3679120 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スコシフシギな世界-藤子・F・不二雄ブログ

PR

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

『藤子・F・不二雄 先生』の話

2018年09月30日
XML
9月3日はドラえもん誕生日です。
藤子・F・不二雄ミュージアムの誕生日も同じく9/3です。
9月23日は、藤子・F・不二雄先生の命日になります。

そういうわけで、私には
「9月はFの月」という感覚があります。

9月といえば、この曲かな~と思います。



♪9月はさよならの国♪

なんともせつないですね・・・

竹内まりやさんのSeptemberの中に
「トリコロール」と出てきますが
トリコロールカラー(赤、青、白)は
ドラえもんの顔ですよね~






最終更新日  2018年10月03日 22時47分30秒
コメント(2) | コメントを書く


2014年09月23日

9/23 ブログの更新は
してなかったのですが
アクセスが1000を超えていました。

アクセスの多さよりも、F先生のことを
意識されている方が多いんだなあと
嬉しくなりました。

9月23日は藤子・F・不二雄先生の命日です。
きっと私が日記を更新すると
この日に訪問された方は、思っていたのでしょう。
日記がなくスミマセンでした。

さて、この日記を書いている、今現在は24日の深夜です。
日付が変わって25日の朝ですが
「9/23の日記」としてUPしました。
ちょっとズルいかもしれませんが
とても大切な日なので、ちょっと日にちを
動かしてしまいました。

■ 本日の<Fの1コマ>



またはコチラをクリック→<YouTubeで直接見る>

F先生と作品に引き寄せられるようなイメージ・・・
そして、これからも多くの方々にブログを見に来ていただけるように
そんな意味を込めて選びました。

F先生が異次元の世界へ行かれて、早18年が過ぎました。
9/23の命日は、私のようなファンや、関連のサイトでしか
取り上げられないと思っていましたが
意外なことに「日刊スポーツ」のサイト
『9月23日=今日はどんな日』という記事で
なんと、F先生のお名前が!!

>▼漫画家藤子F不二雄さんが急死、62歳(1996)

あれから18年。今もマンガを描き続けていたならば
80歳ということになります。なので今年は
62歳プラス18年で「藤子・F・不二雄生誕80年」なのであります。


☆藤子・F・不二雄先生の伝記が発売

『藤子・F、長谷川町子ら、中高生向けの伝記に』というニュース
がありました。子供向けの伝記本「学習まんが人物館 藤子・F・不二雄」
という本は発売されており、私は持っています。
今回が初という訳ではありませんが、学生向けの本なので
このシリーズでは、アインシュタイン博士やネルソン・マンデラ氏などが
ラインナップに並びます。F先生の位置づけが非常に高いものであるとうかがえます。


小学館版学習まんが人物館【1000円以上送料無料】藤子・F・不二雄 こどもの夢をえがき続けた「ドラえもん」の作者/さいとうはるお


☆スコシフシギな短編が、世にも奇妙な物語に!!

上記と同じサイトで『藤子・F「未来ドロボウ」世にも奇妙な物語に』という
記事を見つけました。これも「生誕80周年」の効果でしょうか。
10月18日にフジテレビで放送されるとのことです。

先日、私の好きな西村京太郎氏の作品が、ドラマ化され
放送前には、『殺人偏差値70 by西村京太郎』の日記で触れましたが
その後、感想は控えていたのですが、実は、個人的にはTVドラマは気に入ることはできず
作品の出来も非常に低いものでした。

F先生のスコシフシギな短編が注目され、取り上げられることは
本当に嬉しく思うのですが、西村氏の小説ドラマ化と同じく
正直、TVでは表現しきれないのでは・・・という危惧もあります。

よろしければ、私のブログでも紹介済みの
SF短編『未来ドロボウ』(010年09月24日)の日記をご覧下さい。
勉強に夢中だが高校進学が断たれ絶望する少年と
人生の成功者で大富豪だが、高齢で病気を抱える老人が
入れ替わってしまうというストーリーです。

二人の人間がアクシデントにより入れ替わるというストーリーは
目新しいわけではなく、小説、ドラマ、映画などでもよく使われています。
『未来ドロボウ』では、少年の若さというものを、大人の目線から
「明るく素晴らしいもの」として描かれています。

老人の男性が少年と入れ替わり、若さを手にいれ
「しあわせすぎる・・・」と涙を流すシーンは短編の切れ味が出ています。
長く説明しすぎると、理屈っぽくなってしまいます。この辺の描写が巧みです。
この短編の中に私の好きなセリフがあります。
それは、またTV放送日が近づいてきたらお話したいと思います。

以前、WOWOWでもF先生のSF短編が実写化ドラマになりましたが
やはり難しいものなんだなと感じました。
『値ぶみカメラ』はまずまず、『ボクラ共和国』は割とよかったです。

「先生の作品は今でも注目され人気を集めていますよ」
天国のF先生、空の上から眺めておられますか?






