111041 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

学校なんていらない~不登校小学生ちゃりこの父娘自転車旅行記『能登半島一周』『津軽海峡夏景色』

PR

楽天プロフィール


ちゃりこ父さん

ラブ&ピース、悪と戦う、強気

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
自転車旅行  いじめ撲滅  不登校 

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

楽天カード

2013年11月14日
XML
風景を焼き付ける。

風景を目に焼き付ける。

風景を心に焼き付ける。

風景を心の大切な、柔らかいところに焼き付ける…


焼き付ける、という、意図的なことではないのだろう。

ひっそりと、それでも、心踊るような風景…

これまでにも、たくさんの場所で得てきた…

踊るような心を抱いて、展望台をあとにする。

灯台の近くまで行けるはずだ。

遊歩道に戻る。

灯台は突端にある。

近づいていくにつれ、遊歩道が木のトンネルになる。

空を遮る木々の合間からこぼれる陽の光が、まだら模様に足元を照らす。

木漏れ日だけの薄暗い道で、空気だけが明るい。

弘法大師の爪書岩。
大師が「南無阿弥陀仏」と彫ったといわれる岩。
そんな足摺の七不思議、というのも転がっている。

ふっ、と眺望が開けた。
そして、広場。
芝生とはいえないような疎らな草と、乾いた土の広場。
ソテツや椿などの低木が、そこを囲んでいる。
広場の真ん中にポツンと…

“足摺岬灯台”
の木標。

その後ろに…

真っ白な、

真っ白な、

雲よりも真っ白な、

足摺岬灯台…

ソテツと椿を手前に従えて、

後ろの空は限りなく青い。

白い灯台が青い空に映える…

青い空が白い灯台に映える…

息を飲むような風景だ。

海は見えないけれど、

息を飲むような風景だ。

灯台の真下まで歩いていく。

スリムな胴体の両側に細長い薄い三角のウイングを付けたような、独特な姿の灯台だ。

白い外壁にそっと触る。
ツルッとした冷たい感触…

見上げる空はさらに青い。

中には入れない灯台。

広場に戻る。

ちゃりこと灯台と木標を写真に収める。

ちゃりこが私と灯台と木標を写真に収めてくれる。

灯台は私達を無言で見下ろしている。

木標でさえ、私よりも一メートルは背が高い。

青い空と白い灯台を心の大切な柔らかいところに焼き付けて、私達は広場をあとにした…










最終更新日  2013年11月14日 06時01分28秒
コメント(0) | コメントを書く

カレンダー

お気に入りブログ

●どこを見ても、公衆… New! エイサーさとしさん

最近の気づき New! 山の上ナナさん

この首相を私たちは… New! みらい0614さん

「自分を受け入れる… New! 森の声さん

★あなたの愛が 永遠… New! 人間物語・とね しゅんじさん

コメント新着

古臭い人@ Re:クラスごとにLINE、スマホ三昧だが携帯禁止の校則を掲げる学校( 爆)!(04/14) …とか言ったものの、検閲とかすごかっただ…
古臭い人@ Re:クラスごとにLINE、スマホ三昧だが携帯禁止の校則を掲げる学校( 爆)!(04/14) そんなヤツらデータ消されて当然 いや、携…
マイコ3703@ ブログを幾つか読ませて頂きました♪ ふむふむ!と私にもあるある!と感じてし…
ヨコG@ Re:道北へ、最北端へ、自転車旅行・ハッピーニュース賞(06/01) 随分と遠くに行ってますね。又四国に来る…
忠武飛龍@ Re:マニュアルを変えたところで(05/21) マニュアルに関したら、森の声さんが、2…

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.