645336 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

DaNemo

全6件 (6件中 1-6件目)

1

ogmiosオグミオス

June 16, 2017
XML
カテゴリ:ogmiosオグミオス
ソルミゼーション=中世の移動ドの講座を受講している人達による合唱団「オグミオスOgmios」、先日は葉山の加地邸でも頑張って歌いましたが、今年も自主公演をやります。六音の元祖階名唱である「ソルミゼーション」とイタリア・ルネサンスを代表する音楽ジャンル「マドリガーレ」をかけあわせて私がしゃべりながらお届けします。プロジェクターなど使いながらゆっくりお届けしたいと思います。皆様どうぞお気軽にいらしてください。

オグミオスOgmios 第5回自主公演

レクチャーコンサート  ソルミゼーションで描くマドリガーレ



ソルミゼーション×マドリガーレの心を辻康介が説きます。
プロジェクターに楽譜や様々な画像を映しながらのレクチャーコンサートです。

オグミオスOgmios
相澤紀恵 阿部大輔 大堀基己 北島良一 北山のぞみ 桑原佐代子 小林健 鈴木靖子 清藤義実 浜田直樹 福島桂子 松田喜久子 宮崎和美 耳浦千華子 村井信吾 脇屋緑  
指揮・話:辻康介

主な演奏予定曲目
ヴィラールト「愛が私を死なせようとも」Willaert ''Amor mi fa morire''
カンビオ「富も名誉もはかないものよ」Cambio ''Che giova posseder''
アルカデルト「優しい白鳥」Arcadelt ''Il bianco e dolce cigno''
アルカデルト 「私の幸せな眼よ」 Arcadelt ''O felici occhi miei''
マレンツィオ「あなたのお慈悲が」Marenzio ''Madonna, sua mercè''
マレンツィオ「愛しい人よ私は見ている」Marenzio ''Veggo, dolce mio bene''
パレストリーナ「春は彩り」Palestrina ''Vestiva i colli''
ロータ「ドレミの歌」Rota ''Ut re mi fa sol la''

2017年7月16日(日)14時30分開演(14時開場)
東京コンサーツラボ(地下鉄「早稲田」「西早稲田」・都バス「西早稲田」:東京都新宿区西早稲田2-3-18)
全席自由 2000円 (定員60席)
ご予約・お問合せ
kikuko21@i.softbank.jp 090-3977-8202(まつだ)
nemotsuji@mac.com (ダ・ネーモー)

*オグミオスOgmiosは「辻康介の体感音楽史:ソルミゼーション講座」の受講生による合唱団で、中世以来のソルミゼーションとルネサンスの旋律論を音楽実践に活かす試みを続けている。5月には葉山の加地邸で行なわれた「ネオ・ラジカル古楽歌謡 祭り!」(葉山芸術祭共催)に出演した。名前の「オグミオスOgmios」は、ケルト神話の英雄で雄弁と説得力のある話法の神のことで、男の口から蔦が出て、それが蔓に成長していくという姿で言葉の力を表現している。






Last updated  July 2, 2017 06:41:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
June 9, 2016
カテゴリ:ogmiosオグミオス
 ヨーロッパ最初期の階名唱を実践する講座をあちこちでやらせていただいています。この階名唱:ソルミゼーション「中世の移動ド」の受講生が集まって歌う合唱団「オグミオスOgmios」というのがあり、毎年、1回、小さなコンサートをやっております。今年は、そのコンサートももう4回目、同じく、ソルミゼーションを実際の音楽作りに取り入れている声楽アンサンブルSESTETTO VOCALE(セステット・ヴォカーレ)のメンバーもオグミオスに参加し、茗荷谷のサロンスペースでコンサートを行ないます。オグミオスメンバーのつる組による四重唱やSESTETTO VOCALEだけの演奏もあります。
 私にとって、デュファイのミサは、30年前に中世音楽合唱団で歌いまくってから大好きな曲でしたが、今回、講座での勉強の成果を演奏に活かせて実に楽しいです。
 また、つる組カルテットとの音楽作りは、階名唱で音と音楽を明確にしながら歌うことと、歌詞と呼吸のこと以外なるべく何も考えないで歌うという、二つの異なることを結び合わせるという一大事業に発展し、階名唱の本当の意味が見えてきそうです。
 そして、SESTETTO VOCALEは「マドリガーレを専門に」という看板を出してしまったからには避けて通れない「ディミニューション」に挑戦します。シンプルな旋律を沢山の細かい音でかざっていく習慣は、器楽の専売品ではなく、当然、声楽で行なわれていました。それもソプラノパートだけでなく、ほかのすべての声部と分担しながらです。アルカデルトとローレの曲をそれぞれ、当時残されたお手本に従って歌ってみます。
 ということで、小さいながらも濃いー中味の詰まったサロンコンサート、どうぞお楽しみに!皆様のご予約・ご来場をお待ちしています。

