084496 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シウォン で はっぴぃ

PR

全258件 (258件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

2012.07.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
  • 早いもので開きの季節到来
  • DCIM0357.JPG






最終更新日  2012.07.20 01:39:26
コメント(1) | コメントを書く


2011.11.04

特にシウォンが病気になった訳でもなくママが忙しかった訳でもなく

パソコンに向かうのが面倒だった...、パソコンお休みしてたら気分もリフレッシュNEW

体もそうだけど長い人生マラソン休暇は必然

と、言うことであの地震いらいのブログかも

その間にはまっていた韓国化粧品

G-market

あれこれ買いました買いましたさいふ

なのでブログは更新しませんでしたが、お買いものはパソコンでしてましたしょんぼり

ダナハン

このダナハンのクレンジングとピーリングは友達にも頼まれ

何度リピしたことか・・・

クレンジングは漢方(高麗ニンジン)の独特の香りですが

洗い上がりしっとり安くて大容量大笑い

ピーリングはソフトなので敏感肌の人にもいいかも

週に2回ほど使用してます

DVC00360.JPG

上矢印こちらはTHEFACESHOPフルボーテシリーズ

以前右のピンクの容器が新しくなって紫のちょっと豪華な容器になり登場!!

これもオススメ キメが整い朝起きたらお肌しっとり

左.フレボーテジェニック フレボーテコラジェニック XPブイ- リフティングトナー 化粧水 FLEBEAUTE COLLAGENIC XP V-LIFTING :植物抽出エキス配合で、皮脂をコントロールしながら保湿し、うるおいを与えながら弾力としわを集中的にケアしてくれる高品質アンチエンジングケア化粧水です。

中程.フレボーテジェニック XPブイ-リフティングエマルジョン 乳液 FLEBEAUTE COLLAGENIC XP V-LIFTING EMULSION  130ml
:植物抽出エキス配合で、皮脂をコントロールしながら保湿し、うるおいを与えながら弾力としわを集中的にケアしてくれる高品質アンチエンジングケア乳液です。

DVC00302.JPG

DVC00306.JPG

どんなけでかい花束もらったのかー

ユリの香りで部屋中危険区域に

僕のタワーにお花飾らにゃいでムカッ

話題が僕中心じゃにゃい

次回に期待してるにゃ・・・・ siwon said 

はいすみません

シウォンの写メ最近撮ってないもので・・・







最終更新日  2011.11.05 22:46:58
コメント(2) | コメントを書く
2011.03.17
カテゴリ:リュ・シウォン

東日本巨大地震:リュ・シウォン・インタビュー

「愛には愛で報いたい」


東日本巨大地震 | リュ・シウォン

 「今は連絡がつきませんが、みんな生きていらっしゃると信じています。今年末には絶対にまた笑って会わなければ」


 16日午後、本紙とのインタビューに応じたリュ・シウォンは、両手で顔を覆い「本当に信じられないほどひどい災害」と語った。今回の地震で最大の被害を受けた地域の一つ、仙台のファンとの思い出があるだけに、なおのことつらそうだった。リュ・シウォンは2006年と08年に、仙台サンプラザホール(宮城県仙台市)で3回にわたり観客約6000人を迎えコンサートを行った。今年11月27日と28日にも同じ会場で公演を行う予定だった。


 「会場が壊れていても絶対に予定通りステージに立ち、歌を歌うつもりです。もちろん、できるだけ早くボランティア活動もしたいです。希望を送るためならどんなことでもする用意があります。ああ、今でも顔がはっきりと浮かぶファンがいるんです…。純粋で義理堅い方々です。ちょっとしたことでもすごく感動してくださって…。それなのに、その地域のファンと連絡が付かないそうです。どうか無事でいてほしいです」


 リュ・シウォンは今回の地震が発生した直後、2億ウォン(約1400万円)を寄付、被災地を訪れボランティア活動をする意向を表明した。原子力発電所の爆発事故で危険が高まっている状況だが、考えは変わらない。「今すぐは余震や原発事故が続いているので、被害地域に入る手段がなく、行っても何をすべきかはっきり分からない状況です。しかし、近いうちに同じ考えを持つ人々と一緒に日本へ行き、支援活動をするつもりです」



日本の地震被害に胸を痛める韓流スター、リュ・シウォン。リュ・シウォンは「近く韓国と日本のファンと共に被災現場を訪れ、ボランティア活動をする」と言った。

「同じ考えを持つ韓日両国のファンが多く驚きました。ある日本のファンはこうおっしゃるんです。『気持ちはありがたいですが、とても危険だからどうか来ないで』と。あのような悲惨な状況でも、逆にわたしのことを思いやってくださるなんて...。それでもわたしは行くつもりです。約束をしたら必ず守らなければなりませんから。それに、このようなわたしを見て、もっと多くの人々が日本の支援に立ち上がってくださるのでは? わたしが先頭に立って日本と韓国のファンと一緒にボランティア活動をするのですから」。

