庭もたくさんあります。
そんなこれからの人たちには、
できるだけ家族で一緒に休みがとれるといいな、
子供の誕生日や病気の時くらいは、
定時で帰らせてあげたいなと
ちょっと、ばあば的な見方をするようになってきた
今日この頃です。

一つだけ思うのは、
仕事をすると決めた以上、
子供の前で、
「仕事がしんどい」と言ったり、
「疲れた」を連発することは、
最低だと思います。
子供は、なんとも言えない気持ちになる。

それが守れるなら、
仕事と子育ての両立は、
いろいろあるけど可能かな。

私もやっとこの春で、
子育てと仕事の両立が終わります。
(経済的な子育ては、まだ、二年あるけど)

働くお母さん、
応援したいなあ。


にほんブログ村







最終更新日  2015年08月30日 08時35分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年08月29日
カテゴリ:子育て


今日も1日忙しく、
夕方、やっと一息。

甘えん坊のトムが、
ダッシュで膝にのってきて、
ゴロゴロ喉を鳴らして
顔をスリスリ。

トム


「可愛いな〜」
トムを撫でていると、
息子が言った。

「お母ちゃんさあ、
トムが死んだら、
すごい泣くんやろなあ」

「そうやなあ。
いつも側にいるからなあ。
でも、そんな日も遠くはないから、
今のうちに、いっぱい
甘えさせてあげるんや〜」
と、私。

「俺は、お母ちゃんが先に死んだら、
泣いても泣ききれんわ」

雑談の中でサラッと言われたので、
「私は、100まで生きるから、大丈夫や!」
と答えて会話終了だったけど、
あとからジワ〜っと、
胸が熱くなった。

だってさ、
私も死んでも死にきれんくらい
心配が山盛りあるし、
自分に対して、
そんなふうに思ってくれる人って、
そうそういないので、
親子ではあるものの
「ありがたいなあ」
と思ったり。

若かろうが、
歳をとっていようが、
命はいつか絶えるし、
それは、すぐ先なのか
ずっと先になるのか
わからない。

子供のためにも
自分のためにも
健康で長生きできるように
日々の事故管理が大事やなあ。


にほんブログ村







最終更新日  2015年08月30日 07時56分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年08月03日
カテゴリ:子育て
rblog-20150803192627-00.jpg

3日目のセミナーを終え、
帰りの新幹線。

あれ?
東京に4日いたんじゃない?

だって、7連勤の仕事で、
今日だけ休みで明日から仕事。
まっすぐ帰っても、
留守番の男組とワンニャンが
汚してるであろう部屋の掃除や
洗濯で休みが終わるなんて、
やってられない!
お母ちゃんにも休養が必要です( ̄ー ̄)

横浜発達クリニックのセミナーは、
本当によかったです。

3日目は、「告知」についてでした。
いくつかご紹介したい内容がありますが、
私の中で、まだ、まとまらないので、
思いついた感想を一つ。

私は、3年ほど前から
「障害者」を「障がい者」と書くようにしています。
当事者に向かって使う時は、特に思いますが、
「害」という文字が人に使われるべきではない
という思いが硬まってきたからです。

先日、乙武さんの本を読んでいたら、
「障害を障がいと書こうが、つんぼを聴覚障害と言おうが、本質が変わらなければ意味がない。だから、僕はどっちでもいい」というようなことが書いてありました。



オトことば。 [ 乙武洋匡 ]


そして、今回のセミナーでは、
「障害者という表現を変えようという議論もされていますが、制度の中で障害という言葉を使うかぎり、例え、「障害者」という表現を改めても、「障害」という言葉は消えることはない。私は、障害という言葉を変えるよりも障害という言葉に対する偏見をなくす方が現実的だと思う」
と言われていました。

告知の際も、
「あなたは、自閉症という脳タイプで病気でもないし、治す必要もありません。でも、少数派の脳タイプなので、多数派の社会では不便なこともあります。障害名は、そういう少数派の人が生きやすくなるためのチケットです。チケットは、持っておいて、使えると便利です」
と説明されるそうです。

乙武さんの本や今回のセミナーに参加して、
文字でのインパクトは強いし、
(未だに自閉症は、喋らない、自分の殻に閉じこもって閉鎖的と思っている人は多い)
そのあたりを変えるために
働きかけることは大事だと思うけど、
それより、私自身が「障害」の意味を
捉え直すというか、
あるべき概念を自分の中に作り上げることが、
必要なのかなと思いました。

当事者に近い人間ができることって、
まだまだありますな。



高機能自閉症・アスペルガー症候群「その子らしさ」を生かす子育て 改訂版 [ 吉田友子 ]



自閉症・アスペルガー症候群「自分のこと」のおしえ方 [ 吉田友子 ]



あなたがあなたであるために 自分らしく生きるためのアスペルガー症候群ガイド / 吉田友子 【単行本】


もうすぐ京都。
明日からも頑張ろう( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村






最終更新日  2015年08月03日 23時16分19秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年04月20日
カテゴリ:子育て

のり弁

今朝は、のり弁の朝ごはん。
息子は、朝ごはんに鮭が出ると
テンションが上がるらしいスマイル

***

昨日は、オープンキャンパスへ。

家を出る時、
「髭を剃って」
「傘を持って行って」
と私に言われ、ふてくされる息子。
適当に髭を剃り、私にダメ出しされて、
「お母ちゃんこそ、髭を剃れ!」
と言われたが、私、髭生えてる?

