000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スコシフシギな世界-藤子・F・不二雄ブログ

PR

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

アバター

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まつもとネオ@ ジョージ織原 さんへ コメントありがとうございます。 そして、…
ジョージ織原@ Re:もしも他人の心を読めてしまったら… SF短編「耳太郎」(09/18) 耳太郎は、印象に深く残っている藤子作品…
まつもとネオ@ 空塚絶人さんへ 空塚さんは、東京メトロのメルマガまでも …
空塚絶人@ 秋はAの季節・・・autumn 東京メトロのメルマガは、映画のチケット…
まつもとネオ@ happy-gai さんへ Fの月、よかったですか。 ありがとうござ…

バックナンバー

2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月

購入履歴

2010年02月02日
XML
カテゴリ:『エスパー魔美』
父親は画家で、娘の魔美が
ヌードモデルをするという設定が
エスパー魔美には、あります。

藤子マンガでも、他の少年漫画と比べても
お色気シーンが多い、という特徴があります。

それは、読者(少年たち)への
ちょっとしたサービスだったかもしれませんし
または、非常に重苦しい話を、緩和させる
クッションであったのかもしれません。

■エスパー魔美は現在、大全集では2巻まで発売されています。
藤子・F・不二雄 大全集 エスパー魔美 2巻 表紙 魔美 コンポコ


■ エスパー魔美 2巻の目次 『黒い手』収録
藤子・F・不二雄 大全集 エスパー魔美 2巻 黒い手 目次

エスパー魔美は、子供の頃に
全巻読んでいるので、話は大体覚えていますが
目次を見て、むかし出合った衝撃を思い出しました。
『黒い手』という話です。


■ 雨の中、激しく怒る青年と、帽子をかぶったおじさんがいる。
藤子・F・不二雄 大全集 エスパー魔美 2巻 黒い手 青年とおじさん


■ おじさんは、二本指を青年に見せる。
藤子・F・不二雄 大全集 エスパー魔美 2巻 黒い手 おじさん 2日


■ そして翌日、1本の指を青年に突きつける。
藤子・F・不二雄 大全集 エスパー魔美 2巻 黒い手 おじさん 1日


■ 指の数は、死刑宣告の数字であった…
藤子・F・不二雄 大全集 エスパー魔美 2巻 黒い手 青年 喫茶店


■ 実は、青年は交通事故で、おじさんの子供を跳ねたのだった…
藤子・F・不二雄 大全集 エスパー魔美 2巻 黒い手 魔美 青年


■ 魔美はおじさんに直接会い、説得をする。
藤子・F・不二雄 大全集 エスパー魔美 2巻 黒い手 おじさん 魔美 会話


■ 魔美は、高畑くんに知恵を借りるも、どうにもならなかった…
藤子・F・不二雄 大全集 エスパー魔美 2巻 黒い手 八月十四日


■ 魔美は超能力で、おじさんを止めるも、おじさんは何度も何度も立ち上がる…
藤子・F・不二雄 大全集 エスパー魔美 2巻 黒い手 おじさん

青年は、不注意でおじさんの子供を跳ねてしまった。
刑務所へ入り、罪を償い、出所した。

おじさんは、奥さんも交通事故で亡くしていた。
1人息子の成長だけを、ずっと楽しみにして生きていた。
しかし、それも絶たれてしまった…

魔美が、おじさんの心の中をのぞくと
子供が生まれたばかりの思い出に溢れていた。
魔美は、涙が止まらなくなってしまう。

おじさんは、殺人鬼と化していた…
超能力で、おじさんの行動は多少、操れたとしても
おじさんの心までは、変えることはできなかった。
もはや、誰にも止めることは、できなかった。
そして、おじさんは実行に移ってしまう…


幸い、私は、おじさんの立場になったことも
青年の立場になってしまったことも、ありません。
正確にいえば、「まだ」なってないだけで
「これから」なってしまうのかもしれません。
交通事故は、毎日起きています。
いつ、加害者にも被害者にも、なるか分かりません。