最終更新日  2014年09月25日 04時34分13秒
コメント(10) | コメントを書く
2014年08月25日
今月ブログ5周年を迎えたわけですが
そのときにブログのトップ画像も変えようと
準備していたのですが、間に合いませんでした。
人生計算通りにはなかなか行きませんね~

この画像は、多くの人が分かっているかも
しれませんが、現在公開中の
3DCGのドラえもん映画から画像を拝借しております。
この画像を起用した後に、映画を見て
感想の日記を・・・と思っていたのですが
まだ、映画は見に行ってません。
計画通りには行きません。

ところで、背景画像でも表示していますが
今年は藤子・F・不二雄先生の生誕80周年です。
F先生は1933年12月1日生まれです。
昨年2013年の12/1に80周年を迎えました。
なので、今年12/1が来るまでは
F先生の80周年期間となります。

ちなみに8/7はのび太くんの誕生日です。


まあ、人生いちいち計画通りに進める必要もないですかね。
『いっしょうけんめい、のんびりしよう』
というのび太のセリフがありますが
時には、こんなゆったり精神でもいいのかな~

急いでいるから、イライラする。
慌てるから、ミスをする。
自分のことしか考えなくなるから人に迷惑をかける。

でも、のんびりしたら↑上記のことは減ると思います。
さて、のびるかな~
※のび太のように振舞う→のびる【動詞】

それでは、皆さん、のびましょう~音符






最終更新日  2014年08月25日 21時12分13秒
コメント(8) | コメントを書く
2013年12月31日
編集長へ手紙を出し
自ら連載陣から降りることを
申し出た藤子・F・不二雄先生・・・
詳しくは、前回の『中編』をどうぞ。

苦悩を抱え、行き詰まりを感じながらも
児童漫画の在り方を見つめなおし
紆余曲折を経て、生まれた作品が
F先生のライフワークとなる
『ドラえもん』でした。


長らくお待たせいたしました。
『NHK プロフェッショナル 藤子・F・不二雄』の最終回です。

■ F先生のドラえもんの描き方

藤子・F・不二雄 NHK プロフェッショナル えびはら武司 ドラえもん

元アシスタントで漫画家の
えびはら武司さんのお話です。

【 「ドラえもん」をとても愛してました。やっぱりね。大好きで。
  藤本先生はペンを太く開いてグーって描いてたから
  こんなことしないで、マジックで描けばすぐに
  終わるのにって思ったけど、やっぱりそういうのって
  ペンで一生懸命入れたいっていう愛情なのかなって
  思うときもありましたよね。原稿は丁寧だったと思いますね。
  一生懸命描いてたっていう。毎回ね 】


一般に認知されている
大山のぶ代さんの「ドラえもん」及び
現在放送中の「ドラえもん」が
テレビ朝日で放送される前に、実は
日本テレビで、一番最初の「ドラえもん」が
放送されていました。
けれど、人気が出ず1年を持たずに終了となりました。
アニメのドラえもんの終了に伴い
マンガの連載も終わりにしよう、という
流れが起きてしまいました。

■ ドラえもんの連載終了を告げられるF先生
藤子・F・不二雄 NHK プロフェッショナル 苦悩

「アニメが終わったからって、どうして
原作の漫画まで終わらないといけないんでしょうね」

※ 画像とセリフは再現ドラマです


F先生は、納得のいかない気持ちでしたが
渾身の思いをぶつけて、最終回を描きます。
そして、学年誌(「小学○年生」の雑誌)に
最終話が掲載されたのでした。


一度は終わりかけた「ドラえもん」ですが
どのようにして復活したのでしょうか・・・

連載をまとめた単行本が発売されると
凄まじい勢いで売れ行きが伸びていきます。
そして、わずか1年で100万部を突破するのでした。
ドラえもんの人気は、こうして確立していくのでした。


それでは、改めて
最終回の『さようなら、ドラえもん』を
見つめてみましょう。


ドラえもん(6)[ 藤子・F・不二雄 ]


