339230 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

エレファントピア

ミュンヘン(スピルバーグ)

MUNICH (ミュンヘン)2005年
スティーブン・スピルバーグ監督
エリック・バナ主演

詳細→http://munich.jp/

判定:☆☆.5/4星中

1972年に起きたミュンヘンオリンピック事件では、「Black September」と名乗るテロリスト集団によって、イスラエルの11人のアスリートが殺害された。
その後、イスラエル政府は殺された11人と同じ11人のパレスチナ幹部の暗殺を実行した。。

という史実に基づいた映画。
原作は「標的は11人」(ジョージ・ジョナス)。元暗殺実行部隊だった一人の告白を基にしたノンフィクションである。
ミュンヘン・オリンピックのことも知らなかったので、その後の報復のストーリーもはじめはフィクションだろうと思って観ていた。それくらい、わたしにとっては別世界の話に思えた。

でも本当はそれほど別世界の話ではなく、全てのことは繋がっているんだよなあ。
今のテロにしても、対テロ戦争にしても、「やられたらやりかえす」永遠のループの上の一部に過ぎない。

などという気持ちになるが、映画としてはおもしろかった。
ただしサブ・タイトル(英語)がぐしゃぐしゃで意味がわからん部分も多し。
後で正規に見直したい作品。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.