怒りながら行動してるので、
靴下が左右柄違いで、
それを指摘され、
「別に靴下なんてどうだっていい!」
と更にふてくされる息子。

ちょっと変かもしれないけど、
家でも仕事でも、
私は、ふてくされてる人が
けっこう好きだったりする。

息子とのやりとりも
微笑を浮かべながらするので、
よけいに息子が腹立つのかもしれない。

ふてくされてる人って、
どこかかわいい。

なんで、そう思うのかなと考えると
おそらく、
「ふてくされることができる」
関係性だと思う。
親しくない人の前で、
そうそう、
ふてくされることもできないだろう。

自分の前で拗ねたり、
ふてくされたりする人がいると
「関係ができてきた」
と、どこか嬉しくなる。

自分自身も子供の頃は、
親くらいにしかふてくされた態度はできなかったけど、
今は、けっこう、素でいられる人が多くなって、
後から思い出すと、
「なんて子供っぽいことしたんだろう」
と恥ずかしくなるような拗ね方をしている時も。
「けど、私もけっこう受け止めてるで」
と思って、たいして行動を改めもせず、
50歳に向かっているわけです。

いいんだか、悪いんだか。

結局、息子は車の中で笑いだし、
「俺、あかんな。小さいことで腹立てて」
とつぶやいていました。
「みんな、そんなもんやわ」
と適当な返事をする私。

お昼のモスバーガーを食べる時には、
気持ちの立て直しも終了してましたウィンク

モス

モスバーガーおいしいなあ。

オープンキャンパスの後は、
「鶴橋風月」

鶴橋風月

息子の将来の夢を聴きながら、
私もまだ、がんばるぞー
と思った休日でした。


にほんブログ村









最終更新日  2015年04月20日 11時23分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年10月19日
カテゴリ:子育て

パスタ

朝ごはんがゆっくりで、
ボリュームもあったので、
お昼は和風パスタ。

大根おろし、納豆、ツナに海苔。
だし汁とコンソメと醤油とみりんで
スープを作ってかけてみました。

おいしそうに食べて、
たくさん話して、
ごろんと寝転んで漫画を読む息子。

そんな様子を見ていると、
こうして笑顔のために何かしてあげられて、
ゆったりと成長を見守ることが
どれだけ充実していて、
幸せなことだろうと思う。

障害を持つ人の親のほとんどが
「安心して子供を預けられる場所がない」と言う。

私も同感。
福祉の世界って、
ほんとに変わってしまったなあと思う。

柔らかい時間の中で
たくさん笑ってもらえる空間を作る。
一緒にいると安心できる存在になる。

そんな場所が作りたい。
誰か資本金を(笑)




にほんブログ村
 


にほんブログ村








最終更新日  2014年10月19日 16時27分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年10月14日
カテゴリ:子育て

お餅

今朝は、
神社のお祭りでいただいた
お餅を焼いて食べました。

なんとなく、
健康に過ごせそうな気がします(^^)

今日から息子のテスト週間開始。
数学は、全く私がついていけなくなり、
一人で勉強していますが、
他の科目は、
少しだけサポートしています。

これが、
なかなか大変なんですが、
だからこそおもしろいところもあって、
私の頭が少しよくなったのは、
息子のテスト勉強のおかげかと思います。

特に日本史や理科は、
自分が学生の頃は暗記のみだったので、
全然、おもしろくなかったのですが、
今は、テスト範囲に関係する
映画を観たり、歴史漫画を読んだり、
時代の人物や背景がわかってきて、
「同じ人間なのに、えらいことしたなあ」
「この奥さんだったし、出世したんや」
とか自分とは別世界の話ではなく、
「そこから今は繋がっている」
というような感覚で、
学べておもしろいです。

勉強すると痩せるらしいので、
この一週間で体重減少するでしょうか?

[体重46.0キロ 体脂肪率28.9%]

テスト週間は、
夕食を6時にするので、
その後、間食しなければ、
ダイエットになりますね。

ちなみに、いつもは、
夕食は20時過ぎくらいです。


にほんブログ村

 

 


にほんブログ村










最終更新日  2014年10月14日 18時58分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月08日
カテゴリ:子育て

化学

今日は仕事だったので、
早起きして出勤まで
一時間半ほどテスト勉強サポート。

帰宅してから、
また、勉強サポートで、
只今終了、深夜0時。

正直、仕事も家事も通常通りで
テスト勉強のサポートまですると
かなり体力的にきついのですが、
「お母ちゃん、化学、嫌やったけど、おもしろくなってきたわ」
なんて言われてしまうと
ますます、がんばって教えたくなってしまう。

というわけで、
明日も頑張ります。

おやすみなさい。



【送料無料】高校とってもやさしい化学基礎 [ 柿澤壽 ]

このテキストは、
本当にわかりやすくて、
おすすめですスマイル








最終更新日  2014年03月08日 23時59分56秒
コメント(2) | コメントを書く

全335件 (335件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >

PR

プロフィール


あき415jp

サイド自由欄

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

雨のち。。。晴れが… New! risa9537さん

家庭菜園・水菜のそ… *ろびん*さん

3連休 マロテンさん

今年最強(最恐)台… 浪花のsabo天ママさん

クラゲのありがとう。 きゃべつこさん

げんきはうす げんまま2005さん
Pau Pau kitchen makana*さん

コメント新着

miho@ Re:大晦日(12/31) あけましておめでとうございます。 お久し…
eri@ Re:大晦日(12/31) あけましておめでとうございます。 昨年末…
あき415jp@ eriさん うちは、3月から子供が家を出るので、私…
eri@ Re:今度は電話!(12/13) タイミングよく・・・!? 私も、旦那に切…
あき415jp@ ふく横井さん 奥田民生か~ 少しだけ私より下の世代やな…
あき415jp@ きゃべつこさん 物が増えると思考の整理もスムーズに行か…
あき415jp@ eriさん 「命の母」のおかげか先月は、イライラも…

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.