 

 「寄付も大切ですが、1人1人が額に汗することで災難にあった地域の再建を早められます。数年前、(韓国西海岸の)泰安で原油流出事故が起きたときも、先を争うようにしてボランティア活動にいそしんだ一般の人々の力を、わたしたちはこの目で見たではありませんか」。

シウォン.jpg

 1年の半分は日本で活動しているだけに、「東京で地震に遭ったことがあります」と話す。「震度4くらいだったと記憶しています。ホテルの部屋が揺れたので、ベッドに横になり恐怖にさいなまれました。マグニチュード9.0の地震の揺れといったら全く想像がつきません。どれだけ怖かったことでしょう。生き残った方々の精神的なショックも非常に大きいはずです。それに対するケアも適切に行われなければ」。

 

 最後に、リュ・シウォンは「今は韓国と日本の歴史問題による感情のわだかまりはしばらく収めておくべき」と何度も繰り返した。「このようなことが韓国で起きたら、日本の人々もじっとしてはいなかったでしょうから」と確信しているのだ。

朝鮮日報より







最終更新日  2011.03.17 22:00:29
コメント(1) | コメントを書く
2011.03.14
カテゴリ:カテゴリ未分類

2011.3.11 東日本大地震

ここ千葉県市川市

我家の映像

(3月14日 2時46分に1回目が有すぐさま2回目 2回目の映像)

ほんと怖かった号泣


動画クリック

シウォンは一目散に逃げ夕方まで何処にかくれていたのか

出てこなかった。

それから余震があるたびシウォンが消えてしまう足跡

また、被災された方に 、今、自分に出来ることは

・・・

日本頑張れ旗旗旗

 

 







最終更新日  2011.03.15 01:20:03
コメント(0) | コメントを書く
2011.02.27
カテゴリ:猫イベント情報

姪っ子からお肉と千枚即け取りにきてー

eメール

今年も日本橋高島屋で

近江展が始まった

両親の故郷とあって

毎回ふるさとの味を求め買うのだが

そう簡単に取りにきてーと言われても

自転車で行ける距離じゃなく・・・今回はいらないと

断ったらちと母が寂しそうでした。

反省雫

父.母.姪っ子で行ってきたらしい・・朱莉ちゃんご苦労さん

ひこにゃんも来てたらしい

相変わらずの人気者

 

DVC00225.JPG

第23回琵琶湖夢街道 大近江展
期間:2月24日(木)~3月1日(火)
場所:8階 催会場
※最終日は午後6時閉場。
琵琶湖を抱く豊かな風土に育まれた、深みある味わいを多彩に。
人や物が行き交い、近江商人を送り出した土地柄で、多彩な名産品も生まれました。
琵琶湖のめぐみを活かした味わいや、上質な近江牛、農産物から工芸品まで、暮らしの知恵や丹念な手業が光る品々をご紹介いたします。


【2月26日(土)正午~午後12時20分・午後2時15分 35分】
ひこにゃん来店!
彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」が今年もやってきます。お楽しみに!

 

なんか撮ってる目

DVC00221.JPG







最終更新日  2011.02.27 20:22:35
コメント(1) | コメントを書く
カテゴリ:友達のワンコ

パート仲間大親分の 犬

DVC00167.JPG

DVC00168.JPG







最終更新日  2011.02.27 16:21:10
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:家庭菜園(45573)
カテゴリ:ベランダ菜園

NEW10月に蒔いた絹さや

収穫時期になってきました。

初回14本収穫ですちょき

味噌汁に入れましたーごはん

甘くて柔らかく美味しい

自分で育てたのでプラスα  

DVC00202.JPGDVC00216.JPG

下向き矢印ソラマメの花

紫の花が咲きました。いい香りがしますハート(手書き)

こちらは5.6月に収穫なるか?

