3770223 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スコシフシギな世界-藤子・F・不二雄ブログ

PR

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

アバター

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まつもとネオ@ ジョージ織原 さんへ コメントありがとうございます。 そして、…
ジョージ織原@ Re:もしも他人の心を読めてしまったら… SF短編「耳太郎」(09/18) 耳太郎は、印象に深く残っている藤子作品…
まつもとネオ@ 空塚絶人さんへ 空塚さんは、東京メトロのメルマガまでも …
空塚絶人@ 秋はAの季節・・・autumn 東京メトロのメルマガは、映画のチケット…
まつもとネオ@ happy-gai さんへ Fの月、よかったですか。 ありがとうござ…

バックナンバー

2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月

購入履歴

2014年01月13日
XML
遅いあいさつになりますが
明けましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

お正月といえば、よく映画を見に行きました。
元旦は、友達と劇場へ行くこともありました。
多くの映画館では、毎月1日は\1000で
見られる「サービスデー」を、実施しているので
元旦はお得です。意外と混んでないのもいいです。

藤子・F・不二雄先生は
「男はつらいよ」が、好きだったという話を
聞いたことがあります。もしかしたら
お正月には、寅さんを見に
行っていたかもしれないですね。


主人公が、ぶらり出かけたところに
ひっそりとたたずむ映画館があった。
辺ぴな場所で、まさかの新作映画の上映が・・・!?
いつものダークなストーリーとは一転変わった
映画(パロディ)を題材にした
藤子・F・不二雄先生のスコシフシギな
SF短編『裏町裏通り名画館』を読んでみましょう。


■ 男は 裏日本の裏町の裏通りへ




■ なんと映画館があった


入口にある、公衆電話が時代を感じますね~


■ 『スター・ウォーズ』と『南極物語』・・・かとおもいきや?


公開したての映画が2作同時上映。
これには、男も大喜び。


■ 男が気づくのは映画を見終わってからのこと


「北極物語」というネーミングはありですが
「ヌター・ウォーズ」って・・・
F先生!この無理やり感、好きです(笑)


■ 映画が始まります


「北極物語」は、架空の映画(パロディ)ですが
元になった映画『南極物語』は、私の母は見たことがあり
ノンフィクションを基に作られた、大ヒットした作品です。


※ おまけ情報
○ 『南極物語』1983年公開&高倉健主演 北極でのロケあり
○ 『スター・ウォーズ』1983年公開 SF映画の頂点ともいえる超大作
○ この短編も1983年の作品です。



■ 何かがおかしい・・・


高倉健が出てくるはずなのだが・・・


■ 主役はアザラシ母子



高倉健の登場を待っていた主人公が
いつの間にか、アザラシ母子に
感情移入をしてしまうという展開が
なんとも笑えてしまいます。


■ 次の映画が始まる


ようやく大作SF映画がスタート
男の胸も高鳴る。


■ ヨサーク少年にオハナ少女・・・?


またしても、何かが違う。


■ 違和感再び・・・




■ ヨサークは戦場へ行くことに・・・




■ ヨサークに友達ができる



チバタマという造語は
おそらく千葉と埼玉を組み合わせたものでしょう(笑)


■ 思わぬ展開が・・・


友人のタゴーサクを失い、涙を流すヨサーク
そして、ヨサークは覚悟を決める。
特攻隊のごとく、敵の戦艦へ玉砕するのでした・・・


あれ? これは、まるで
日本の戦争映画のような流れでは・・・?

なんとも、ズッコケSF短編です。


『スターウォーズ 』はいくつもエピソードが
ありますが、このSF短編が発表された1983年は
『スターウォーズ /ジェダイの帰還』が
公開されています。


主人公が見た映画は、全然『名画』ではなかったのに
タイトルが『名画館』という
なんとも皮肉というか、ユーモアというか
F先生の遊び心がうかがえます






最終更新日  2014年01月13日 18時08分26秒
コメント(20) | コメントを書く
[『藤子・F・不二雄 先生』 SF短篇 Perfect] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.