■ 別れは突然やってくる


嫌がるのび太。


■ 心配するドラえもん


ドラえもんは、とにかくのび太のことが気がかりだった。


■ 空き地でジャイアンと出くわすのび太


夜中、ドラえもんとちょっと離れたすきに
のび太は、ジャイアンと1対1のケンカをします。


■ 何が何でもくらいつくのび太


のび太が戦っているのは
自分のためではなく、ドラえもんのため。


■ ドラえもんがのび太を探していると・・・


傷だらけにったのび太を発見・・・
そして、のび太が布団に入り、寝顔を見届けると
ドラえもんは、未来に帰っていったのでした。



まさか、これが編集部の命令で描かされた最終回であり
作者には無念の気持ちがあったと、当時
一体誰が気づいたことでしょう。

たった9ページ(扉絵含め10ページ)だけで
少年の、ごく平凡な日常の描写だけで
驚くようなラストの展開などもなく
読んだ者全ての胸に響く、忘れられない名作を
生み出せてしまうのは、F先生の天才的な部分なのでしょう。


みたろ、みんな。
更新したんだよ。

ぼくひとりで。
もう安心して年越しできるだろ、みんな。


ということで、今年最後の更新です。
それでは皆さん、また来年お会いしましょう~
どうぞ良いお年を~






最終更新日  2013年12月31日 02時53分50秒
コメント(10) | コメントを書く
2013年12月02日
ドラえもんをはじめ
数々のヒット作を生み出した
F先生ですが、その道のりは
決して楽なものではありませんでした・・・

それでは、前回の続きです。


■ F先生は富山県の高岡で生まれ育ちました

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 藤本弘 富山 高岡 家族

F先生が生まれたのは80年前の
昭和8年12月1日です。
「先生、お誕生日おめでとうございます!!」


■ クラスメートの方も登場

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 藤本弘 同級生 加藤日出夫

小学生の時、隣の席だったという
同級生の方がF先生のことを話してくれました。
病弱だったF先生は、小5の頃
長期休学していたそうです。


このことは、初めて知りました。
外見はひ弱そうで、運動も苦手だったそうです。


■ 空想が僕の救いだった

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 藤本弘 空想が僕の救いだった

学校では居場所がなく、得意なものもない。
そんな少年にとっては、「空想」は
楽しみであり、夢であり、希望であったのではないでしょうか。


■ A先生がくる!!

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 転校生 安孫子素雄

そんなF先生の前に、藤子不二雄A先生こと
安孫子素雄少年が、転向してくるのでした。

お互い絵を描くという共通点から、すぐに意気投合し
皆さんご存知の通り、2人はその後
「藤子不二雄」となるのでした。
まさに、運命の出会いです。


■ 漫画家になるのは運命だった

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 藤子不二雄A 運命的

【 運命的に漫画家になるべくして
  生まれてきた人だと思うんですよね 】
by 藤子不二雄A先生

F先生は「運命」で漫画家になり
A先生は、F先生に導かれ「宿命」で
まんが道をゆく人生になったのではないでしょうか。


■ 「オバQ」の視聴率は40%に迫る勢い

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル オバケのQ太郎 白黒アニメ

上京から10年。
今や伝説となった「トキワ荘」で、漫画家生活を送っていると
A先生との合作『オバケのQ太郎』が大ヒット。
さらにアニメ化となり「藤子不二雄」の名が
日本中に知れ渡り社会現象となります。


■ 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督も影響を受ける

ALWAYS 三丁目の夕日 トキワ荘 監督 山崎貴 ドラえもんの影響


■ 映画の中のシーンもドラえもんから影響が

ALWAYS 三丁目の夕日 監督 山崎貴 ドラえもん 日常と空想がつながってる世界

【 一作目(映画"ALWAYS")の時には
  子供たちが空想科学小説読んでると
  世界がそういう世界に広くなってしまったりとか
  なんか日常と空想がつながってる世界みたいな感じというのは
  自分の中にすごく重要なモノとしてあって
  それは「ドラえもん」だったり →→  】 
 

■ 未来を信じられる気持ち

ALWAYS 三丁目の夕日 監督 山崎貴 ドラえもん エネルギー 幸せな気持ち 未来

【 →→ あの世界観が持っていた、エネルギーや幸せな気持ちや
  未来を信じられる気持ちや「いいもの」ですね。
  負ではないもの、プラスのもの、エネルギーを僕らは
  受け取ってるはずだし、それを自分たちのものにしておかないで
  いろんな人たちに、できるだけ投げかけていかなきゃいけないなと思いますね 】
by 山崎監督


