339920 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

エレファントピア

シンガポールの言語

シンガポールの4言語


今日(8月12日)は試験があった。
シンガで初めての受験である。
とは言ってもただの運転免許の試験だけど。


それでちょっと驚いたことがある。

1.試験中に私語が多い。
何語でしゃべっているか分からなかったから、試験問題についてしゃべっていたのかどうかは知らないが、そりゃあちょっとありえんだろう。と思った。

2.注意しろよ試験官。と思ってみたら、
  試験官が私語をしている。
……。こういうものなのか..?ほんとに??

3.試験問題が、英語、中国語、マレー語、ヒンドゥー語で書かれているため、問題用紙がやたらと長い(厚い)。
ああ、多民族なのだなあ。と改めて思う一瞬。
(席の右隣は中国人永住者、左隣はインド系シンガ人だったし)

「なんだこの英語はっ!」と、焦った時は下の中国語を見て…
ますます混乱した。

------

久々に集中力を使って(いつも使用度0..)家に帰ると、旦那が飯も作らずテレビを見ている。

今日(12日)は、シンガの新首相&新内閣発足の日なのですね。
新首相はリーカンユーの息子、リーシェンロン。
イスターナ(首相官邸)で就任式が行われた。

そのテレビ中継も、英語、中国語、マレー語、ヒンドゥー語の解説がついて、
新首相もマレー語、中国語、英語で就任演説をしていた。
お疲れ様でござる。



選挙まではこの好感度UP作戦が続くんだろうなあ。
まあ、対抗勢力のない選挙ではあるんだが。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.