4102836 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

スコシフシギな世界-藤子・F・不二雄ブログ

PR

X

Free Space

管理人ネオのアバター


↑「21エモン」のイモ掘りロボット・ゴン助

[アクセス集計]当ブログで人気の記事一覧
2021年前期 TOP3
1位 2011年2月6日
【パーマン最終回 ~みつ夫は宇宙へ留学をする~】

2位 2010年12月23日
【ドラえもん 『精霊よびだしうでわ』】

3位 2011年5月31日
【少年の足が別の生命体に…⁉ SF短編「考える足」】

Profile


まつもとネオ

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Shopping List

  
管理人ネオへ
メッセージを送る↓

  スコシ・フシギな世界へ
ようこそ!! 
 
 ★ 少し不思議な
日記の内容↓

  neo.エフ.reeves
アットgmail.com  
  アドレスはそれぞれ
エフ→f アット→@へ  
  変換をお願いします

小1から『藤子不二雄』作品で育った
藤子マンガと藤子両先生が大好きな
管理人 まつもとネオによる
藤子愛に包まれたブログです
 藤子・F・不二雄先生のSF短編や
 パーマン、ドラえもんをはじめ
 有名作品から大全集のレア作品
 時々、藤子不二雄A先生の話まで
 いろいろ取り上げてます



 2020年、新型コロナウイルスにより、日本も世界も、かつてない非常事態に見舞われました。
人類の歴史には、地震や洪水など自然災害も多々ありましたが
さらに追い打ちをかけるかのように、世界に新型コロナウイルスが襲いかかり
当たり前の日常が失われてしまいました。
今、私たちにできることは「乗り越えること」だと思ってます。
この困難を乗り越えましょう。助け合いましょう。
(画像はドラえもん『右か左か人生コース』/ てんとう虫コミックス42巻より)
『右か左か人生コース』のお話を、東日本大震災から3か月後の 
2011年6月11日の日記
 で取り上げました。よろしければ、ご覧ください。

QLOOKアクセス解析
2021.05.01
XML
日本全国でドラえもんを知っている人は
何%いるのでしょうか?
非常に面白いデータを見つけました。
日本リサーチセンターという調査研究機関
による認知度調査結果です。
 
ドラえもんの認知度は98%とのことです。
スゴイ!と驚くべきか
そんなの当然!と受け止めるべきか・・・
個人的には「知らない」と答えた
2%の方が気になりますが(笑)
 
さて「ドラえもん」の認知度98%に対し
「SF短編」の認知度は、どれくらいかな?
と思ってしまいました。
 
私のブログを見に来てくださる方は
元々、ドラえもんをはじめとするF作品に
興味がある方だと思いますので
F先生がSF短編を発表していたことは
わりと多くの方が、ご存知なのではと思っています。
 
しかし、日本全国では、一体どのくらい
SF短編は知れ渡っているのでしょうか…
ふと、そんな疑問を抱いてしまいました。
本格的に調べるには、世論調査のように数千人以上
調査しないことには
分かりませんが・・・
 
というわけで、勝手に企画!!
 
F先生のSF短編認知度は何%なのか?
 
日本全国でのF先生のSF短編の認知度は
一体どれくらいなのか?
何の根拠もなく、信憑性もなく
私が勝手な想像で、数値を出して
みたいと思います。
 
【F先生のSF短編認知度】
(根拠なし信憑性なし)
 
​・まったく知らない … 97% (推定。根拠なし信憑性なし)​
 
・SF短編を書いていると聞いたことがある … 1% (推定。根拠なし信憑性なし)
 
・「SF短編」を知っている … 2% (推定。根拠なし信憑性なし)
 
「聞いたことがある(上から2つ目)」は
「うわさで」とか「なんとなく」いう
曖昧な境界線といえる回答になります。
これを認知と、とらえれば認知度は全体で3%となり
いや、微妙なので認知とはいえない、となれば2%となり
全体で2~3%といったところでしょうか。
(まあ、ネオ的推測、憶測ですが…)
 
さて、5月1日、TBSの番組
「王様のブランチ」内の
『語りたいほど漫画好き!』という
コーナーで、なんと!なんと!
F先生のSF短編「ミノタウロスの皿」が
取り上げられました~~~!!
 
超嬉しい~~~ やった~~~

ミノタウロスの皿の1コマ

藤子・F・不二雄 SF短編 ミノタウロスの皿

ミノタウロスの皿の1コマ

藤子・F・不二雄 SF短編 ミノタウロスの皿
本作は、「牛に似た生物が人間を
家畜化して支配する世界」との
紹介がありました。
 
 宇宙船の故障により、主人公が不時着した
 惑星では、人類と牛の立場が逆転していて
牛が人間を食べるという世界だった・・・
という物語です。
  
「女々しくて」などのヒット曲で
知られるゴールデンボンバーの
鬼龍院翔(きりゅういん しょう)さんが
登場し、お気に入りの作品として
「ミノタウロスの皿」を一押しして
くださいました!!
ミノタウロスの皿の紹介があります。
鬼龍院さん ありがとうございます
 


100を超えるSF短編の中で、おそらく
一番有名と思われますが、ドラえもんと
比べたら、まだまだ知名度は足りません。
テレビでどんどん紹介されて
ほしいです。
 
だいぶ前、マツコデラックスさんの番組
「怒り新党」でF先生のSF短編の特集が
あったようですが、残念ながらその番組は
見ておらず、まったく知りませんでした。
周りに「見た」という人もおらず
ブログにコメントもなく、知る機会が
ありませんでした。
 
また、こうしてテレビなど、大きなメディアで
紹介されることを祈っています。
 
願わくばNHKの「100分de名著」なんかに
登場してほしいです。
 
それでは、次回は改めて
「ミノタウロスの皿」のお話でも






Last updated  2021.11.10 21:46:34
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.