3725298 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スコシフシギな世界-藤子・F・不二雄ブログ

PR

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

アバター

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まつもとネオ@ ジョージ織原 さんへ コメントありがとうございます。 そして、…
ジョージ織原@ Re:もしも他人の心を読めてしまったら… SF短編「耳太郎」(09/18) 耳太郎は、印象に深く残っている藤子作品…
まつもとネオ@ 空塚絶人さんへ 空塚さんは、東京メトロのメルマガまでも …
空塚絶人@ 秋はAの季節・・・autumn 東京メトロのメルマガは、映画のチケット…
まつもとネオ@ happy-gai さんへ Fの月、よかったですか。 ありがとうござ…

バックナンバー

2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月

購入履歴

2011年05月19日
XML
カテゴリ:『エスパー魔美』
神様・手塚治虫先生のマンガ
「ブッダ」が映画化決定になり
公開も近づいてきましたね。
テレビCMでも流れてますので
知っている方も多いかと思います。

「ブッダ」関連では、「手塚治虫のブッダ展」が
都内で開かれていますね。
以前、からっかZさんが教えてくださいました。

詳しくは、東京国立博物館のサイトをどうぞ。


さて、長いことブログを休んでしまいました。
皆さんとは、お久し振りの日記になります。
次の更新も、もう少し日にちがあきますが
再開を始めますのでよろしくお願いします。


■ 去年発売した本なんだから表紙用意してよ~ 楽天ブックス!!

藤子・F・不二雄大全集 エスパー魔美(5)

さて、いきなり「ブッダ」の話から「魔美」に飛びますが
小さなつながりがあります。


 < 『マミを贈ります』より >

■ 高畑くんの話を聞く魔美
エスパー魔美 マミを贈ります ウサギ サル キツネ


■ ウサギとサルとキツネの登場
エスパー魔美 マミを贈ります ウサギ サル キツネ 老人


■ ウサギは命を引き換えに自らの肉を与えた
エスパー魔美 マミを贈ります ウサギ 火に飛び込む


■ 神様はウサギを月に連れてゆく
エスパー魔美 マミを贈ります 神様 老人 自己犠牲


なんとも痛ましく重たい内容ですね。
あまりにも衝撃的なので
様々な意見があるかと思いますが
手塚先生の「ブッダ」の話に戻ります。

「ブッダ」の第1話では
このウサギの話が出てくるのです。
(元はインドで伝えられた話です)

ウサギが火の中に飛び込み
真っ黒こげになるシーンは、マンガといえど
見るのもつらかった覚えがあります。

コンビニに置かれているブッダの単行本には
『読めばココロがきれいになる』という
うたい文句が添えられていました。
確かに、読み進めていくうちに
「心がきれいになる瞬間」が
読者に生まれるかもしれません。

この世界的な不況、不安定な情勢
国内も震災により、とても厳しい状況に置かれています。
この混迷の時代、「ブッダ」はまさに
読むにふさわしい書物といえることでしょう。

私は、自信を持って薦めたい1冊なのですが
「ブッダ」は仏教の話でしょう?宗教は苦手だなあ~、とか
哲学とか真理とか人生論って難しそうだなあ~、とか
そんな声も聞こえてきそうですね・・・

しかし、そんな心配はご無用です。
「ブッダ」は一度手に取り、読み始めたら夢中になります。
内容は、重く深く時につらいはずなのに、面白いのです。
本当に不思議なほど面白いのです。

『ブッダ』では、まさに手塚先生が『神様』と
呼ばれる所以を知ることができるでしょう。
手塚先生の円熟味がいかんなく発揮されています。

『ブッダ』を読み終えたとき、読み始める前の自分とは
大きな心の変化を感じることでしょう。
人生や世界の見方は変わり、視野も開けていることでしょう。
『人生を変える本』、それが『ブッダ』です。
映画化になるのもよいのですが
できたらアニメ化のブッダも見てみたいものですね~



 ブッダ 1巻 手塚治虫文庫全集 / 手塚治虫


冒頭で紹介したエスパー魔美の
「マミを贈ります」は1話無料配信をしている
小学館の公式サイトで読むことができます。


■ 「ためし読み」をクリックするだけですぐに読めます。
エスパー魔美 ためし読み

さて、次の更新は来週になります。
ブログは、来週から再開したいと思います






最終更新日  2011年05月22日 01時14分54秒
コメント(16) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


ブログ再開、おめでとうございます!   曽根スウプ さん
おはようございます♪

ぅわ!ブッダ展、行きたい!!!
6月26日までかぁ・・・無理だなぁ・・・。
夏休みまでやって下されば・・・。

「マミを贈ります」というタイトルに、ウサギの自己犠牲のエピソード・・・う~~ん、気になります。
マミちゃんも何か自己犠牲的な行いをするのでしょうか。
元々マミちゃんは人の為にあれこれ奮闘する娘ですけどね。
『エスパー魔美』は持っていなくて話もはっきり存じ上げないので、紹介して下さると助かります♪