....さやが空に向いてるからソラマメ

DVC00204.JPG

ぶたもう一種類は、去年も育てたスナップエンドウ

絹さやと一緒で白い花が咲きました

シウォンは段ボール箱がお好き下向き矢印

DVC00210.JPG







最終更新日  2011.02.27 16:11:01
コメント(0) | コメントを書く
2011.02.16
カテゴリ:実家のゴンちゃん

実家からゴンが亡くなったと電話連絡がきた

DVC00001.JPG

昨日、ゴンの様子がおかしいと病院に

結果、心不全心臓肥大で肺に水がたまってたらしい

注射をして

明朝電話で様子知らせてくださいと言われて

帰ってきたらしい

今朝、母と父の顔をじーっとみつめてたらしく

食事終えて振り返ってみると

ゴンは寝てるかのように息を引き取っていたらしい

15年(犬年齢100歳)の生涯でした

痩せる事もなく元気なままのゴンでした。

母はゴンに引きづられてからは

散歩は姉家族が5人が毎日交代で散歩に連れて行っていたので

皆がゴンを愛し

ゴンからは沢山の思い出をもらい

ゴンは幸せ手書きハートだったね

花ご冥福をお祈り致しますさくら

雫明日、引き取りに来てくれて個別火葬の49日あけ合同埋葬

で、はがきがくるらしい

きらきら虹の橋を渡ってね足跡

youtubu虹の橋クリック左矢印クリックしてみて







最終更新日  2011.02.16 22:10:57
コメント(0) | コメントを書く
2011.02.06
カテゴリ:あや姉さんの飼猫

今朝文子姉さんのちびが虹の橋へ旅たった雫

ちび

昨日は文姉さんのお母さん(義母)の

1か月命日でした。

皆家族が集まっていた。

お線香をあげに行ったところ

目に入ってきたのがお母さんの慰霊の前で

ちびがあらい呼吸をしてた

あわてて病院に直行

1時間位かな治療してもらい

心臓の周りに水が280mlたまっていたらしい

帰宅して大分呼吸も楽に見えたのだが

今朝電話亡くなってしまった号泣

1、2日前から様子がおかしかったらしい

ちびが慰霊に向かってじっとしていた姿が今も鮮明に

目に浮かぶ

きっとお母さんが寂しくないようについて行ってあげたんだね足跡

火葬も無事終わりお骨になっちゃったんだ

文子姉さん亜樹ちゃん多恵ちゃん私で見送ったんだー

きっとお母さんと虹の橋を渡るんだねきらきら

猫友のお花花贈ったから供えてねの心使いも嬉しかったです

文姉さん元気出して

ちびは18年間ハート(手書き)幸せだったよ

さくら謹んでご冥福を祈りますさくら

この「虹の橋」は原作者不詳のまま、たくさんの動物のサイトに伝わっている物語です。
原文は英語で、それが世界中の共感を持った人達によって様々な国語に翻訳さて、ネットを通じて伝えられています。
一部と二部があり、それぞれ作者は別とされています。翻訳をされたのはいっけさんです。
三部目は芝山さんの創作です。
無断転載、無断複写大歓迎の文章です。是非みなさんも広めてください。
ただし、営利目的にはご使用にならないよう固くお願い申し上げます。

第一部  虹の橋

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・・まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。

第二部  虹の橋にて

けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮らしたことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。

第三部  雨降り地区

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシト冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・・。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。
動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。


信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから・・・。

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2011.02.06 23:56:42
コメント(0) | コメントを書く
2011.01.29
カテゴリ:友達のワンコ

NEW友達引っ越してから初めての家ご訪問NEW2011.1/16

Mの車でいざ出発車

Mとリク

20110116

目的地到着

Tと桃ちゃんがお出迎え

早々にリクがおもちゃで遊んでると

なぜかリクのおもちゃを奪って離さない桃

2個も咥えちゃって

DVC00098.JPG

DVC00101.JPGDVC00102.JPG

DVC00104.JPGDVC00102.JPG

DVC00113.JPGDVC00114.JPG

さんざん駆けずり回って

さすがにお休み中眠い..

寝姿は可愛いわ―

リクは足が長いので笑っちゃうこの後ろ姿上向き矢印

DVC00109.JPG

桃も守って離さなかったおもちゃ

さすがに睡眠中眠い..は離してる

隙あり...手書きハート

そしてケーキケーキタイム

2ワンの動きがソワソワどきどきハート

リクに指にのせたケーキあげようとしたら

一瞬の事で何が起きたのか...

お皿の上のお誕生日半分ガブリ

ひぃえー

早業びっくり

リクはモモのガムもぺロり

食べることの執着が凄い

Mよご飯あげてんのかねー

しかしカンガルーのようなこの足

体重増は危険だし18禁

DVC00140.JPGDVC00141.JPGDVC00142.JPG

あっという間に外は真っ暗

楽しかったなスマイル

シウォンお留守番ありがとう...ひよこ

 

 

 







最終更新日  2011.01.30 00:34:32
コメント(0) | コメントを書く

全258件 (258件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.