■ 「オバQブーム」後の苦難
  ※画像は再現ドラマです
藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 藤本宏 オバQブーム

【 オバQブームが一段落しました後
  「パーマン」「ウメ星デンカ」「21エモン」と
  似たようなギャグ路線をずっとやってたんですけど、やっぱり
  しりつぼみになってまいりまして、なんか壁にぶち当たったようになって
  こちらの自信もなくなり、非常に行き詰っていたことがありました 】
by F先生  昭和59年の講演より

ここで不幸だったのは、「パーマン」や「21エモン」も大傑作なのに
オバQが起こした「日本全国大ブーム」と常に比較され
F先生に重圧がかかっていたことです。

スポーツで言えば日本新記録を出した後に
「それじゃあ、次はその記録の上を」と期待するようなものです。
それは、酷というものでしょう・・・
「売れすぎ」や「大ヒット」が巻き起こした不幸ですね・・・


■ 編集長宛の手紙

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 少年サンデー 編集長 高柳義也

児童漫画の行き詰まりを感じたF先生は、重い内容の手紙を
「少年サンデー」の高柳編集長(当時)に送ります。

【 先日は失礼しました 】
という文章で始まる手紙でした。

【 こうなるまでには、私なりに努力はしてきたつもりです。
  精一杯背伸びもしてきました。しかし、私にも
  児童マンガのあり方については信念めいた物があり
  これ以上はどうにも動かしがたい部分が残ります 】


■ F先生の苦渋の決断

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 少年サンデー 編集長 高柳義也 手紙

【 残された道はただ一つ、少年サンデーの執筆陣から
  はずしていただく他なさそうです 】

この手紙を読んだ編集長は衝撃を受けます。


日本初の少年漫画雑誌「少年サンデー」で
初の連載「海の王子」を受け持ち、自分が育った雑誌で
愛着もあり、恩もある雑誌から、F先生は悩み苦しみながら
自ら「執筆陣から降りること」を決意したのでした。

周りから「こうしたらいい」というアイデアが出されても
F先生自身が楽しめなければ、描くことはできないのです。
それが、手紙にある「信念」に含まれているのでしょう。


■ 一人の男がF先生の前にやってくる・・・

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル ビッグコミック 創刊者 小西湧之助

そんな苦難を抱えていたF先生のもとへ
一人の編集者がやってくるのでした。
彼は『F先生の才能』を見抜いていました。


■ 漫画誌「ビッグコミック」の創刊者は語る

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル ビッグコミック 小西湧之助 依頼

小学館から、大人向けの新しい雑誌が
創刊されることになり、小西さんはF先生に
大人向けの作品を根気よく依頼したのでした。
F先生は、最初は断っていたそうです。

【 「何を描いてくれ」じゃなくて「描きたいもの描いてよ」って
  「自分の年で描けるものを描いてよって」それだけです 】
by 小西湧之助さん

■ 「ミノタウロスの皿」の誕生!!

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル SF短編 ミノタウロスの皿 ビッグコミック

【 見たらゾクってしてきた。想像している以上にいわゆる価値観の差を
  つきつけてくる怖さを感じましたよね。それが「ミノタウロスの皿」でした。
  すぐもう彼に「すごいよこれ」って電話しました 】
by 小西湧之助さん

ずっと児童漫画一筋で描いてきた後に
初の「大人向け短編」の依頼を受けて
出来上がった第1作が超最高傑作短編『ミノタウロスの皿』でした。

私はデータとして「初の大人向け短編」ということは
知ってはいましたが、こうして証言を聞くと
もう、どのように驚いていいのか分かりません。
F先生・・・天才です・・・


※ 4年前に取り上げています。
よろしければ、SF短編『ミノタウロスの皿』の日記をどうぞ~


■ 今後もSF短編を依頼されることに

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル SF短編

【 原稿渡した夜、小西さんから電話が入りまして
  とってもよかったから似たようなものを2、3本描いてもらうと
  自分でも気づかなかった可能性を1つ切り拓いてもらったということ
  これはほんと嬉しかったです 】
by F先生  昭和59年の講演より

