342440 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

エレファントピア

アビエイター(スコセッシー)

Aviator(2004年)
監督:マーティン・スコセンシー
主演:レオナルド・ディカプリオ

詳細→ http://www.miramax.com/aviator/

判定:☆☆☆/4星中

‐‐‐‐

オスカー獲得の呼び声も高い一作。
スコッセンシーのアカデミー執念の一作。

とかなんとか。

“ギャング オブ ニューヨーク”を観た時は、
「ああ、もうこのおじいさんは終っているのだな…」
と思って哀しい気持ちになったものだったが、これを観て
「あれ、やっぱり生きてたのか?」
と思った。

1927年から1947年頃まで、アメリカの実業家ハワード・ヒューズの半生を描いた作品。笑っちゃうくらい「金持ち父さん」を地で行っていて、ああこれってアメリカ文化なんだなあ、と改めて感じた。
アグレッシブで、エキセントリックで、強運の持ち主ハワードだが、徐除に心の闇が拡大していく様は、哀しい。
生き方がダイナミックすぎて、すごく危うい。(当時の)アメリカ~って感じがする。

悪くない。長いけど。
やっぱ年を取ると切るに切れなくなるものか(>編集)


キャサリン・ヘプバーンを演じるガラドリエル様がすごく良かったな~。
問題はレオナルド・ディカプリオで、ヤナ奴ぶりを熱演してるんだけど、なにせ若い。童顔だしね~。まあ、彼のお陰で集客率は高まるんだろうけどさ。


いずれにしてもまだ作れたんだね、おじいちゃん。
次回作はボブ・ディランのドキュメンタリー。
みせてくれよ~





最終更新日 2005.01.23


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.