3770209 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スコシフシギな世界-藤子・F・不二雄ブログ

PR

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

アバター

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まつもとネオ@ ジョージ織原 さんへ コメントありがとうございます。 そして、…
ジョージ織原@ Re:もしも他人の心を読めてしまったら… SF短編「耳太郎」(09/18) 耳太郎は、印象に深く残っている藤子作品…
まつもとネオ@ 空塚絶人さんへ 空塚さんは、東京メトロのメルマガまでも …
空塚絶人@ 秋はAの季節・・・autumn 東京メトロのメルマガは、映画のチケット…
まつもとネオ@ happy-gai さんへ Fの月、よかったですか。 ありがとうござ…

バックナンバー

2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月

購入履歴

2016年08月18日
XML
前回の日記で
「神」の話をしましたが
「ピン!ときた」といったのは
神様(福の神)が出てくる
SF短編を思い出したからです。

それでは
藤子・F・不二雄先生の
スコシフシギなSF短編
『福来たる』を
紹介したいと思います。

・・・と、その前に。
本日の日記タイトルには
『アメブロver.』と入っています。
実は、『福来たる』は以前にも
紹介したことがあるためです。

私は今、楽天ブログを引っ越ししまして
アメブロで活動をしていますが
SF短編の日記だけは、楽天とアメブロ
両方で公開しようと考えました。
内容に、全く変わりはありませんが
アメブロ~藤子・F・不二雄ブログ
↑こちらでも読むことができます。
コメントは、こちら楽天でも
アメブロでも、どちらでも大歓迎です。

< ストーリー >

職場の仲間と仕事帰りに
酒を飲み、かなりよっぱらった
ごく普通の平凡なオジサン

■よっぱらったおじさんが見たものは!?



■ オジサンは神様らしき者に声をかける



■ 正体は福の神だった!!


福の神は、今の世の中に
うんざりしていました。
福の神は「昔はよかった」と昔の話を
始めます。たった1匹の干し魚で
大喜びされた時代もあったといいます。


■ 福の神と話すオジサン


しかし、オジサンは酔っているせいもあり
迷信は信じる、UFOとかマユツバの話が
好きであるとか、余計なことをいってしまいます。
そして、福の神のご機嫌を損ねてしまい
その場から去ってしまいました。


■ 戻ってきた福の神
福来たる 藤子・F・不二雄 SF短編 福の神 枕元 神通力

布団に入り、オジサンが
寝ようとしたところ
福の神が戻ってきてくれました。


■ 福の神は現代社会に驚く
福来たる 藤子・F・不二雄 SF短編 福の神 蛇口の水 ウォークマン

昔は水にさえ苦しむ時代がありました。
そんな時代を知っている福の神にとっては
蛇口からの水は、驚きの光景でした。


■ 現代人は食べ物を粗末にする


食べ物を捨てる光景に
福の神は絶句してしまいます・・・

■ 福の神は理解に苦しむ


水にも、食べ物にも、お金にも
現代人は、困っていない・・・
そんなオジサン家族を見ていて
福の神は「あんなに豊かに暮らしながら
その上、何を望むのだ」と語ります。


■ 涙が出るほどの幸福感とは何なのか・・・



オジサンは、宝くじの1等を
福の神の力で当ててほしいと
欲望をぶつけます。
しかし、福の神が
そんなことはできないというと
オジサンは激怒し「貧乏神」と文句をいいます。

それに怒った福の神は、オジサンを
タイムスリップで遠い昔の時代に送って
しまうのでした・・・

福の神はこう考えるのです。
食べ物などもろくになく
暮らしの不便さなど
昔の世界で身に染みるほど苦労すれば
オジサンが現代に戻ったとき
涙が出るほどの幸福を感じるであろうと。


『福来たる』は、このようあらすじです。
↓こちらの本に収録されています。
 SF短編PERFECT版 7巻 または
 藤子・F・不二雄 SF短篇集 3巻(下記)で読むことができます。


藤子・F・不二雄SF短篇集(3) [ 藤子・F・不二雄 ]

福の神が、オジサン家族の食べ物が
捨てられる光景に「命の綱の食べ物を」と
目をくらませる描写がありますが
戦後間もない頃、私たち日本人は
皆、お腹をすかし食べ物がない時代を
過ごしてきました。
これは、遠い昔話ではありません。
私も、祖父母から、むかしの日本は
「食べ物がなく昆虫を食べていた」
という話はよく聞きました。
F先生が子供の頃も、まだまだ日本は
豊かではありませんでした。
福の神が、現代の豊かな生活に驚く場面も
F先生の経験、体験からにじみ出ている
のではないでしょうか。

食べ物も食べたい時にある
水も欲しいときにいつでも得られます
そんな幸せで贅沢な環境にあることを
私たちは忘れてしまっているかもしれませんね。

幸せとは、高望みをすることではなく
欲望を満たすことでも
他人と比較することでもなく
感謝の気持ち、ありがたみの心を
持つことなのかもしれませんね。

「豊かに暮らしながら
その上、何を望むのだ」
という福の神のセリフは、F先生からの
現代人への問いかけなのではないでしょうか






最終更新日  2016年08月26日 00時59分11秒
コメント(0) | コメントを書く
[『藤子・F・不二雄 先生』 SF短篇 Perfect] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.