SF短編は、F先生の天才的な素晴らしい才能から
生まれたものですが、小西湧之助さんとの
出会いがなければ、一生描くことはなかったかもしれません。

やはり、人とのつながりは大切なんだなと
改めて分かるエピソードでした。

小西さんより評価をいただいたF先生は、心が充実し
やがて、大きな転機を迎えるのでした。
そうです・・・『ドラえもん』の誕生です






最終更新日  2013年12月09日 07時40分29秒
コメント(6) | コメントを書く
2013年11月26日
NHKで10/21(月)に
放送された「プロフェッショナル」
という番組で
藤子・F・不二雄先生が
取り上げられました。

大変お待たせいたしました。
それでは、どのような内容だったのか
振り返ってみたいと思います。


■ 漫画家 藤子・F・不二雄

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 漫画家 藤本弘

【 藤子・F・不二雄こと藤本弘
 国民的な漫画を残した伝説のプロフェッショナル】
 というナレーションが流れます。


■ 妻・正子さんと 長女・匡美さんが語るF先生

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 藤本弘 妻 正子

【 夜11時ぐらいに帰ってきても
  朝、彼もう6時には必ず出てましたね
  子供たちと会う時間は、朝しかないですから
  大事にしていたんじゃないかな 】by 奥様


■ トーストでも子供たちを楽しませようとしていた

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 藤本弘 トースト チェック サービス

【 3色にしたり、チェック(4分割)に塗って
 子供たちにサービスしてましたよ 】by 奥様

■ 3人の娘さんの長女・匡美(まさみ)さん
藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 藤本弘 長女 匡美

【 きっちり きっちり 四角く
  塗ってくれるような人だったんです】by 長女


自宅のある神奈川県川崎市から
職場の新宿まで電車で通勤していました。
通勤中でも、アイデアをまとめていました。


■ 職場へ向かう前に いつも喫茶店へ寄っていた

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 新宿 喫茶店 出勤前 寄り道 アイデア

すぐに仕事場には立ち寄らず、アイデアをまとめるのに
喫茶店に寄り道することを好んでいました。


■ F先生のアシスタントを10年務めた たかや氏

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル たかや健二

F先生の元アシスタントでもあり、漫画家の
たかや健二さんが、当時の様子を語ってくれました。


■ きっちりペースを守っていた

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル ペース ローテーション

【 机に座ると もう一心不乱に描き出すというか
  とにかくすごい集中力です。
  先生は自分のペースが ローテーションが
  決まってたんだと思います。それがあるから
  アイデアも1日1本だったり、次から次へ
  出てくるんじゃないかなと今になって思います 】
  by たかや健二さん


■ ドラえもんのコマ割り

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル ドラえもん ネーム 感性原稿

【 通常、数日掛かるこの作業(ネーム)を
 ドラえもんの場合、1時間で仕上げていたという】


■ ピーク時のドラえもんの連載は月8本!!

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル ドラえもんルーム 徳山雅記

学年誌の「小学1年生」から「小学6年生」までの6冊に
児童向け漫画誌「テレビくん」と「コロコロコミック」の2冊。
しかも、「エスパー魔美」や「SF短編」なども含め
月11作品と、超多忙の『藤子不二雄』時代でした。


■ 小学1年生に掲載されたドラえもん

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル ドラえもん 小学1年生

泳げないのび太だが、海でおぼれずに泳ぎたい
という、シンプルで分かりやすい内容


■ 小学5年生に掲載されたドラえもん

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル ドラえもん 小学5年生

5年生向けになると、のび太たちがテレビを見ていると
ニュースで国会議員の話が出てきています・・・

【 これを1月に1人の人間が書き上げたというのは
 驚かざるを得ないですね 】by 編集長


■ その秘密はどこにあるのか・・・

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 書斎 世界の謎

自宅の書斎には膨大な資料が・・・
小説、歴史本、宇宙、世界のミステリーや
科学雑誌"Newton"や海外作品など
その数は、なんと1万点以上も。


■ 大好きだった落語のカセットテープもたくさん

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 落語のカセットテープ

F先生が、子供たちの年齢ごとに
丁寧に描き分けられることができたのは
こうした1万点以上の資料から蓄えられたもの・・・
という風に、番組では紹介されましたが
私は、それだけではないと思っています。

読者である子供たちに「楽しんでもらいたい」という
人一倍強い思いから、自然と生まれたものでしょう。
F先生は、いつも子供の目線に合わせていました。
なので、描き分けは「大変だな」と思うことはなく
むしろ「好んで」していたのではないでしょうか。