おじさんの持つ殺意も、深い悲しみを背負った人間として
当然の感情でしょう。「犯人を憎むな」というのは無理というものでしょう。
では、命を奪われたら、相手の命も奪っていいのでしょうか…
幼かった私には、魔美のヌードシーンよりも(この話には出てきませんが)
こうした社会哲学が重くのしかかり、衝撃を受けました。

こうして、私はエスパー魔美によって
自分のとるべき行動は何か、法律や裁きとは何か
人としてどうあるべきか、哲学を考えるようになりました。
この話だけでなく、哲学的な話は、多く出てきます。

ドラえもんにも哲学が多く含まれていますが
主に人生哲学です。エスパー魔美は死や犯罪などが絡む
大人向けの、社会哲学が含まれており
藤子哲学が潜むマンガでもあると、私は思っているのです






最終更新日  2010年02月03日 01時42分14秒
コメント(30) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


エスパー魔美   yoru2000 さん
懐かしいですね(^^)
と言う私は、小さい頃に何故か1冊だけ単行本を
買って貰った記憶と、父親が画家で娘の魔美が
ヌードモデルをしていた場面が印象に残っている位
なのですが、エスパー魔美には死や犯罪などが絡む
大人向けの社会哲学も含まれているのですね
(@△@)=3
残念ながら、内容の記憶が曖昧なので;
ネオさんのブログは、いつも新しい発見があって色々と勉強になりますね☆

(2010年02月03日 01時57分36秒)

やっぱり…   ai*kero さん
たてつづけに渡すと頭がパンクしちゃいそうなので
子どもたちには頃合いをみて渡します。
パーマンとバケルくんを繰り返し読んでるし。

前の日記:さすがに声は古い声優さんたちのほうに
なじんでると思いますよ。
たぶん、映像じゃなく、マンガのページからイメージを自分でつくって
楽しんでるんじゃないでしょうか?映画は受動かと。
(2010年02月03日 06時02分07秒)

そうだったんですか・・・   カタバミ8691 さん
興味深いですね。
もう最近はマンガを読む機会というのも皆無に等しいですが機会があればこのエスパー魔美も読んでみたいものですね。
ご紹介ありがとうございます。

テレビ等でも被害者の家族という立場をクローズアップする番組等がたまにありますが、残された家族の悲しみに触れると何とも遣る瀬無い思いになりますよね・・・ (2010年02月03日 08時09分19秒)

Re:そして哲学の入り口に… 「エスパー魔美」(02/02)   トンカツ1188 さん
>藤子哲学が潜むマンガ 

この言葉重くおもいました

いつ何時 被害者 加害者になるか

わからない 世の中ですね (2010年02月03日 08時30分32秒)

Re:そして哲学の入り口に… 「エスパー魔美」(02/02)   逆立ち天子 さん
藤子不二雄のマンガは亡くなった方のほうがすきでした。
今、生きている方のマンガは気質的に合いません。
エスパー魔美は少し読んだ記憶があります。
でも、このエスパー魔美は彼らの合作と思うのですが。
お互いの長所が出ていて嫌な部分が消えていて好きなマンガでした。 (2010年02月03日 09時57分54秒)

Re:そして哲学の入り口に… 「エスパー魔美」(02/02)   happy-gai さん
以前の背景も凄いものでしたが今回のこれは本のカバーですか?大パレードですね。 (2010年02月03日 14時49分03秒)

Re:そして哲学の入り口に… 「エスパー魔美」(02/02)   エリリン0215 さん
確かに昔のアニメ ちょっと(/。\)イヤン!ハズカシイ場面多かったですよね。

ネオ様も大好きだったのでは( '艸`*) (2010年02月03日 15時19分02秒)

Re:そして哲学の入り口に… 「エスパー魔美」(02/02)   いちごしふぉん♪ さん
こんばんは♪
魔美ちゃんってこんなすごいお話でしたっけ?というくらいに忘れてますね(^_^;)いやー。。
もう一度最初から呼んでみたい衝動に駆られました!どなたかもっていないかしら。。って借りようとするこのせこさ(笑)探してみよぉv(o^▽^o)v
まだまだ寒いのでお体御慈愛くださいませ♪ (2010年02月03日 18時25分46秒)

