342450 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

エレファントピア

PR

Category

Freepage List

ミャンマーの思い出


バガンと村の生活


マウンドーの女性たち


瞑想の思ひ出


ヴィパサナー瞑想のやりかた


ミャンマー占い紀行


ミャンマーお祭り紀行


ミャンマー語あれこれ


ミャンマーと戦争と


ミャンマーと奢り


ミャンマーと私


ミャンマーの結婚(カンボジア)


国民性について


シンガポールあれこれ


シンガポール人と働く


シンガポールのイベント


シンガポールを食べよう


シンガポールの暮らし


シンガポールと不妊治療


シンガポールと犯罪


シンガポールの歴史


シンガポールの言語


シンガポールと離婚


シンガポールと車


シンガポール☆アイドル


シンガポールとメイドさん


シンガポールと子供


シークの結婚式


選挙


雑感


国際結婚について


革命家の星の元


スローキャリア


世界の値切り


アジ○モトにまつわる断片


教育と発展と


映画感想


花様年華(王家衛)


City of God (ブラジル)


オススメ南米映画4作


バラン(イラン)


裁かるるジャンヌ(ドライヤー)


鬼婆(新藤兼人)


秋刀魚の味(小津安二郎)


上意討ち(小林正樹)


15(シンガポール)


豚が井戸に落ちた日(韓国)


ミュンヘン(スピルバーグ)


カポーティ(アメリカ)


Born into Brothels(インド)


ナルニア国物語 ライオンと魔女


高慢と偏見(アメリカ?)


A History of Violence(アメリカ)


No Direction Home(スコセッシー)


春婦伝(鈴木清順)


惑星ソラリス(タルコフスキー)


バルタザールどこへ行く(ブレッソン)


殺人の追憶(韓国)


大菩薩峠(岡本喜八)


ミリオンダラーベイビー(アメリカ)


ホテルルアンダ(アメリカ)


Bad Education(スペイン)


アビエイター(スコセッシー)


パリス、テキサス(ベンダース)


キンジー(アメリカ)


カンフーハッスル!(香港)


Lost in Translation(アメリカ)


Look at me (フランス)


キャシャーン(紀里谷和明)


Usual Suspect(アメリカ)


Angels in America(ドラマ・アメリカ)


2046(仮)(王家衛)


北斎漫画(新藤兼人)


Open Water(アメリカ)


The Village(アメリカ)


The Return(ロシア)


山椒大夫(溝口健二)


太陽 The Sun(ソクーロフ)


母たちの村(セネガル)


The wind will carry us(イラン)


My Childhood(イギリス)


按摩と女(清水宏)


レスラー(アメリカ)


沈黙(篠田正浩)


ブロークバックマウンテン(アン・リー)


ウォレスとグルミット(イギリス)


誰も知らない(是枝裕和)


華氏911(マイケル・ムーア)


切腹(小林正樹)


ディア・ハンター(アメリカ)


スーパーサイズ・ミー(アメリカ)


戦争の霧(ドキュメンタリー、アメリカ)


三峡好人・長江哀歌(中国)


少女ムシェット(フランス)


若い娘 (ルイス・ブニュエル)


ゴモラ(イタリア)


ユゴ 大統領有故 (韓国)


MISHIMA a life in four chapters


訪れた国のことなど


アフリカの思い出


韓国の思い出


カンボジア旅行記


カンボジアの日々


プノンペン生活事情


プノンペン交通事情


シアヌークビル小旅行


クメール・パジャマ事情


ニッポンのODAinカンボジア


クメール・ルージュと歴史


カンボジアの農業


カンボジアの結婚式


タケオの霊


新装☆セントラルマーケット


インドネシア アチェの2年間


アチェの2年 2007年4月~12月


アチェの2年 2008年1月~6月


アチェの2年 2008年7月~12月


アチェの2年 2009年1月~5月


Profile


ねぴゅう

Favorite Blog

巨大高潮、発生せず New! alex99さん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

秋の気配 よーこ2965さん

《完全版》足立区認… シャルドネ。さん

鎌倉日記(極上生活… アトムおじさんさん
ベトナム便所の落書 キシ5954さん
Life goes on june17thさん
心のポテトサラダ のりまきターボさん