■ マンガとは断片の集まり

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 漫画 断片

【 漫画っていうものを分解してみますと
  結局は小さな断片の寄せ集めなんでありますね。
  本を読んだり、テレビや映画を見たり、新聞を読んだり
  人と話したり、見たり聞いたり、あれが使えそう
  これが使えそうと、捨てたり、組み合わせ直したり
  絶えず、ピッピッと感性に訴えるものがあって
  そういう作業の結果、1つのアイデアがまとまってくるんです。
  なるべくおもしろい断片を数多く持ってた方が
  「価値」ということになるわけです。】
  by F先生  昭和59年の講演より


■ 学生時代 テスト勉強に困っていた

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル テストの前夜 アンキパン

F先生は、自身がテスト勉強で
なかなか覚えることができなかったことや
単語を覚えようと、辞書を破いて食べてしまう人が
いたという出来事があったそうです。


■ 学生時代の出来事が結びついたときにアンキパンが

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル ドラえもん アンキパン

【そういう2つが結びついた時にね
 アンキパンていうパンがつくられるわけです
 そういうふうにして現実に身近にある
 ああしたい こうしたいという願望と
 前からの知識とか断片をこう組み合わせて
 道具というのが出来てくるわけですね】
 by F先生


■ F先生のポリシー

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 作者 読者

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 漫画家 スタジオ

【 作者が面白がって、読者も面白がる
  その片っぽということはありえない 】


■ ソフトバンクのCMを手がけた佐々木宏さん

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 佐々木宏 広告


■ ソフトバンクのCMには ドラえもんの影響が

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル ドラえもん ソフトバンク CM

人間と普通に会話する犬(通称「お父さん」)は
確かに、藤子マンガ特有の『異分子』といえますね。


■ ドラえもんから学んだもの

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 佐々木宏 広告 愛される ドラえもん

【「愛される」っていうキーワードが
 「ドラえもん」から学んだ一番大きな点ですね 】


■ 藤子不二雄A先生は語る

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 藤子不二雄A ジョン・バッカン 魔法のつえ

A先生とF先生が、子供のころ読んでいた
「魔法のつえ」という本が紹介されます。
ステッキを回すと、思いもかけないところへ
飛んでいくというシーンがあるそうです。


■ 子供のころの記憶をじっと蓄えていた

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル ドラえもん どこでもドア 魔法のつえ

【 それから何十年後にドラえもんで どこでもドアは
 確かに「魔法のつえ」のそのイメージを憶えていて
 それを使ったといってました 】
  by A先生


■ F先生はお寿司が好き

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル すし屋 家族

家族でよく、すし屋に行くことがあったそうです。
「普通の人」に見えたF先生が、まさかあんなマンガを描くとは、と
お店の人もビックリされたそうです。


■ 戦後 発売された手塚治虫先生の「新宝島」

藤子・F・不二雄 プロフェッショナル 手塚治虫 新宝島

当時、まだ無名だった手塚治虫先生の描いた
「新宝島」と出合い、単に「マンガが好き」であった少年たちが
本格的に「漫画家への道」を目指すようになるのでした






最終更新日  2013年12月01日 06時25分09秒
コメント(14) | コメントを書く
2013年10月19日
「8」は、私の好きな数字だと
(8/8の日記)で書きましたが
今年は、8つながりのものに
縁があるようです。

今年は昭和に換算すると、88年になります。
プロ野球で、リーグ優勝を決めたジャイアンツの
原監督の背番号は88です。
日本シリーズ出場も決めましたね。


2013年 読売ジャイアンツ リーグ優勝 原辰徳監督 胴上げ


ちなみに
F先生は昭和8年(1933年)生まれで
どこでもドアで、4次元世界に旅立たれたのが
平成8年(1996年)です。
さらには、「ふじこ・エフ・ふじお」も
平仮名8文字なのです。
F先生は8に縁がありますね。


F先生が、今年で生誕80周年というのは
今夏、『藤子・F・不二雄展』を開催していた
東京タワーのウェブサイトで知りました。

「F先生の生誕80周年かあ~
 そうだ、ブログ背景を変えよう」

ということで、ブログの衣替えをしました。
ブログトップの画像は、東京タワーと藤子・F・不二雄ミュージアムの
両方のウェブサイトより、愛情を込めて拝借しております。

東京タワーの『藤子・F・不二雄展』を
いち早く知らせてくれたのは
私よりも、藤子情報の入手が早い空塚絶人さんでした。
空塚さんには、毎度お世話になっています。
嬉しい藤子情報を、いつもありがとうございます。