こんばんは   風とケーナ さん
エスパー魔美――魔美ちゃんの雰囲気やイラストは知っていても、内容はよく知りませんでした。
『黒い手』のおじさんの深い悲しみと殺意までも帯びた憤りや絶望感にも共感を覚える反面、加害者側になってしまった青年の苦悩や罪悪感や恐怖も察せられる気持ちがしてしまいます…。
あまりに深遠な話で、息詰まる感覚になりました。
藤子マンガは大人の読者に対しても、訴えかけるものをこんなにたくさん持っているのですね。
(2010年02月03日 18時28分05秒)

この話は覚えてなかったけど   Velvet†Room さん
確かエスパー魔美は全て貸本屋で小学生のときに読んだはず。女の子だったから、超能力という特化した部分にだけ惹かれてたかもしれません^^;
今ネオさんに内容を教えてもらうと、現在の裁判員制度にも繋がるものがあって、「赤紙」が来たらどうしよう、と思わず考えてしまいました。
(2010年02月03日 18時57分00秒)

Re:そして哲学の入り口に… 「エスパー魔美」(02/02)   nekochan_59 さん
「エスパー魔美」という漫画があることは知っていましたが読んだことはありませんでした。
なかなか奥が深い作品が多いようですネ。
(2010年02月03日 19時06分59秒)

はじめまして   こんぽこ さん
はじめまして^^こんぽこといいます。
名前から分かるかもですが、エスパー魔美や藤子不二雄先生が大好きです!!
この「黒い手」のお話は、他の話にくらべて大人むけですよね。殺人鬼になりかけたおじさんが、救ってくれた魔美に「ありがとう」と言うシーンがすごく胸に残っています。。

高畑さんて、かっこいいですよね^^/// (2010年02月03日 20時13分18秒)

Re:そして哲学の入り口に… 「エスパー魔美」(02/02)   ari0802 さん
ネオさんのブログドラえもんが いっぱいですね~!!
わくわくします♪♪

エスパー魔美 テレビで見たのか
本で読んだのかは よく覚えていないのですが
色々 考えさせられる漫画ですね。。
事故は ほんと人事ではない事ですから
気をつけないといけませんね。。 (2010年02月03日 21時18分24秒)

Re:そして哲学の入り口に… 「エスパー魔美」(02/02)   ***nene*** さん
子どものころにこれを読んだら
かなりの衝撃ですね。
忘れられないお話になりそうです。
奥が深いですねー(>_<) (2010年02月03日 21時33分31秒)

Re:そして哲学の入り口に… 「エスパー魔美」(02/02)   もちこ2100 さん
ネオ様こんばんは!
エスパー魔美は、昔テレビで観たけれど、あまりダークなイメージは無かったな~。
う~ん。そうですね。
自分の家族、特に子供をこうしたことで失ってしまうというのは、想像したくないし出来ません。
だからこそ、自分が加害者にならないように、社会の人みんなが気をわないと行けないと思います。
これと話はずれちゃうけれど、わたしは車の運転では、怖さもあって制限速度以上を出したことがないです。周りには迷惑だからある程度スピードを出したら?と言われるけれど、それなりの道路事情を考えて設定された速度規制なのだろうし、もしも超えてしまって事故になっても、責任を取れる自信がないので・・・
この青年は、最後には殺されてしまったのですか・・・? (2010年02月03日 23時28分44秒)

yoruさんへ    ネオ・リーブス さん
>小さい頃に何故か1冊だけ単行本を
>買って貰った記憶と、父親が画家で娘の魔美が
>ヌードモデルをしていた場面が印象

1冊だけでも、魔美を手にとって読んだことがあると
聞けて、嬉しく思います。何巻なのか、気になりますね~
ヌードモデルは、やはりエスパー魔美の特徴ですね(笑)
新たな発見をyoruさんに届けられて、よかったなあと思ってます 
   (2010年02月04日 00時37分37秒)

