3725215 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スコシフシギな世界-藤子・F・不二雄ブログ

PR

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

アバター

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まつもとネオ@ ジョージ織原 さんへ コメントありがとうございます。 そして、…
ジョージ織原@ Re:もしも他人の心を読めてしまったら… SF短編「耳太郎」(09/18) 耳太郎は、印象に深く残っている藤子作品…
まつもとネオ@ 空塚絶人さんへ 空塚さんは、東京メトロのメルマガまでも …
空塚絶人@ 秋はAの季節・・・autumn 東京メトロのメルマガは、映画のチケット…
まつもとネオ@ happy-gai さんへ Fの月、よかったですか。 ありがとうござ…

バックナンバー

2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月

購入履歴

2012年04月14日
XML
ブログのことは
いつも心の片隅にあり
「早く書かなければ、早く書かなければ・・・」と
内容は固まっているのに、なかなか進まず
時間だけが過ぎていってしまってます。

「3月末には更新」と、前回、皆さんに伝えておきながら
約束が守れませんでした。申し訳ございません。
おそらく『日記を書く作業』を
増やした方がいいのかもしれませんね~
これからは、「短くてもとりあえず更新」という形を
取って、ブログから離れすぎないようにしたなと考えています。

こんなことでは、町の平和を守るスーパーマンになっても
出動できない、ダメダメなスーパーマンになってしまいますね~

さて、紹介が遅れに遅れている
藤子・F・不二雄大全集第三期の作品を取り上げたいと思います。


【送料無料】中年スーパーマン左江内氏/未来の想い出


 < 『中年スーパーマン 左江内氏』by藤子・F・不二雄 >

左江内(サエナイ)という、ごく平凡なサラリーマンが
ごく平凡な日常を送っていた。ところが・・・


■ 仕事が終わり 帰宅する左江内氏


サングラスをかけた男が目に留まる・・・


■ なぜか家の前までつけてきた


サングラスの男が付きまとう理由は
なんと左江内氏を「スーパーマン」に誘うためだった!!


■ 何だか訳が分からず 無言の左江内氏


もちろん信じられるわけもなく、相手にしない左江内氏。しかし
鍵がなく家に入れなかったため左江内氏は、仕方なく男と居酒屋へ・・・


■ スーパーマンはテキトーに頑張ればいい



■ ハンカチのような物が なんと制服に早変わり


これを着れば、空を飛べ、強い力が得られ、文字通り「スーパーマン」に。
このスーツを見た者は、絶対に記憶に残らないという。

それでも、やはり信じる信じないに関わらず
左江内氏は、スーパーマンになることには興味を示さなかった。


■ なんと帰り道 自分の娘が男に絡まれていた


左江内氏には長男と、「はね子」という長女がいた。
娘のピンチに、左江内氏は、慌てて駆けつける


■ なんとしても娘を助けたい・・・


抵抗もむなしく、バイクの若者には歯が立たなかった・・・
左江内氏は、初めて「スーパーマンになりたい」と感じた。


■ スーパーマンのスーツを受け取る左江内氏


左江内氏は、わらをもつかむ思いだった。
スーツを受け取り、『中年スーパーマン左江内氏』誕生!!


■ バイクの男の前に立ちはだかる左江内氏


バイクは猛スピードで左江内氏に突入してきた・・・


■ バイクはパンチ1発でバラバラに!!


無我夢中のパンチも、見事に決まる。
スーパーマンの初仕事は、娘の救出。無事成功。

これを機に、左江内氏はスーパーマンとなった。
サングラスの男も、満足そうに去っていった。


  < 『中年はもてる・・・か?』の巻 >

■ 職場の若い女性から手紙を受け取る左江内氏


「公園で話がしたい」と書かれていた。
妻子ある身の左江内氏に、思わぬロマンスが!?


  < 『はね子がポルノを!!』の巻 >

■ 娘宛のラブレターを見た母親


思春期の娘に届いていたラブレターには、いやらしい内容が・・・
左江内氏は、どうにも心配でたまらない。

こうした親子問題も、今までの児童漫画とは一味違いますね。
さて、父はどうするのか?