手塚先生作品のテーマの一つに「自己犠牲」や「無償の愛」がありますが、『ブッダ』はその最もたるものかもしれませんね。
手塚先生のお話は辛いエピソードが多いので拝読前には気合を入れる必要がありますが、そこをグッと堪えて読み進むと大きな感動が待っていますよね。

全部は読み通していませんが、いつか読破したい作品のひとつです。

アニメも凄く気になります。

(2011年05月20日 09時40分42秒)

Re:魔美とブッダとウサギの話(05/19)   happy-gai さん
お久しぶりです。ブッダの映画は予告されていますね。外見よりもココロからでしょうね。 (2011年05月20日 10時43分48秒)

お帰りなさい♪   未来を夢見る月ウサギ さん
漫画が とうとう東京国立博物館で展示されるんですne^^♪
国宝や重要文化財やミイラがある国立博物館ですyo~ v(=^0^=)v
国宝級?

手塚治虫先生も喜んでいらっしゃるかもぉ

月ウサギの話は 仏教では老人ではなく修行僧に自分の身を捧げた話だと思うんだけどな
自分は何の役にも立たないからせめてこの身を捧げますというような
自己犠牲とその気持ちを讃え、ウサギの姿を月に写した
 それが月うさぎの本来の意味
日本では何故かウサギが餅をついているんだyone^^♪

自分の身を犠牲にして尽くすと言う意味ではボランティアの方々や
今福島原発で必死の作業をしている方々 自衛隊の方々など
沢山の方々が仕事の域を超えて実践されていて頭が下がります

映画化の企画は東日本大震災の前だと思うけど 今この時にピッタリですw

原作は学生時代 途中で挫折しているので(笑)
 どう描かれているのか楽しみ♪
 だけどぉ 東北で上映されるのかなぁ(;>_<;)
(2011年05月20日 14時44分19秒)

祝☆ご再開.:*・☆     風とケーナ さん
ネオさん、おかえりなさいませ♪
そして、ブログご再開を心よりお祝い申し上げます☆:゜*

『ブッダ』、読み始めたら夢中になるとの御言葉、大いに賛同いたします!
今度の映画も、できることなら手塚先生の絵のままで見たかったような気がします。
壮大な物語なので、是非、ネオさんの仰るように、長編アニメでも見たいですね(*^-^*)

(2011年05月20日 21時42分30秒)

再開ありがとうございます^^   リラ さん
こんにちは! いつも、上手に紹介されていて、さすが! とうならされます^^
ブッダは本当におもしろい漫画ですよね。
心が綺麗になる…というキャッチフレーズは、もし読む前に見てしまったら
少しばかり構えてしまったかも知れませんが、「確かに!」と感じます。
後年、先生が「ブッダなんて嫌い」と発言されたのを見てちとショックでしたが。。^^;
エスパー魔美のほうは、同じ自己犠牲でも、なんてハッピーなんだろう、
与える方も与えられる方も。手塚先生もやっぱり多くの漫画で「和解」を扱ってるけれど、
死んじゃうんですよね、その死の淵ギリギリのところでやっとわかり合えて。
でも、F先生は生きたまま、しかもその和解でもって自分も他人もみんな好きになれるっていう。
やっぱり、いいなぁ、漫画。

映画は…すいません、どなたが主演なのかも知らないや…(恥 (2011年05月21日 02時05分09秒)

Re:魔美とブッダとウサギの話(05/19)   Master P さん
お久しぶりです。

早速ですが、以前紹介された藤子先生のおとぎ話パロディに挑戦して、かぐや姫を書いてみました。ハチャメチャ度に挑戦です。

その後、ヨッパライもアップし、後3編書き溜めていますが、中にちょっとだけエスパー魔美に関連しないでもないパロディもあります。

(2011年05月21日 15時22分50秒)

曽根さんへ    ネオ・リーブス さん
ブッダ展は、マンガが本家の仏像と競演ですから
偉業ですね。昔では考えられなかったことですよね。
こうしたマンガの受け取られ方も嬉しく思います。

>元々マミちゃんは人の為にあれこれ奮闘する娘ですけどね。

そうですね。マミちゃんは超能力をイタズラに使ったりしませんからね。
世のため、人のため、とても献身的な女の子ですね。

>手塚先生作品のテーマの一つに「自己犠牲」や「無償の愛」がありますが、『ブッダ』はその最もたるものかもしれませんね。

自分と繋がりのない人間や動物を助けるために命を捧げる「自己犠牲」や
愛を語ることはありませんが、どんな極悪人に対しても
常に優しさをもって向かい合う人間愛は「無償の愛」といえるでしょう。

>アニメも凄く気になります。

アニメも製作して欲しいですね。
今、一番アニメ化を希望するのは「ブッダ」です 
   (2011年05月22日 01時10分02秒)

happy-gaiさんへ    ネオ・リーブス さん
>お久しぶりです。ブッダの映画は予告されていますね。外見よりもココロからでしょうね。

ご無沙汰しております。
ブッダの予告はご覧になられましたか。
「ブッダ」はココロに響く作品ですね 
   (2011年05月22日 01時20分50秒)

月ウサギさんへ    ネオ・リーブス さん
>国宝や重要文化財やミイラがある国立博物館ですyo~ v(=^0^=)v
>国宝級?

