2568311 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

りらっくママの日々

「ケーキが好きな娘」

「ケーキが好きな娘」

ケーキが好きな女がいた。
毎日ケーキを食べていた。

彼女のまるまるとした姿に、
街の男達は誰も声をかけることはなかった。
声をかけるのはケーキ屋の主人だけだった。

「いらっしゃい。
今日はこのケーキがオススメだよ。
キミは絶対気に入ると思うな。」

娘は嬉しそうな笑顔を見せて頷いた。
主人も嬉しそうに盛り付けて、カフェテラスに座る娘のところへ持っていった。
それが彼らの日常だった。

ある日ケーキ屋の前に、王室の馬車が止まっていた。

娘はケーキ屋の主人に尋ねた。
「ねえ、あの馬車の中にいた人は誰?」

ケーキ屋の主人は笑って答えた。
「何言ってるの。この国の王子だよ。見たことないのかい?」

「遠くからしか見たことないもの。
あんなステキな人だなんて知らなかった。」

「そうか、娘さんはああいう男性が好みなんだね。
俺の方がカッコイイと思うんだけどな。」

娘はふふふと笑った。

「ねえ、王子様ってどんな女の子が好きなのかな?」

「そうだなあ。今度家来が来た時にに聞いておいてあげるよ。」

娘はニコニコしながらケーキ屋のカフェテラスでケーキを頬張った。
数日してケーキ屋の主人が言った。

「娘さん、聞いてみたよ。
王子が好きなのはほっそりとした美しい女だそうだ。」

残念だったね~と主人は笑った。
娘はどうみても細くも美しくもなかった。

「男性はみんな細くて美しい女性が好きなのね。」

「まあ、大体は。そう…なのかな。」

「そう…」

うつむいた娘の悲しそうな顔に主人の心が痛んだ。

娘は、その日からケーキを食べないようになった。
毎日行っていたケーキ屋に行かなくなった。

するとみるみるうちに娘の体が痩せ始めた。
体が痩せていくにつれて、誰も見向きもしなかった娘に、
男達の視線が集まるようになった。

娘はケーキより洋服を買うようになり、
化粧をして楽しむようになった。
もうどこに行くにも誰に声をかけられても、気後れすることもない。

ある日娘がケーキ屋の前を通り過ぎると、
ケーキ屋の主人が店から出てきた。

「娘さん、キミは日に日に美しくなるね。
もう俺のケーキを食べることは無いんだね。」

娘は返事をする代わりに微笑んだ。
主人がその笑顔を見て言った。

「王子がキミと会いたいそうだよ。」

娘は王子と会うための服を選び、
自分を着飾ってみた。

お城へ向かう準備を全て整えて、
王子と会える日を迎えた。

鏡の中の自分を眺めて満足し、
娘はお城に行く前に外に出た。
深呼吸をする。

そして足が向くままにケーキ屋へ向かった。

「おはよう。今日は王子様に会える日だね。
今日は一段と美しいよ。」

ケーキ屋の主人が美しい彼女の姿にため息をついた。
そして目を逸らしてうつむいた。

「もしも王妃様になるようなことがあったら、
俺のケーキを時々買いにきてくれよな。」

娘は主人の顔をじっと見た。
主人も娘の顔をじっと見た。

娘は主人から目を逸らし、
そしてウィンドーに飾ってあるケーキを指差した。

「このケーキ食べたいんだけど。」

主人は何が聞こえたのか一瞬わからなかった。
娘はそのまま以前の指定席だったカフェテラスに座った。

主人がいつものようにケーキに盛り付けをして、
娘の目の前に置いた。

娘はカフェテラスから見えるお城を眺めて、
じっと眺めて、
視線をケーキに移した。
そしてケーキを一口頬張った。

幸せそうな笑顔が彼女の顔に広がった。

娘はゆっくりとケーキを味わった。

「お城に行く時間じゃないかな?」

主人が娘に聞いた。

「そうね。」

「馬車が帰ってしまうよ。」

「そうね。」

娘は次のケーキを注文し、
主人はそれを持ってきた。

娘はそのケーキも美味しそうに頬張る。

「仕方ないわよ。」

娘はフォークを置いてニッコリと微笑んだ。

「だってケーキは美味しいんだもの。」

主人は軽く笑ってため息をつき、
娘のために紅茶を淹れた。

街は甘い香りで満たされた。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.