アイケロさんへ    ネオ・リーブス さん
>子どもたちには頃合いをみて渡します。
>パーマンとバケルくんを繰り返し読んでるし。

何度も繰り返し読むことで、心にも残るでしょうから
その状態を保っていてほしいですね。
パーマンなどが子供たちにウケているようで嬉しいですね~

>映像じゃなく、マンガのページからイメージを自分でつくって
>楽しんでるんじゃないでしょうか?映画は受動かと。

あとは、テレビ(映画)で90分という
大人に取っては短い時間でも
子供たちにとっては長い時間なので
「見たい!」というタイミングが合わないと
のめり込めないかもしれませんね・・・ 
   (2010年02月04日 00時45分44秒)

カタバミさんへ    ネオ・リーブス さん
>機会があればこのエスパー魔美も読んでみたいものですね。
>ご紹介ありがとうございます。

小学生の主人公が多い中
中学生と、少し年齢も上がり、やや大人向けに
なっていますので、とても面白いのではないかと
思います。こちらこそ、興味を持っていただきありがとうございます。

>残された家族の悲しみに触れると何とも遣る瀬無い思いになりますよね・・・

こればかりは、解決というか、慰めといいますか
どうにも対処しがたい問題ですよね。
藤子F先生も、何か思い当たるものがあったのかもしれませんね 
   (2010年02月04日 00時49分12秒)

トンカツさんへ    ネオ・リーブス さん
>いつ何時 被害者 加害者になるか
>わからない 世の中ですね

どちらも辛いですね・・・
ただ、加害者よりも、やはり被害者の方が
比較にならないほど、辛いでしょうね 
   (2010年02月04日 00時51分05秒)

逆立ち天子さんへ    ネオ・リーブス さん
>エスパー魔美は少し読んだ記憶があります。
>でも、このエスパー魔美は彼らの合作と思うのですが。

雑誌掲載された当時は名義は「藤子不二雄」でしたが
合作ではなく、完全にF先生の作品ですね。

>お互いの長所が出ていて嫌な部分が消えていて好きなマンガでした。

お色気シーンもあるので、女性の反応は
分かりませんでしたが、好きと聞いて、嬉しくなりました 
   (2010年02月04日 00時53分17秒)

happy-gaiさんへ    ネオ・リーブス さん
>以前の背景も凄いものでしたが今回のこれは本のカバーですか?大パレードですね。

ウェブサイトにドラえもんの「映画30周年のサイト」がありまして
そこに、ありました。頂き物です。
「映画30周年」で検索するとでてきますよ 
   (2010年02月04日 00時57分51秒)

エリリンさんへ    ネオ・リーブス さん
>確かに昔のアニメ ちょっと(/。\)イヤン!ハズカシイ場面多かったですよね。
>ネオ様も大好きだったのでは( '艸`*)

当時としては、かなり大胆描写だったかもしれませんね。
純情だった私は、ドキドキしながら見てましたね(笑) 
   (2010年02月04日 00時59分40秒)

いちごしふぉん♪さんへ    ネオ・リーブス さん
>もう一度最初から呼んでみたい衝動に駆られました!どなたかもっていないかしら。。って借りようとするこのせこさ(笑)探してみよぉv(o^▽^o)v

エスパー魔美が気になっていただけて嬉しいです。
読み出すと止まりませんから、ぜひぜひ
借りてでも読んでみてください。オススメですよ~

>まだまだ寒いのでお体御慈愛くださいませ♪

ありがとうございます。
部屋でも手袋、マフラーで暖かくしています 
   (2010年02月04日 01時02分51秒)

ケーナさんへ    ネオ・リーブス さん
>『黒い手』のおじさんの深い悲しみと殺意までも帯びた憤りや絶望感にも共感を覚える反面、加害者側になってしまった青年の苦悩や罪悪感や恐怖も察せられる気持ちがしてしまいます…。