マンガというメディアも、手塚先生の作品も
国宝に近づいたということなのでしょうね。
きっと、天国の手塚先生も、ニコニコと喜ばれていることでしょう。

>仏教では老人ではなく修行僧に自分の身を捧げた話だと思うんだけどな

月ウサギさんは、お詳しいのですね。
2000年以上前からの説話ですから
どうしても正確さに欠ける部分もあるのかもしれませんね。

>自分の身を犠牲にして尽くすと言う意味ではボランティアの方々や
>今福島原発で必死の作業をしている方々 自衛隊の方々など

立派な方々ですね。尊敬すべき方々であり
見習うべき姿ですね。

> どう描かれているのか楽しみ♪

月ウサギさんのお近くでも映画が上映されると
いいですね。私も映画は見てみたいと思います 
   (2011年05月22日 01時57分48秒)

ケーナさんへ    ネオ・リーブス さん
>ブログご再開を心よりお祝い申し上げます☆:゜*

ありがとうございます。

>『ブッダ』、読み始めたら夢中になるとの御言葉、大いに賛同いたします!

ケーナさんもブッダを読まれたことがあると
以前、話されてましたね。やはり夢中になられたそうですね。

>今度の映画も、できることなら手塚先生の絵のままで見たかったような気がします。

時代の流れといいますか、色使いもずいぶんと明るくなってますね。
スタイルの違いを感じますが、手塚作品が21世紀でも
生き続けていることが嬉しく思います 
   (2011年05月22日 02時12分25秒)

リラさんへ    ネオ・リーブス さん
ご訪問、ありがとうございます。
ブッダのお話は、具体的な紹介ができず
物足りない形となってしまいましたが
コメントをいただき、ありがとうございます。

>ブッダは本当におもしろい漫画ですよね。

感動もしますし、感銘も受けますが、
何より「おもしろい」漫画なんですよね。

>後年、先生が「ブッダなんて嫌い」と発言されたのを見てちとショックでしたが。。^^;

確かに、そのような話をされてましたね・・・(苦笑)
ですが、そんな気持ちを抱えながらも
偉大なる名作を書き上げた手塚先生はやはりスゴイですよね~

>エスパー魔美のほうは、同じ自己犠牲でも、なんてハッピーなんだろう、

「マミを贈ります」は、ラストの1コマが
優しく暖かくハッピーですね。

F先生の作品は、基本的に
子供たちへのメッセージが込められてますね。
F先生自身が持っておられた童心を
子供たちへ伝えたかったのかもしれませんね~ 
   (2011年05月22日 02時57分13秒)

Re:魔美とブッダとウサギの話(05/19)   sala4649 さん
私も昨年、ブッタの本を買ました。5,6冊読んだでしょうか。一度は子供たちにも読んでもらいたいなと思いました。
映画、楽しみですね! (2011年05月23日 18時04分43秒)

お久しぶりです。   流れながら さん
もちろん、ブッダの映画を見に行ってきます。
今から楽しみですね!しかし、エスパーマミと「ブッダ」
にリンクがあったとは?

さすが、「トキワ荘」出身の先生ですね! (2011年05月24日 00時36分54秒)

Master Pさんへ    ネオ・リーブス さん
パロディは藤子先生に限らず、世界各国で
小説でも映画でも数多くありますね。
やってみると楽しいかもしれませんね。

>エスパー魔美に関連しないでもないパロディもあります。

超能力物は、幅広く書けますから
パロディにはうってつけかもしれませんね 
   (2011年05月26日 00時34分15秒)

salaさんへ    ネオ・リーブス さん
>私も昨年、ブッタの本を買ました。

salaさんも、読まれましたか。驚きです!
しかも、ブッダが広まる前ですね。

>映画、楽しみですね!

そうですね。今でもこうして
手塚作品が題材になるのは嬉しいことです 
   (2011年05月26日 00時36分27秒)

流れながらさんへ    ネオ・リーブス さん
>もちろん、ブッダの映画を見に行ってきます。

私も見に行く予定です。
ブッダは話題になりそうですね。

>しかし、エスパーマミと「ブッダ」
>にリンクがあったとは?
>さすが、「トキワ荘」出身の先生ですね!

きっとF先生も、手塚先生のブッダを読んでおられて
ウサギの話が印象に残っていたのかもしれませんね 
   (2011年05月26日 00時38分37秒)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.