  < 『おれはこの家 出て行くぞ』の巻>

■ 家出気分で海に来た左江内氏だったが・・・


服を着たまま海に入る少女が・・・


■ なんと少女は自殺を図った


泳げない左江内氏だったが、スーパーマンの力で、必死に救出した。
いくら説得しても、気が変わらない少女・・・ 果たして・・・


  < 『血潮の海に・・・・・・』の巻 >

■ 真っ赤な血を流しながら倒れている自分の姿が・・・


ある日、突然幻覚が見え始めてしまう。
何とそれは、近い未来を映し出していた・・・


■ 自分の死を考え、悩み苦しむ左江内氏



  < 『スーパーマン左せん』の巻 >

■ 左遷されるとの噂を聞かされる左江内氏


行ったら帰ってこれないという「片道切符」の転勤が待ち構えていた。
こうした中年の悲哀が、作品の中で微妙な渋さを出しています。


  < 『はね子に勉強させる方法』の巻 >

■ 幼稚園児と家庭教師


遠足を楽しみにしていた男の子だったが、教育ママの方針で遠足は禁止に。
まだ幼稚園児なのに、家庭教師までついていた。


■ 母親に直訴しに行く左江内氏


しかし、出世していない左江内氏には説得力はなく
母親に、いい負かされてしまうのだった。


■ 子供を連れて空を飛ぶ


左江内氏は、この子供ために何もできず肩を落とす。
最後に、スーパーマンの力で、ひと時の夢を与えてあげた。

藤子作品に子供心を求める私としては
このシーンが、とても印象的でした。


社会で悩みを抱えた人々の登場。
昇進もできず左遷におびえる中年サラリーマンの哀愁。
年頃の子供を持つ親の心配の種など、作品では
まさに大人(中高年)の日常が溢れています。

子供向けの作品が多い、F先生ですが
「中年スーパーマン左江内氏」では、新しい一面がうかがえます。

本作品は、大全集以外のコミックでは、入手ができませんので
『未来の想い出』という、壮大な長編作品も収録していますので
ぜひとも、皆さんに読んでほしい!!と切実に願ってしまう1冊です。

同時収録の『未来の想い出』の紹介は、次回の予定です。
毎度お待たせでご迷惑をおかけしておりますが、今後もよろしくお願いします






最終更新日  2018年01月02日 22時26分05秒
コメント(18) | コメントを書く
[『中年スーパーマン 左江内氏』] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:冴えないけれどマジメに働く 『中年スーパーマン 左江内氏』(04/14)   紅のかりめろ さん
おはようございます!
お元気そうですね~

無理せずブログを楽しんでください。
読むのを楽しみにしている方も多いと思いますが(私も含め)ネオさんが負担に思わずに近況を書いて下さるだけでも楽しみなものですよ~

今日の日記は力入っていますね。
半分しか読めなかったので帰ってからまた来ます!! (2012年04月15日 06時53分52秒)

Re:冴えないけれどマジメに働く 『中年スーパーマン 左江内氏』(04/14)   sala4649 さん
いつもありがとうございます。
無理のないように更新して下さいね! (2012年04月15日 09時19分09秒)

Re:冴えないけれどマジメに働く 『中年スーパーマン 左江内氏』(04/14)   happy-gai さん
『血潮の海に・・・・・・』の巻の結末が気になります。
スーパーマンは他人との係わり合いが不可欠ですから人生は180度変わりますね。 (2012年04月15日 15時47分49秒)

ちょうど(笑)   未来を夢見る月ウサギ さん
1週間ぶりにブログを開いたらちょうど更新でしたne^^♪

左江内氏の未来も気になります。果たして生き残れるのでしょうか……
こういう作品があるとは、まったく知りませんでした。
買うのは難しいから図書館で大全集そろえてくれないかなぁ
結末が気になりますne^^♪ (2012年04月15日 21時11分12秒)

こんばんは☆彡   風とケーナ さん
中年スーパーマンの漫画まで創作されていたなんて、新鮮です!

ごく普通のサラリーマンである左江内氏のスーパーマン姿に、
誰でもスーパーマンになりうる素質があるんじゃないかと、
なんだか勇気づけられる思いがします。

私たちみんなが、無理の無い範囲で、
今よりちょっと多い強さや優しさを他者のために発揮していったら、
みんながお互いのスーパーマンになりえるのかもしれませんね(*^-^*)

いつも素敵な作品のご紹介をどうもありがとうございます♪

(2012年04月15日 22時06分44秒)

プロフィールの画像も消えちゃったままですね~   空塚絶人 さん
一般的な知名度では映画化もされた(原作とはかなり違うんでしょうけど・・・)「未来の想い出」の方が知られてると思うんですけど、表紙のメインタイトルに左江内氏を持ってきたところが、なんかいいですね。 (2012年04月15日 22時23分21秒)