このような作品は、生々しくなってしまい
読みづらくなりがちですが、F先生の持ち味である
(いい意味で)淡々とした描写が、マンガとしての
面白さも保ち、とてもバランスがいいですね。
大人に薦めたい藤子マンガですね 
   (2010年02月04日 01時07分45秒)

ベルさんへ    ネオ・リーブス さん
>現在の裁判員制度にも繋がるものがあって、「赤紙」が来たらどうしよう、と思わず考えてしまいました。

ベルさんのとらえ方は、とても時事的ですね。
思わず、なるほどとうなづいてしまいました。
自分が事件に巻き込まれなくても、栽培員となった場合
どう判決を下すかも、責任が伴いますね。難しい問題ですね… 
   (2010年02月04日 01時10分48秒)

nekochanさんへ    ネオ・リーブス さん
>「エスパー魔美」という漫画があることは知っていましたが読んだことはありませんでした。
>なかなか奥が深い作品が多いようですネ。

魔美の名前はご存知でしたか。
やはり、藤子作品は知名度があるんですね。
エスパー魔美は、特に深い内容が多いですね。
考えさせられることが多いです 
   (2010年02月04日 01時13分09秒)

こんぽこさんへ    ネオ・リーブス さん
>はじめまして^^こんぽこといいます。
>名前から分かるかもですが、エスパー魔美や藤子不二雄先生が大好きです!!

はじめまして!! お越しいただきありがとうございます!!
魔美の愛犬のこんぽこさんですか。いいお名前ですね~
藤子先生が大好きとのことで、とても嬉しいです。

>この「黒い手」のお話は、他の話にくらべて大人むけですよね。殺人鬼になりかけたおじさんが、救ってくれた魔美に「ありがとう」と言うシーンがすごく胸に残っています。。

「黒い手」もお読みになられましたか。
こんぽこさんも藤子ファンですから、当然のことですね。
安易なハッピーエンドではなく、高畑くんの知恵と
魔美の超能力で、出来る限り「最悪の事態は避けた」という
切羽詰るような結末が、見事だなあと思いました。

>高畑さんて、かっこいいですよね^^///

今では、顔はイケメンでないとカッコいいと
いわれない世の中ですが、私も
彼の知的さは、カッコいいと思いますね~ 
   (2010年02月04日 01時19分55秒)

ari0802さんへ    ネオ・リーブス さん
>ネオさんのブログドラえもんが いっぱいですね~!!
>わくわくします♪♪

ありがとうございます。
私もワクワクしてます(笑)

>色々 考えさせられる漫画ですね。。
>事故は ほんと人事ではない事ですから
>気をつけないといけませんね。。

そういえば、ariさんも
車の事故に遭ったことを書かれていましたね。
生きていくということは、大変なんだなと思いますね 
   (2010年02月04日 01時22分06秒)

neneさんへ    ネオ・リーブス さん
>子どものころにこれを読んだら
>かなりの衝撃ですね。

そうなんですよ~
生と死が絡んでますからね…
とにかく重いんですよね。

>忘れられないお話になりそうです。
>奥が深いですねー(>_<)

私も忘れられなくて、こうして
ブログに書くほどですからね。
インパクトの強い作品です 
   (2010年02月04日 01時26分10秒)

もちこさんへ    ネオ・リーブス さん
>エスパー魔美は、昔テレビで観たけれど、あまりダークなイメージは無かったな~。

アニメは、割とあっさりしていますね。
テレビ放送では、あまり暗くできないと思いますね。
もう少し、強さがあってもいいんですけどね。

>自分が加害者にならないように、社会の人みんなが気をわないと行けないと思います。

本当にそうですね。
ひき逃げ事故も多いですし、今の社会には
ずっと憤慨してしまいますね…

>怖さもあって制限速度以上を出したことがないです。

それは、いいことですね。立派だと思いますよ。
スピード違反は、事故のもとですし
あわてず、落ち着けば、事故はほとんど防げるでしょうね。
ずっと、そのままでいいのではないでしょうか 
   (2010年02月04日 01時32分21秒)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.