合唱団オグミオスOgmios 第4回演奏会
with SESTETTO VOCALE

オグミオスOgmios
canto 松田喜久子・宮崎和美・森有美子
alto 前田りり子・脇屋緑
tenore 大堀基巳・中村康紀・福島康晴
basso 阿部大輔・小林健
音楽監督・指揮:辻康介

SESTETTO VOCALE(セステット・ヴォカーレ)
森有美子・福島康晴・中村康紀・辻康介・阿部大輔

主な演奏予定曲目
デュファイ ミサ「もしも顏が青いなら」のキリエ Dufay Missa"Se la face ay pale"Kyrie''
ジョスカン「アヴェマリア」Josquin "Ave Maria''
カンビオ「愛は盲目」Cambio "Sapete amanti"
アルカデルト 「私の幸せな眼よ」 Arcadelt ‘’O felici occhi miei’’
アルカデルト 「ヴェールを剥ぐのを」 Arcadelt ‘’Lasciar il velo’’
アルカデルト 「この幸せな死は」 Arcadelt ‘’Sì liet’e grata morte’’
ローレ 「心地よい木陰で」 Rore ‘’Alla dolce ombra’’
ジョヴィネッリ「ドレミの歌」Giovanelli "Ut re mi fa sol la”

2016年6月12日(日)14時開演(13時30分開場)
ラ・リール La lyre (丸ノ内線「茗荷谷」徒歩8分 文京区大塚3-21-14)
全席自由 2000円 (定員60席)

ご予約・お問合せ
nemotsuji@mac.com 070-6525-0772(ダネーモー)
kikuko21@i.softbank.jp 090-3977-8202(まつだ)

Ogmiosイラスト切り抜き.png
*オグミオスOGMIOS とは、ケルト神話の英雄で雄弁と説得力のある話法の神で、男の口から蔦が出て、それが蔓に成長していくという姿で「ヴェルブ(言葉)」の力を表現している。

オグミオスOgmiosは「辻康介の体感音楽史:ソルミゼーション講座」の受講生による合唱団で中世以来のソルミゼーションとルネサンスの旋律論を音楽実践に活かす試みを続けている。SESTETTO VOCALEも同様にソルミゼーションを実践しマドリガーレを専門に歌っている。

企画 DaNemo


icone150919-2.jpeg
辻康介Da Nemo






Last updated  June 9, 2016 05:56:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
June 20, 2015
カテゴリ:ogmiosオグミオス
中世からバロック期まで使われていた6音音階による階名唱=ソルミゼーションを実践し、それをもとにしたルネサンス期の旋律理論を学び演奏に活かす、という講座を「辻康介の体感音楽史:中世の移動ド」と題して何年も前からやっています。このところその発表会として受講生有志が合唱で歌うというコンサートを年に一度行なっていますが、来月、三回目のコンサートを開催します。この合唱団には雄弁の神様であるオグミオスOgmiosという名前をつけました。今回は二つのクラスが小編成のアンサンブルにも挑戦しています。

合唱団オグミオス Coro Ogmios 第3回演奏会
「ソルミゼーション~中世の移動ドで歌う講座」受講生による合唱団

ソルミゼーションとルネサンスの旋法論で再発見するルネサンス合唱名曲選。合唱と少人数の声楽アンサンブルでお届けします。

日時 2015年7月11日(土)14時開演 (13時30分開場)
場所 淀橋教会・小原記念聖堂(JR大久保・徒歩2分:新宿区百人町1-17-8)
入場料 2000円