Re:冴えないけれどマジメに働く 『中年スーパーマン 左江内氏』(04/14)   闇 天 さん
久しぶり~~♪
書きたくても書けない、うん、その気持ちはわかるよ。
でもそういう時もあるから、そういう時は 休むのだ。
アイディアを寝かせてたら、いつかきっと暇な時もくるんだ。
ワシ、震災前から書く時間がなくなってきて、一年以上、ぼちぼち更新だったけど、
やっと
自分の時間というものが返ってきたよ。
だから今は楽しくなってきた。ブログも三日に一回くらい書けてるかも~♪ネオちゃんも無理せず、不本意ながら短文で書くのもよいと思うよ。書いてないとだんだん、書けなくなってくるから困ったものなんだ。

左江内氏は好きだね~~。
絶対、ヒーローになりそうにない人をヒーロー&ヒューマンドラマにしてしまうのが藤子先生のすごいところだよね。

実在してたら、絶対ヒーローになりそうにない人・・ブービー(猿だし)とかパーやんだねえ^^ (2012年04月16日 00時34分00秒)

Re:冴えないけれどマジメに働く 『中年スーパーマン 左江内氏』(04/14)   Master P さん
胸の”〇左”のマークが良いですね。つまりオーダーメイドという事ですね?しかし、全然この漫画の存在すら知りませんでした。

おじさんが居間でラクダの股引はくみたいにスーツを着ていたり、教育ママに膝詰め談判とかが良いです。

(2012年04月16日 02時07分54秒)

更新、嬉しいです♪   曽根スウプ さん
こんばんは♪

ネオさんはとても丁寧に細かく藤子先生作品を取り上げられるので、お時間のある時に気合いを入れてとりかからないといけないから、しょっちゅうはお書きになれないんですね。
拝見するのは嬉しいですが、ご無理はなさらないで下さいませ。

左江内氏の運命が非常に気になります。
サングラスの男の目的は何なのか・・・。まさかただのボランティアじゃないでしょうし。

どの話もいいですが、教育ママの話が一番興味深かったです。幼稚園児の泣き顔が切ない・・・!
子供から遠足の楽しみを奪うなんて懲役ものです。←
ふたことめには「子供のため」と主張する親は、結局「自分のため」に動いているんだろうなって思います。
この母親が変わらない限りこの幸せは一瞬のものでしかないと思うと、何も出来ずせめて子供を背に乗せて空を飛ぶ左江内氏の憂い顔、「ゆめでもいい」と喜ぶ子供の笑顔が切ないです。
でもこの記憶は子供の中で一生輝き続けますよね。
どうかこの笑顔が曇りませんように。

ホントF先生の話は押し付けがましくなくさらりと泣かせてくれます。考えさせられもしますし・・・。

催促するわけではありませんが、『未来の記憶』の紹介も楽しみにしていますね。
勿論お時間のある時に。
(2012年04月16日 02時36分44秒)

かりめろさんへ    ネオ・リーブス さん
>お元気そうですね~
>無理せずブログを楽しんでください。

元気にしております。
無理しないのが一番ですね。

>ネオさんが負担に思わずに近況を書いて下さるだけでも楽しみなものですよ~

負担だと感じさせてしまうようないい方でしたね。
失礼しました。そんなことはないですよ~
楽しみといっていただけると、すごく嬉しいですね。
ありがとうございます。
もう少し、更新を増やしていけたらいいなと思います 
   (2012年04月25日 02時56分43秒)

salaさんへ    ネオ・リーブス さん
>無理のないように更新して下さいね!

そうですね。それがいいと気づいたので
更新に時間を頂いております・・・
といっても、長すぎてもよくないので
上手くバランスを取りながら更新していきたいですね~ 
   (2012年04月25日 03時57分19秒)

happy-gaiさんへ    ネオ・リーブス さん
>『血潮の海に・・・・・・』の巻の結末が気になります。

ピンチはありますが、大丈夫です。
左江内氏は、乗り越えていきます。

>スーパーマンは他人との係わり合いが不可欠ですから人生は180度変わりますね。

この作品で、私たちも疑似体験ができますが
想像以上の人生になるかもしれませんね 
   (2012年04月25日 04時01分44秒)

月ウサギさんへ    ネオ・リーブス さん
>こういう作品があるとは、まったく知りませんでした。

ファンでも、あまり知られていないと思います。
約20年前に、藤子不二雄ランドで1度発売されたきりですからね。
再販もなく、忘れ去られた存在でした。埋もれた名作です。

>図書館で大全集そろえてくれないかなぁ
>結末が気になりますne^^♪

そうですね。学校の図書館にも置いてほしいですね。
子供たちにも、読んでもらいたいと願ってしまいます 
   (2012年04月25日 04時04分31秒)

ケーナさんへ    ネオ・リーブス さん
>中年スーパーマンの漫画まで創作されていたなんて、新鮮です!