さらに、大手動画サイトのGyaoで、藤子アニメが無料放送中です。
こちらも、空塚さんから教えていただきました。

怪物くん 第1話 「怪物くん登場」

忍者ハットリくん 第1話 「拙者!忍者でござるの巻」

インターネットの巨大掲示板で普及したネット用語に
『キターー!!』という言葉がありますが
まさか「忍者ハットリくん」のアニメ第1話で
登場するとは思いませんでした。
ケン一くんがテレビを見ながら
「キターー!!」と叫んでます(笑)

第1話の放送は、なんと81'年です。
なんともビックリでござる。ニンニン。

ちなみに前回の日記で紹介した
「100倍返し」のセリフが登場したのも
同じ'81年です。


さてさて、お待たせいたしました。
日記タイトルの『NHK 藤子・F・不二雄先生の特集』の
ご案内です。NHK総合(地上波)です。今度の月曜です。
なんと、こちらの情報も空塚さんからです。

NHK プロフェッショナル 『僕は、のび太そのものだった』
10/21(月)
夜10:00 ~ 10:48


公式サイト「NHK プロフェッショナル」
詳細があります。さらに
F先生の画像の下の『予告MOVIE >』を
クリックすると番組紹介動画が見れます。

番組サイトに書かれていることで
非常に気になることがありました。

>知られざるドラえもん最終回とその秘話

最終回とは、ドラえもん6巻(てんとう虫コミックス)
に収録されている「さようならドラえもん」の
ことでしょう。



「その秘話」・・・とても気になります。
もしかして、のび太の歯磨きシーンは
ドラえもん全45巻とドラえもんプラス全5巻の中でも
「さようならドラえもん」にしか登場しない、とか。
ラストにたくさんの愛(LOVE)が詰まっている、とか。
ジャイアンは、のび太のメガネの修理代を
あのケンカの後、支払ったのか、とか・・・
実は、「さようなら」という言葉が
一度も出てきていない、という点でしょうか。
これは、大山のぶ代さんが言及していました。
さてさて、どんな秘話が隠されているのでしょう。

「プロフェッショナル」すご~~~~く
面白そうです。見る前から胸が高鳴ります。
皆さんも、ぜひぜひぜひ、見てください






最終更新日  2013年10月19日 16時03分43秒
コメント(14) | コメントを書く
2013年10月08日
ドラマはNHKの
朝ドラしか見てないのですが
『半沢直樹』が面白い、面白いと
騒がれていたので
どういったものかと
途中から見てみました。

なるほど!!
これは面白い!!
と思いました。

漫画だったら
名前は『半沢直樹』ではなく
『倍沢直樹』だよな~とか思ってしまいます。
「倍返しだ!!」が決めゼリフですからね。

藤子作品なら
倍荷 刷造(ばいに するぞう)
とか、なりそうです(笑)
A先生が描いたら、見事な
ブラック作品になるでしょうね~
「このうらみ はらさでおくべきか!!」
おっと、セリフを間違えました。

さて、名前といえば
F作品『チンプイ』では
内気な性格の小学生「内木」くんが出てきます。
そのままですね(笑)
今回、ちょこっと紹介する
SF短編『同録スチール』でも
同名別人の高校生「内木」くんが登場します。

■ なんと「100倍返し!!」というセリフが出てきます


こちらの作品は1981年の作品です。
さかのぼること32年前です。
さて、このコマはどういう状態かといいますと・・・


■ 内木君はフシギなカメラを買う気満々だが・・・



■ しかし学生なのでお金がない


お金がないのに、爽やかな顔の内木君(笑)


■ 内木君は契約書を書かされる



■  訳あって 買う気が失せてしまう・・・


こうした経緯があって、フシギなカメラの売り手(ヨドバ氏)が
怒り出してしまい、一番上のコマにつながるわけです。


ちなみに、内木君が納めた内金は
カップラーメン1個です(笑)
1971年のカップラーメンの値段は100円
というデータをネットで見つけましたが
『同録スチール』の描かれた1981年当時のは、分かりませんでした。
仮に当時も100円だとすると・・・
100円×100倍=10,000円・・・

あれ!? 1万円ですね。
あまり恐ろしい金額になりませんでした。
というか、カメラと同じ値段になってしまいました。

やはり、F先生が描く「100倍返し」は
とても控えめなものでした。

『同録スチール』の詳しいストーリーは
また日を改めて紹介します。
(来年になるかもしれません)