お問い合わせ ダ・ネーモー nemotsuji@mac.com 

tsuji_20150711軽.jpg

主な曲目
Pange lingua(Josquin) Salve Regina (Josquin) L'acqua vale(Michael) Io mi son giovinetta(G.M.Ferrabosco) Zefiro torna(L.Marenzio) Lamento della Ninfa (C.Monteverdi) Sicut cervus-Sitivit anima mea(G.P.Palestrina) Il bianco e dolce cigno(Arcadelt) Ave Maria(T.L.Victoria?) O magnum mysterium (T.L.Victoria) Super flumina Babylonibus (G.P.Palestrina) Ut re mi fa sol la (Giovanelli)

阿部大輔 穎川 晴子 大澤 修 大堀 基己 折口 未桜 かのうよしこ 北島 良一 桑原 佐代子 小林 健 鈴木 靖子 角南 敬子 中村康紀 福島桂子 松田 喜久子 三佐和 裕子 宮里 安矢 宮崎 和美 村井 信吾 脇屋 緑



オグミオス(Ogmios)は、ケルト神話の英雄で雄弁と説得力のある話法の神で、男の口から蔦が出て、それが蔓に成長していくという姿で「ヴェルブ(言葉)」の力を表現している。






Last updated  June 20, 2015 11:56:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 15, 2014
カテゴリ:ogmiosオグミオス
ソルミゼーションやルネサンスの旋律論やイタリア語詩のことを日々考えていますと、音楽の作り方についていろんなアイディアがいっぱい湧いてきて面白いです。根本的に新しい視点で音をデザインできるのです。移動ド講座を受けている人だけが入れる合唱団「オグミオスOgmios」はこれを実際にやっています。

ですが、オグミオスとは別に、ソルミゼーション「中世の移動ド」とルネサンスの旋律論、そしてイタリア語をちゃんとやる各パート一人の声楽アンサンブルを作ることにしました。ソルミゼーションを練習・音楽作りの中に取り入れ、その分、時間をかけて音楽を作ります。
私は歌い、私の責任で音楽を作り運営します。編成は最上声部だけが低い声の鳴る女性(またはそういう声の男声)で後は全部男です。レパートリーはイタリアマドリガーレ全般を中心に、たまにラテン語のものも。また、余興的あるいは企画に応じては辻訳の日本語歌唱もやります。

現在、私は普通のホールだけでなく、橋の下やら飲食店やらいろんなところで歌っています。上演様式も音楽芝居からマニアックなレクチャーコンサートまで様々ですが、今回のこの声楽アンサンブルはそういう様々な場に出動したいと思っています。

以上、ざっと私の新しいプロジェクトを御案内しましたが、こういうのに参加したいという歌手を求めています。オーディションの上、各パート二人か三人の歌手に集まってもらい、実際の演奏は各パート一人という編成の予定です。メンバーの都合を配慮して企画ごとにキャスティングしたいと思っています。

詳しくはまた個別に説明しますのでひとまず、興味の湧いた人はnemotsuji@mac.comまでメールをお送り下さい。






Last updated  November 16, 2014 01:58:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 19, 2014
カテゴリ:ogmiosオグミオス
中世の移動ド講座を受けている人だけが入れる合唱団「オグミオス」が二回目のコンサートを行ないます。同じソルミゼーションで歌っている人たちは同じ音を同じイメージでとらえています。音を共有するということを実現する合唱団、今年のテーマはマドリガーレ。16世紀、イタリアマドリガーレといわれる音楽の様々な面白みをオグミオスだからこそ出来る表現でお楽しみいただきます。座席数に限りがございますのでご予約はお早めに!

