376632 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

猫多組(ねこたぐみ)

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Category

Favorite Blog

フリマ開催日で~まさ… あ 芙。さん

Wishlist

Rakuten Card

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

May 7, 2009
XML
カテゴリ:本・漫画
警官役のユースケ・サンタマリアが、雑誌の「鈍獣」って題名を見て「どん・・・どん・・・どん・・・ケモノ?」という予告編が何度観ても可笑しい。
たぶん、「そんなに面白いか?」って言う人の方が多いと思うんだけど、こういうツボは個人的なものでしてスマイル

『鈍獣』

九段会館での舞台挨拶って「他に会場なかったのか?」と思いましたが。
登壇者は豪勢で、浅野忠信、北村一輝、ユースケ・サンタマリア、南野陽子、佐津川愛美&ジェロ

ユースケさんが、やたらと盛り上げてくれて、飽きることなく会見が進んだ。
30分ぐらい、インタビューや写真撮影に加え、ジェロの熱唱があって。
私は、初めて彼の歌を聴いたのだけど、完璧な日本語に驚いたびっくり
違和感がまったくなくて、目を瞑ったら日本人と言われてもわからない。
本気で拍手しましたよ音符

浅野さんは、「これの前に『剣岳』を撮っていて~あまりの役柄の違いにかっ飛んだまんま演じた」って言ってたけれど、確かに役柄の落差は相当なもの。

さすが浅野さん、真逆に近いような役柄をキッチリ演じ分けて、やはり一流だなと思わせてくれる。(ってまだ『剣岳』観ていませんが、『モンゴル』とか思い出していた)

さて、元々は芝居で、クドカンの脚本だというこの映画。
相当変てこりんな映画で、評価は分かれるだろうと思うけど、私には面白かったオーケー

だいたい設定がヘンだよね、「殺しても殺しても死なない友達がいます」って何だよ!?
盛り上がる場面(殺人場面)も予告編で出てしまっているから、ネタバレ云々でもないし、感動もしないし、ストーリーテリングが巧みなわけでもない。

コメディといえばコメディだけど、ブラックなようでそれほどでもないし、何を狙ったんだかサッパリ???

あえていえば、頭空っぽにして、この世界にたゆたって、コネタに笑って「で?何だったんだ?」と思えればヨシ。奇妙奇天烈シュール系

だから、「きっちり着地しないと落ち着かない」「因果関係などがスッキリしないとダメ」「感動したり泣いたりしたい」タイプの方には向きません。

「わっびっくり」と思うショットが多くて、文化祭のお化け屋敷みたい。(<本格的じゃなくって、微笑ましい感じ)
もしくは、カッパのミイラとか、妖怪カードとか、なぜか牛乳瓶のフタなんかが入っている、昭和の男子小学生の宝箱を大人になってから見ている、みたいな。

しょっぱなから、静(真木よう子)の鼻血ブー場面だし。
ギラギラファッション江田っち(北村一輝)のオデコの「肉」やら、岡本(ユースケ)の長髪とイカ焼きやら、ノラ(佐津川愛美)のロリータファッション&口調やら、見た目からして妙ちくりん。

でもって、その町の名物が「相撲」ってことで、所々で、元横綱大乃国こと柴田山親方が登場する。
(個人的に、「月刊大乃国」という個人フリペを作っていたという作家、川上弘美さんにも観て欲しいなあ、この映画)

なんだろう、「どんだけめちゃくちゃなストーリーでも、見た目含め、瞬間的な可笑しさの連続で、観客は喜ぶか?」を試されているような気がした。

私が計算高い「泣き映画」が大嫌いなように、計算高い「笑い映画」が嫌いな人もいるだろうな。「笑いのツボ」は「泣きのツボ」より個人差があるし。
きっと、ねずみだったら「何が可笑しいわけ?内容ないじゃん」と言うだろう。

でも、私はこういう笑いが好きだ。
ちょっとブラックで、はちゃめちゃで、着地点が不明で。
数年後には、内容忘れていても「なあんか可笑しかったなあ」っ印象だけ残るような。

ちゃんとした演技力のある役者が、こんなバカらしいことを大真面目にやっているのも嬉しい。
「くだらねー、でも、おっかしー!」
そんな気分になりたい方は是非ダブルハート

5月16日(土)より、全国順次ロードショー公開






Last updated  May 13, 2009 10:01:43 PM
[本・漫画] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.