3730514 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スコシフシギな世界-藤子・F・不二雄ブログ

PR

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

アバター

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まつもとネオ@ ジョージ織原 さんへ コメントありがとうございます。 そして、…
ジョージ織原@ Re:もしも他人の心を読めてしまったら… SF短編「耳太郎」(09/18) 耳太郎は、印象に深く残っている藤子作品…
まつもとネオ@ 空塚絶人さんへ 空塚さんは、東京メトロのメルマガまでも …
空塚絶人@ 秋はAの季節・・・autumn 東京メトロのメルマガは、映画のチケット…
まつもとネオ@ happy-gai さんへ Fの月、よかったですか。 ありがとうござ…

バックナンバー

2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月

購入履歴

2010年04月13日
XML
「ノスタルジー」という単語を
辞書で調べてみました。

nostalgie(フランス語)
(過去・故郷などへの)郷愁。懐古。

つまり、ふるさとを懐かしむことですね。
時々、耳にすることも、あるかと思います。

その「ノスタルジー」をテーマにした
藤子・F・不二雄先生の
ukoshi ushigi(スコシフシギ)な
SF短編「ノスタル爺」を紹介したいと思います。


 < ストーリー >

浦島太吉は、墓参りをしていた。
亡くなった、元恋人であり、妻であった
里子のことを思い出していた。

当時、太吉は学生であり
日本が戦争を迎えようとしていた時代であった。
まだ、自由な恋愛が、許されていない頃であったが
里子とは、幼なじみで、いいなずけでもあったため
二人は、小さな頃から、いつも一緒だった。

■ 親からいいつけられた、結婚が行われる。

藤子・F・不二雄 SF短編 ノスタル爺 浦島太吉 里子 許婚 許嫁 幼なじみ

しかし、太吉は自分は戦争で死ぬかもしれない
と思っていたので、もし自分が戦死したら
いい人を見つけてほしいと、里子に伝えていた。

「まってます。いつまでも」
「きっと帰ってね」
それが、里子の最後の言葉だった。
そして、結婚後間もなく
二人は永遠の別れを迎えてしまう…

太吉は孤島で30年行き続けていたが
彼は戦死したと伝えられていた。
そして、彼が帰ってきたときには
もう、里子は亡くなっていた。
彼女にとっては、太吉だけが生きがいであり
人生の全てであった。再婚もしていなかった。

30年ぶりに故郷に戻ってきた太吉は
里子の墓参りの後、村を一人歩いた。
太吉には、ある予感があった。
その予感は形となり
やがて膨れ上がった。

■ 太吉は、走った。理由はない。もう、そうするしかなかった。

藤子・F・不二雄 SF短編 ノスタル爺 浦島太吉 走る


■ 目の前にあったのは、昔の故郷だった。
  夢かそれとも気が狂ったのか…

藤子・F・不二雄 SF短編 ノスタル爺 気が狂ったのか


■ 太吉が、子供の頃に過ごした村だった。

藤子・F・不二雄 SF短編 ノスタル爺 狂気よ去るな


■ そこには、子供の頃の里子が生きていた!!

藤子・F・不二雄 SF短編 ノスタル爺 浦島太吉 里子


しかし、自分はタイムスリップしましたなどと、説明できない。
何をいっても信じてもらえるはずもなく、変人扱いされてしまう。
村でも大きな一族である浦島家では
彼のような者に、村にいてほしくなかった。
なんとしても、追い出したかった。


■ 出て行かねば、土蔵に閉じ込めるという…

藤子・F・不二雄 SF短編 ノスタル爺 浦島太吉 土蔵


■ 太吉は、一生土蔵に閉じ込められることを、選ぶのであった…

藤子・F・不二雄 SF短編 ノスタル爺 ぜひとも土蔵に

浦島太吉は、土蔵の外から聞こえる
里子の声を、聞くことを生きがいとし
そこで、一生を終えるのであった。



初めて読んだ時は、「なんとも悲しいストーリーだな」と
わりと淡々とした気持ちだったのですが
私は、まだ物語を理解するには幼すぎました…

何度か、読み返してみると、「悲しい」などという
そんな生易しいものではなく
狂気と紙一重の愛かもしれないと思うようになりました。

私は、これが最高の愛だとは思いませんが、これほどまでの
思いを抱く愛は、現代にあるのでしょうか。
きっと、戦争に巻き込まれ、孤島に30年も取り残され
何の思い出も残らなかった、太吉のような男でないと
生まれてこない感情なのかもしれません。

皆さんは愛だけで、土蔵で一生を送れますか…


P.S. F先生の特番「こだわり人物伝」が14日夜10時25分に
   NHK教育にて放送があります。今回はF先生の奥様が登場されます






最終更新日  2010年04月14日 02時15分21秒
コメント(18) | コメントを書く
[『藤子・F・不二雄 先生』 SF短篇 Perfect] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.