Comments

よーこ2965@ Re:お世話になりました!(09/16) いましたよ~ またどこかでお会いできる…
よーこ2965@ Re:とてもひさびさ(04/08) お元気そうでなによりです。 日本は大…
よーこ2965@ Re:移動、移動、移動、勉強(01/22) お元気そうでなにより^^ 忙しいのも…
のりまきターボ@ Re:移動、移動、移動、勉強(01/22) ねじり鉢巻勉強、ご苦労様です。そんな中…
さごしラーメン@ がんば!! 年齢は、いたし方ないです。時間の経過と…

Headline News

Calendar

Archives

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2010年02月16日
XML
カテゴリ:ひとこと
「何が見えるの、看護婦さん、あなたに何が見えるの
あなたが私を見るとき、こう思っているでしょう。

気むずかしいおばあさん、利口じゃないし、日常生活もおぼつかなく、目もうつろにさまよわせて食べ物をぼろぼろこぼし、返事もしない。

あなたが大声で『お願いだからやってみて』と言っても、あなたのしていることに気付かないようで、いつもいつも靴下や靴をなくしてばかりいる、おもしろいのかおもしろくないのかあなたの言いなりになっている、長い一日を埋めるためにお風呂を使ったり食事をしたり……、
これがあなたが考えていること、あなたが見ていることではありませんか。

でも目を開けてごらんなさい、看護婦さん、あなたは私が見えていないのですよ、私が誰なのか教えてあげましょう、ここにじっと座っているこの私が、あなたの命ずるままに起き上がるこの私が、あなたの意思で食べているこの私がだれなのか。

私は十歳の子供でした。

父がいて、母がいて兄弟姉妹がいて、みなお互いに愛し合っていました。

十六歳の少女は足に羽をつけて、もうすぐ恋人に会えることを夢見ていました。

二十歳でもう花嫁。私の心は躍っていました。守ると約束した誓いを胸に刻んで二十五歳で私は子供を生みました。その子は私に安全で幸福な家庭を求めたの。

三十歳、子供はみるみる大きくなる 永遠に続くはずのきずなで母子は互いに結ばれて。

四十歳、息子たちは成長し、行ってしまった。でも夫はそばにいて、私を悲しませないように見守ってくれました。

五十歳、もう一度赤ん坊が膝の上で遊びました 私の愛する夫と私は再び子供に会ったのです。

暗い日々が訪れました。夫が死んだのです。夫のことを考え、不安で震えました。息子たちはみな自分の子供を育てている最中でしたから。

それで私は、過ごしてきた歳月と愛のことを考えました。いま私はおばあさんになりました。自然の女神は残酷です。

老人をまるでばかのように見せるのは、自然の女神の悪い冗談。体はぼろぼろ、優美さも気力も失せ かつて心があったところには今では石ころがあるだけ でもこの古ぼけた肉体の残骸にもまだ少女が住んでいて 何度も何度も私の使い古しの心をふくらませます。

私は喜びを思い出し、苦しみを思い出す そして人生をもう一度愛して生き直す。

年月はあまりにも短すぎ、あまりにも早く過ぎてしまったと思うの。そして何者も永遠ではないという厳しい現実を受け入れるのです。

だから目を開けてよ、看護婦さん 目を開けてください。

気むずかしいおばあさんではなくて、『私』をもっとよく見て!」


-------


重い認知症で生涯を終えたイギリスの老婦人(ヨークシャー・アシュルティ病院)の遺品の中から見つかった一遍の詩。


(選択2009年12月号「還りのいのち還りの医療 自然死への道を求めて」米沢慧より抜粋)







Last updated  2010年02月16日 16時52分53秒
コメント(2) | コメントを書く
[ひとこと] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「私」をもっとよく見て!-認知症のおばあさんからの手紙(02/16)   よーこ2965 さん
うん。
わかっているよ。
でもね、感情が先に立ってしまうこともあるんだよ・・・。私も人間だから許してね。

良い詩ですよね。
(2010年02月16日 19時56分22秒)

Re[1]:「私」をもっとよく見て!-認知症のおばあさんからの手紙(02/16)   ねぴゅう さん
よーこ2965さん
>うん。
>わかっているよ。
>でもね、感情が先に立ってしまうこともあるんだよ・・・。私も人間だから許してね。

>良い詩ですよね。
-----
それぞれの立場によって、この詩から受ける印象はさまざまですよね。看護をする立場、される立場、親の立場、子供の立場。
いつか時間がたって読み直してみても、きっと違う感じ方をするのだろうなあ。
(2010年02月17日 19時38分26秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.