オグミオスogmios
マドリガーレの諸相と「中世の移動ド」
7月13(日)
本番 14時開演16時終演 
雑司が谷音楽堂(豊島区雑司が谷2-17-12)
2000円

ご予約・お問合せはメールで(←クリック)

H.Finck "Ut queant laxis"
Nicolo Pifaro "Mi fa sol"
J.Arcadelt "Dormendo un giorno"
Erasmo Marotta "Vorrò veder ciò che Tirsi avrà fatto"
Balsamino "Nove Aminta"
Cipriano de Rore "Anchor che col partire"
L.Marenzio "Torna Zefiro"
Orlando di Lasso "Mia benigna fortuna"
Cipriano de Rore "Mia benigna fortuna"
Gechet de Wert, Petrarca "Mia benigna fortuna"
Monteverdi "Lasciatemi morire"
Giovanelli "Ut re mi fa sol la"

アルテス電子版 Web Originalにて辻康介の「中世の移動ド事始め」連載中!

140713OgmiosFLpic.jpg






Last updated  June 20, 2014 12:32:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 17, 2013
カテゴリ:ogmiosオグミオス
中世の移動ド講座を受けている人、あるいはある程度受けた人だけが入れる合唱団・中世の移動ド講座合唱部というのが最近出来ましたが、6月29日に大久保で発表会をやります!全員が中世の移動ドで歌えると音楽がどうなるのか?考えてみたら日本では唯一の合唱団かも?イタリアものをメインにやります。あ、合唱団の名前は「ogmios」「オグミオス」と読みます。憶えるのに時間がかかりますが、「オグミオス」は中世の教会の柱などにある「葉っぱ人間」のルーツで、雄弁と説得力、つまり修辞学の神様です。口から蔓を出しています。

ogmios
6月29(土)
14時開演(13時半開場)
淀橋教会・小原記念聖堂(JR新大久保・徒歩2分:新宿区百人町1-17-8)

問合せ・予約はメール

ogmios_R.JPG

チラシはこちらをクリックしてダウンロード出来ます。また、セブンイレブンの「ネットプリント」(プリント予約番号:2P6QCJ2J)で出すことも出来ます。

曲目

Arcadelt ''Il bianco e dolce cigno''
Palestrina ''Vestiva i colli''
Sicut cervus - Sitivit anima mea
Josquin Missa ''La sol fa re mi'':kyrie, agnus
聖歌''Ave Maria gratia plena''
Palestrina ''Ave Maria''
Victoria ''Ave Maria''
Rore ''Ancorche col partire''
Monteverdi ''La vaga pastorella''
Monteverdi ''Non sono in queste rive''
Giovannelli ''Ut re mi fa sol la''
聖歌Ut queans






Last updated  April 17, 2013 10:50:40 PM
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR

Free Space

辻康介出演スケジュール

ソルミゼーション集中講座:2018年5月

入門・体験・初級からアカペラまたは器楽入りのアンサンブル・鍵盤楽器奏者向け・日本合唱コンクール課題曲など様々なコンセプトの講座があります。

名古屋:5月11日(金)12日(土)
合唱コンクール課題曲・応用・鍵盤楽器奏者


大阪:5月13(日)14日(月)
合唱コンクール課題曲・応用・アンサンブル


仙台:5月20日
合唱コンクール課題曲・応用・アンサンブル


東京:5月26日(土)27日(日)
合唱コンクール課題曲・応用・アンサンブル


東京:5月26日(土)27日(日)
入門・体験・初級


辻康介のtwitter(最新情報や雑文・雑情報)

YouTube辻康介(ライブ・コンサートの動画)

