343094 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

エレファントピア

鬼婆(新藤兼人)

鬼婆を見た

観た。こういう映画を観ると、日本映画って、すごかったんだな…と思います。
新藤兼人監督。1964年。
★★★☆


仏教説話からモチーフを得ているらしい。
時代は室町末期というところ。
舞台は葦野原のみで、主要登場人物も3人だけだというのに、(だからこそ?)、すごく時代感が出ていた。

若い女が葦野原を駈けて、男に会いに行くシーンがすき。
駈ける音と供にふくろうの鳴き声みたいなのがするのが、すごくいい音だと思った。

と、思っていたら、コメントリーで監督が、あれは鳩の鳴き声だと言っていた。鳩はすごく多産で、それで情欲の高まりを示したかったらしい。
…情欲の高まり音だったのか…。


夫がこのDVDを買う時に、タイトルからして「わたしへのあてつけか!?」と思って反対していた(狭量)んだけど、見てよかった。
でも最近ケンカすると、
"You! Onibaba!!"
とかいうから、やっぱり見せるんじゃなかったかも。

(2004年5月21日)



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.