343697 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

エレファントピア

パリス、テキサス(ベンダース)

Paris, Tesas 1(1984)
ヴィム・ベンダース監督
ハリー・ディーン・スタントン、ナターシャ・キンスキー出演

詳細→★


判定:☆☆☆/4ツ星


==========

ひたすらに広がる青い空。
黄色い砂漠。
緑の大地。
赤い空。

アメリカ。


これほどにアメリカを感じさせる映画も珍しいのでは。(行った事ないけど)
ライ・クーダーのギターが、広くて、豊かで、空虚なアメリカ像を悲しく奏でている。


昔、この映画を観た時は、主人公が身勝手というか、自分に酔っているような気がして、どうも好きになれなかった。

それは今でも同じ。

同じ監督の作品でも、「アメリカの友人」を観た時は
主人公の未熟さ(少年くささ)に好感を覚えたのだけれど、
この作品の、奇しくもかのタクシー・ドライバーと同名のトラビスには
同情よりいらだちを覚えてしまう。

なんでだろう?

わかるのは、この作品に流れる
可笑しみも、哀しみも、まっすぐに
男の人(男の子?)の目を通して描かれているということ。

大人になりきれない大きな子供の。



今日観終わっても、哀しいと同時にやっぱりどこかムカついた。

やっぱり私はダメだ。

根っから現実先行主義の女だから。


最終更新日 2005.01.16


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.