Category

Freepage List

辻康介プロフィール


体感音楽史:中世の移動ド


学歴


中世の移動ド:スケジュール


シラバス:通常クラス


Curriculum vitae Kosuke Tsuji


CV lungo Kosuke Tsuji


ビスメロ Vis Melodica


CD


ライブ記録


辻康介:出演記録


081025逗子


081109京橋


081129立川


081219与野


081201.02.03浅草


081203浅草


081216野毛


090125葉山


090221逗子


090314逗子


090618下北沢


090701能見台


090725外苑前


090814三軒茶屋


090828葉山


090916豊田市


090927鶴巻温泉


091025静岡


100128神楽坂


090809大阪


090807奈良


090802能見台


090626目白


090531御影


090522日本橋


090521外苑前


100226目白


100504鎌倉


100729浅草


110107能見台


110128目白


110227下北沢


110404横浜


110616逗子


110723渋谷


111023下北沢


111125目白


111216銀座


111223根津


120327渋谷:Inventio


120609渋谷


120610橋本


120623渋谷:inventio


120721.22本郷三丁目


120728津久井浜


120810南蛮ムジカ


120825日本橋


120908日本橋


120928渋谷Inventio


121027渋谷:百軒店二人


121111善福寺公園


121118根津


130117大泉学園:ツジケン


130131渋谷Inventio


130202千駄ヶ谷:辻康介二人その3武久源造


130215横浜:ジョングルール


130305両国:ようこそカバレットへ!


130315大泉学園:ツジケン


130324千駄ヶ谷:辻康介二人その4shezoo


130331渋谷:ネーモー・コンチェルタート


130223渋谷:SCAPE WORKS百軒店


130608南蛮ムジカ


130510Inventio


130420日本橋


130601日本橋


130524ツジケン


130629大久保:ogmiosオグミオス


130721Inventio


130804渋谷:nemo concertato


13090708静岡:オルフェオ


130819都留:ジョングルール東洋古楽


130919大泉学園:ツジケン


130925西荻窪:佐藤鈴木田中


131006下北沢:shezoo


131010横浜:inventio


131104善福寺公園:トロールの森


131110静岡:ジョングルール


131115代々木上原:ジョングルール劇場


131130初台:奥様女中


140117:ツジケン


140131渋谷:Inventio


131214渋谷:SCAPEWORKS 百軒店 PLAYS MOON


14011213千駄木・逗子 nemo concertato


140227渋谷:九次源


140329下北沢:日本の詩人と日本人の音


140607南蛮ムジカ


140709渋谷:ネーモー・コンチェルタート


140518大泉学園:辻康介&谷川賢作


140601Inventio


141004湯島:南蛮ムジカ


140517都電荒川線:ジョングルール


140628成城学園:Inventio


140706岡崎:ツルチック


14070405大泉学園・本山:ツルチック


140713雑司が谷:ogmios


140824:詩人馬場邦夫を偲んで


141106沼部:ネーモー・コンチェルタート


141016両国・イタリアパラディーゾ


141018日本橋・名橋たちの音を聴く


141008横浜:Inventio


141009大泉学園:ツルチック


141103下北沢:shezoo's songs


141216大泉学園:ツルチック


141101神田川:都市楽師プロジェクト


141109善福寺公園:トロールの森


150301湯島:南蛮ムジカ


150118野毛:ジョングルール


150125渋谷:Cabaret da Inventio!


150219大泉学園:ツルチック


150213南青山:モンテヴェルディ歌謡ショウ


150418根津と逗子:春のイタリア古今の調べ


150613渋谷:メアリー・ステュアート


150502日本橋:ルネサンスの歌声


150509都電荒川線:ジョングルール


150523東大前:ジョングルール音楽史


150519大泉学園:ツルチック


150530神田川・都市楽師プロジェクト


150807東大前:テーブル囲んでマドリガーレ


150621小田原:ピアノとバロック


150629王子:新しい世代の芸術祭


150711大久保:オグミオスOgmios


151011代官山:谷川俊太郎特集


150905神田川:都市楽師プロジェクト


150904大泉学園:ツルチック


150914小竹向原:まちパでバロック


140915リードオルガンを巡る歌と調べ


151004下北沢:Inventio


151018根津:オルガンコンサート


151030野毛:ジョングルールサーカスvol.2


151031秋葉原:都市楽師プロジェクト


151113渋谷:イナンナの冥界下り


151121善福寺:池の畔の遊歩音楽会


160123船橋:時をかけるジョングルール


151227福岡:ツルチック


1602270304谷中・東大前:SESTETTO VOCALE


160221原宿・Inventio


160225大泉学園:ツルチック


Da Nemo:ライブ記録


Calendar

Archives

July , 2019
June , 2019

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.