1004456 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ずぼら でも ゆる~く 節約☆

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

医療費控除

2013年02月19日
XML
カテゴリ:医療費控除

医療費控除できたのに領収書捨てちゃった・・


医療費控除とは、1年分の家族の医療費が10万円超えると可哀相だから所得税負けてあげるよ~  って制度です。

*年収200万円未満は所得税×5%

 

大人分(私・主人)の領収書は1年分保管してましたが・・娘の分をしてなかった下向き矢印

 

何故かというと 乳幼児医療費助成制度を勘違い していたから・・

 

3歳まで全額医療費無料だったから・・ 4歳の誕生日以降の病院の領収書取っていなかった..

自治体によって違いますが・・ うちの県は、4歳からは月2000円までは自己負担でそれ以上掛かった場合、国が支払ってくれます

何故か6歳まで無料って勘違いしてたショック

 

 

娘の分、入れたら医療控除受けれた(泣)

 

もう、領収書捨てちゃったし・・  家計簿から洗い出すのも面倒くさい・・

来年リベンジします!!

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村







最終更新日  2013年02月19日 15時08分26秒
コメント(0) | コメントを書く


2012年01月10日
カテゴリ:医療費控除

レーシック手術は、今までブログで紹介していたグレーゾーンの医療費控除じゃなく完全にシロです

 

 だって、 ↓ 国税庁のHP に 書いてるもん♪

 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122_qa.htm 

以下 国税庁HPより抜粋 

視力回復レーザー手術(レーシック手術)とは、角膜にレーザーを照射して近視や乱視などを治療し、視力を矯正する手術のことです。
 この手術は、眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められますので、医療費控除の対象となります。

オルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)とは、近視などの角膜の屈折異常を特殊なコンタクトレンズを装用することにより、屈折率を正常化させて視力の回復をさせるものです。
 この治療も、眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められます。

 

 

オルソケラトロジー治療って興味がありますスマイル

何年か前、テレビで紹介してました

その時は、確か治療費総額100万円ぐらいで、九州で治療できるところが無かったですショック

今日調べてみると、九州でも治療ができるみたいきらきら

しかも治療費が片目両目15万円くらいに安くなってるきらきら

(2012.1/10 11:30訂正 勘違いしてました下記も同時刻訂正です)

 

治療方法は

夜、コンタクトをして寝る(角膜矯正中)→朝コンタクトを取る日中はコンタクトと眼鏡無しでも見える

 

*最初は、コンタクト無しで見える時間は少しだけど、どんどん時間が伸びていき、最終的には、夜コンタクトする時間も減少していくそうです

*子供の方が効果が早くでて、近眼の進行を遅らせるそうです

 

 

レーシックの方は、ちょっと目にレーザーを当てるのが怖いですショック

コンタクトして寝るのはOKダブルハート 仕事してる時、時々、外すの忘れて寝たことあるんで抵抗が少ないです(笑)

 

眼鏡とコンタクトから開放されたら気持ち良いだろうな

問題は、両目で30万15万 

控除っていっても、納税した分から返してくれるものだから30万15万以上税金納めてないといけないのよね(^_^;)

 

うちは、納めてるのかな!? 

今まで税金興味なかったから解からない(@_@;)

 

我が家の所得税額確認して、3015万円超えてたらオルソケラトロジー治療するかもスマイル

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2012年01月10日 11時37分07秒
コメント(5) | コメントを書く
2012年01月08日
カテゴリ:医療費控除

 

年末の確定申告のCMが始まった頃から医療費控除についてネットで調べてますが、どこまで本当なのか・・

 

一応、マッサージも医療費控除に含めて良いだって!! 

(これが認められれば、医療費が10万円超えることがあるかも・・) 

 

 

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律に規定する施術者・ 柔道整復師法に規定する柔道整復師 の有資格者に『治療費』って名目で領収書貰えば医療費に計上できるらしい

 

でも、ブログ検索かけると

1.『OK』っていう人

2.『グレーゾーン』っていう人

3.『税務署職員に相談すると弾かれるから自分で完璧に書類作って提出。後から税務署から電話かかってきたときに○○治療で通いましたって言えるようにしとくこと』って言う人が・・

 

 

安全なのは3だけど、わかこ♪に 税務署職員さんの指導なしに書類を作るスキルが無い(>_<)

 

 

それにしても、皆、色々、工夫してるんだなぁ~

 

 

取りあえず、今まで家計簿に書いたら領収書捨てていたけど

(医療費が10万以上になることは無いと高をくくってました(@_@;))

 

 

通院の交通費と病院の領収書は12月末まで保存しようと思います。裏技的なことを使うスキルが無くても、いつ医療費のかかる病気になるか分らないので基本の医療費控除はできるように準備せねば!!

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2012年01月08日 18時36分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月06日
カテゴリ:医療費控除

 

「温泉療養指示書」っていうのをお医者さんから書いてもらえば、温泉も医療費控除の対象になるみたいですびっくり

*一ヶ月のうち7日以上利用

この指示書、  意外と簡単に主治医とかなら書いてくれるそう・・

(わかこ♪は 主治医とか親しいお医者さんが居ないから無理かも・・)

 

詳しいことは、温泉利用型健康増進施設利用連絡会のHP http://www.onsen-nintei.jp/ が解かりやすいです♪

以下、温泉利用型健康増進施設利用連絡会より一部抜粋

 

温泉利用型健康増進施設とは、厚生労働省が定める一定の基準を満たし、温泉を利用した健康づくりを図ることができる施設のことをいいます。平成22年4 月1日現在で全国に23施設あります。厚生労働省から認定された施設であることの証明として、それぞれの施設にはマークが掲出されていますので安心してご利用いただけます。認定施設を利用して温泉療養を行い、かつ要件を満たしている場合には、施設の利用料金、施設までの往復交通費について、所得税の医療費控除を受けることができます。

 

 

 

 

問題は、わかこ♪ が住む九州に厚生労働省が定める施設がないことなんだよね失敗

普通の温泉でも良いみたいだけど手続きが面倒になるし、グレイゾーンは税務署の人に認められない場合もあるそう・・  難しいうっしっし

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村






最終更新日  2012年01月07日 11時20分44秒
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.