ドラマ「半沢直樹」は面白かったですが
『倍返しだ』は、復讐を意味する威圧的な言葉です。
オリンピックの東京招致の演説で流行りだした
『おもてなし』は、あまり日常使う言葉ではありません。
なので、今年の流行語大賞は
林先生の『今でしょ』がいいな~と思ってます






最終更新日  2013年11月10日 05時16分33秒
コメント(20) | コメントを書く
2013年06月23日
ゴールデンウィークに出掛けた
「富山旅日記」を
紹介する予定でしたが
まとめるのに、時間がかかりすぎています。
上手く、コンパクトにまとめて
近いうちに更新したいと思います。

さて、本日は
空塚さんのブログで紹介された動画に
感動してしまったので、ぜひ
みなさんにも紹介したいと思います。





さて、このドラえもんを描いているのは
一体誰でしょうか?
考えながら、見てみてください。

みなさんは「ドラえもんえかきうた」をご存知でしょうか。
私は、子供の頃、歌って描いた記憶があります。


動画の絵ですが
漫画のドラえもんではなく
「絵描き歌」のドラえもんを
きちんと、描き分けておられます。
いくら原作者といえど、ここまで
機械のように正確に描けるものでしょうか。
本当に素晴らしいです。芸術です。
しかも、普段使っているペンとは違う
サインペンで描いてます。

アップしてくれた方は、昔のビデオテープに
入っていたとのことです。

この『ドラえもん えかきうた』は
'79に発表された歌です。
おそらく映像は、'80年代頃のものでしょう。


続いては「キテレツ大百科」でお馴染みの
コロ助が登場するCMの紹介です。



佐藤浩一さんの、妙に力のこもった
「コロ助ぇ!!」が面白いです。
コロ助も、CGでアニメそっくりです。
日曜7時のアニメ以来、久し振りの登場ナリ~~~






最終更新日  2013年06月23日 05時19分28秒
コメント(16) | コメントを書く
2013年02月11日
つい最近
「藤子・F・不二雄の世界」
という展示が
西武池袋線の椎名町駅で
行われていることを知りました。
すでに、昨年の12月から始まっていたようです。

というわけで、椎名町へ行ってきました~~~
展示は3月までとのことです。
詳しくは豊島区のウェブサイトをご覧下さい。


■ 改札口のすぐそばです



■ 「パーマン」 「ドラえもん」 「キテレツ大百科」 「エスパー魔美」の原画



■ F先生のプロフィール


 < 藤子・F・不二雄 >
本名・藤本弘。1933年、富山県高岡市に生まれました。
小学生の時に転校してきた藤子不二雄Ⓐと出会い、
1951年に4コママンガ「天使の玉ちゃん」でデビュー。
1954年6月にプロマンガ家を目指して上京し、
その年の10月にトキワ荘に入居。二人で「藤子不二雄」の
ペンネームで次々と作品を発表。1970年に「ドラえもん」の
連載を開始。1987年にはコンビを解消し、
ペンネームを「藤子・F・不二雄」と改めます。
「ドラえもん」、「パーマン」、「キテレツ大百科」など、
数々のヒット作によって児童マンガの新時代を築きましたが、
1996年9月23日、その生涯を閉じました。
2011年、神奈川県には「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」が
オープンしました。

※ 今回取り上げる予定だった「天使の玉ちゃん」は次回になります。スミマセン。


■ SF -すこし不思議-


< SF -すこし不思議- >
「ぼくにとっての『SF』は、サイエンス・フィクションではなくて、
『少し不思議な物語』のS(すこし)とF(ふしぎ)なのです」。
このような独自の解釈で藤子・F・不二雄は、日常の
ありふれたできごとからも、少し視点を変えてみることで
「SF」が誕生すると考え、子どもだけでなく、大人も
楽しめる「少し不思議な物語」を次々と生み出していきました。


F先生の「すこし不思議」が取り上げられているのが
個人的には、嬉しかったです。
できるだけ多くの方々にSF短編を知って欲しいと思っています。


■ トキワ荘のあった街


なぜ展示が行われているのかというと
マンガの神様・手塚治虫先生をはじめ
藤子両先生、石ノ森章太郎先生、赤塚不二夫先生などが
住まれたトキワ荘が、ここ椎名町にあったからです。

 
■ トキワ荘と有名キャラたち


階段のところには、こんな巨大パネルも!!



帰り際、学生らしき5,6人の女性たちが
ドラえもんの原画を見ながら
ドラえもんの話で盛り上がっていました。
やっぱり、人気者ですね~






最終更新日  2013年02月11日 18時00分31秒
コメント(19) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.