ごく平凡な中年おじさんを主人公にしてしまうのは
見方によっては新線ですよね~
読者の年齢層が高い雑誌ということで
F先生も、大人を主人公にと考えられたのでしょうね。
SF短編でも、雑誌によって年齢層を意識されてました。

>私たちみんなが、無理の無い範囲で、
>今よりちょっと多い強さや優しさを他者のために発揮していったら、
>みんながお互いのスーパーマンになりえるのかもしれませんね(*^-^*)

本当に、その通りだと思います。
超能力がなくても、少しの強さ、やさしさで
世のため、人のため、役に立てるはずなんですよね。
ケーナさんの言葉を、社会に広めたいと思いました 
   (2012年04月25日 05時19分21秒)

空塚さんへ    ネオ・リーブス さん
プロフィール画像が消えてるのは気づきませんでした。
早いうちに貼ろうと思います。

>「未来の想い出」の方が知られてると思うんですけど、表紙のメインタイトルに左江内氏を持ってきたところが、なんかいいですね。

なるほど。いわれてみれば、そうですね。
両方とも知名度は高くありませんが
どちらかといえば「未来の想い出」の方が
表紙に来そうですよね。小学館なりの
コンセプトがあったと見えますね 
   (2012年04月26日 03時36分41秒)

天さんへ    ネオ・リーブス さん
>アイディアを寝かせてたら、いつかきっと暇な時もくるんだ。

時間ができるといいんですけどね~
書くことは決まっているので、タイミングですね。

>書いてないとだんだん、書けなくなってくるから困ったものなんだ。

まさに、そのとおりなんですよ。
むかしは、もっと早く書けていたんですけどね・・・
やはり、長さよりも回数ですね。短くても更新増やしたいですね~

>絶対、ヒーローになりそうにない人をヒーロー&ヒューマンドラマにしてしまうのが藤子先生のすごいところだよね。

主人公は、皆平凡ですからね(笑)
これが幅広い読者にウケるポイントでもありますね 
   (2012年04月26日 03時44分17秒)

Master Pさんへ    ネオ・リーブス さん
>胸の”〇左”のマークが良いですね。つまりオーダーメイドという事ですね?

実は、どうして"○左"のマークが入ったのかは
何も書かれていません。オーダーメイドしたとも思えないので
持ち主のロゴが付くスーツなのかもしれませんね(笑)

>おじさんが居間でラクダの股引はくみたいにスーツを着ていたり、教育ママに膝詰め談判とかが良いです。

中年のおじさんらしさも、にじみ出ているんですよね。
そうした日常性は、藤子先生の持ち味の1つですね 
   (2012年04月26日 04時36分55秒)

曽根さんへ    ネオ・リーブス さん
>拝見するのは嬉しいですが、ご無理はなさらないで下さいませ。

お気遣い、ありがとうございます。
無理はしないので、気軽に楽しく更新していきたいです。

>サングラスの男の目的は何なのか・・・。

いろいろな話を紹介したかったので
第1話をはしょってしまいましたが、サングラスの男には
深い理由はなく、引退したいので後釜を探していた所なのですよ~

>ふたことめには「子供のため」と主張する親は、結局「自分のため」に動いているんだろうなって思います。

特定の学校に入れたいと力を入れる教育ママの方々も当てはまりますね。
子供のためよりも、見栄なのかなと思います。

>でもこの記憶は子供の中で一生輝き続けますよね。
>どうかこの笑顔が曇りませんように。

楽しい夢としてずっと心の中に残ることでしょう。

>ホントF先生の話は押し付けがましくなくさらりと泣かせてくれます。考えさせられもしますし・・・。

この話で、左江内氏が説得に成功しないことが
逆に深みを増していますね。押し付けもなく見事な構成だと思います。
どうすべきかは、読者が決めるという形ですね。F先生らしいです。

「未来の想い出」にも興味を持っていただき、ありがとうございます。
大全集の作品はすべて紹介する予定です。
どうぞ、気長にお待ちくださいませ。よろしくお願いします 
   (2012年04月26日 04時46分28秒)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.