1289629 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Quatre saisons ;ベランダとお庭の四季

PR

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

  信州・越後の旅

2018年05月07日
XML
カテゴリ:  信州・越後の旅


GW渋滞を避けた時間帯で
出掛けました

買い替えした車の
クルーズコントロールで
圏央道では85キロ
関越では100キロで
セットしました

クルーズコントロール
セットした速度で自走します
前の車の速度が遅くなると
自動で車の速度がおちます

また前の車の速度が速くなれば
セットした速度になって走行します

アクセルもブレーキも踏まないので
長距離高速道にはラクチンですね
(ハンドル操作は必要です)

近年、車の機能が進化して
バックモニターはもちろん
自動ブレーキや人感センサーやら
ドライブレコーダーやら
安全機能が装備された車が増えて
一度使ったらこのような機能は
外せません

もちろん、安全は常に自分で確認です




いとこたちと会ってきました

画像は親戚宅で
上品なクレマチスですね

外から見れば
なんの変哲もない梅の木なのですが

家の中の窓越しに見る景色が
とても爽やかでした



   にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
   にほんブログ村
アイコン応援ありがとうございますアイコン






最終更新日  2018年05月08日 07時36分57秒
コメント(19) | コメントを書く


2016年01月23日
カテゴリ:  信州・越後の旅

2016January


本場雪国で本場の雪を
初めて踏みしめた姪っ子

「ほんものの雪って、サラサラなのね~☆」

『ほんもの』という響き
素直なその言葉に
妙に新鮮さを感じました

いつのころからでしょう
見たもの、触れたものに
そんなこと当たり前じゃないのと
理由付けして
何もかも感動が薄くなっている

若ってそれだけで可愛いく思える


快晴の朝
太陽が射し込んで
白とブルーの世界 

ゲレンデはフルオープン 
これだけは素直に
うれしかったりして ^^ニヒヒ~


新しい年になって
ご挨拶も無いままに
もう、こんな時となりました

プライベートにおいても
ここ数年、忙しすぎました
特に去年は何やっているのだか

「ふざけんなー」というくらい(笑

人生にはこんなときも
あるのですね

そして忙しい分、
いろいろなことに気付かされ
考えさせられて
人は一生、勉強の日々

大きな糧になりました
きっとそうなったことでしょう

今年は少しだけ
のんびりします

1月のとある日
越後の国の旅籠から



  にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
  にほんブログ村
アイコン応援ありがとうございますアイコン











最終更新日  2016年01月23日 16時12分38秒
コメント(10) | コメントを書く
2015年05月21日
カテゴリ:  信州・越後の旅

ガーラ湯沢

足が悪かったり
耳が遠かったり
80も半ばを過ぎた
ばあさんたちだけで
温泉に行くというので
越後湯沢まで送って行った

道中はMaxとき号
2階席で景色は抜群

GWを過ぎたからと
座席指定は要らないよと
新幹線に乗るなり2階席へ進む

ま、元気なばあさんたちだ


image

ばあさん御一行様と
駅で別れ
湯沢高原にある
高山植物園を
目指したけれど

5月中旬でも残雪で
シャトルバスの運行もなく
元気印のばあさんたちに
比べて私ったら
この山道を登る気力もない

スキーのときは
緩斜面と思ったけれど
意外にも斜度がある

普段は坂道もない
平坦なところに暮らしているから
やわな足では歩けないし


image

ここへ来るたびに
植物園に行こうと
思うのだが
休園期間だったり
いつも空振り

いつになったら
実現するのだろう

アルプの里

植物園を目的に計画すれば
いいことだが
お花を愛でる旅を
一緒にしてくれる人なんて
いないし

だったら
ひとり旅してみる?

ひとり旅というのは
したこともなくて
どんなものなのだろ


image

人の都合に合わせなくとも
いいのだろうが

旅先の美味しいものや
一息つくお茶は
やっぱり気の知れた仲間が
欲しいと思う

お蕎麦は
いつものように
有名な「しんばし」

GWでないから
並んで待つ人は
いなかったけれど
店内は満席


image

これは↑なんだろう
梅酒漬けでもないし
梅の砂糖漬け?
この辺の特産かなぁ

美味

ふっくらとした梅の実
どうやって作るのだろう


image

とにかく温泉、温泉
これは一人がいい


  にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
  にほんブログ村
アイコン応援ありがとうございますアイコン












最終更新日  2015年05月24日 21時25分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月20日
カテゴリ:  信州・越後の旅

image

窓を開ければ
隣人と互いに握手が
できるくらいの
住宅密集地に
住んでいるいるから

胸がすーっとする
景色だった


image


八海山から右手に
谷川連峰だという

スキー目的のときは
ここが何という山だか
関係ないことだった

夏になると
じいさまとばあさまは
孫全員を連れて
毎年来ていた
懐かしい場所だ


image

忙しい、忙しいと
口癖だが
どうしてこんなに
忙しいのだろうと
考えた

要は細かすぎるだなぁ
納得できるまで
やってしまう
自分で忙しくしている
損な性分

けど、やりとげた
という満足感は残る


image

おり悪く
年度末と実家のこととが
重なって頭があっちへこっちへ

今期は少し遅れての
ようやく出来上がった
決算書

気が抜けなかったから
ほんと疲れた
少し、のんびりしたい



  にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
  にほんブログ村
アイコン応援ありがとうございますアイコン










最終更新日  2015年05月24日 21時28分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年05月22日
カテゴリ:  信州・越後の旅

image

子どもの頃に泳いだ上越の海は
もうひとつ大きく景色が変わり
火力発電所ができていた

代替地を以ってこの地域で
たったの18戸だった村を選び
海を埋め立てたわけだが
住民は誰一人として反対の声を
あげなかったそうだ

辛抱強くおとなしい新潟県人の
気質がこんなところにも窺える

image

見渡す限りの海原だったのに
沖には波消しブロックも
設置されていた

20140510_76

海の色がいやに青いが
子どものころの記憶は
かぎりなくグレー

中学生のとき
臨海学校で行った伊豆の海
生まれて初めての太平洋側の海
海の透明度と青さに驚いた

照りつける太陽は
近くて眩しかった~

image

伊豆弓ヶ浜の海は
明るくて開放的
こんなに違うのだ!
だから裏日本、表日本という
言葉があるんだ
本当にそう思った

image

上越の海はほんと波打ち際から
数歩で急に深くなり、
どれだけ深いのかと両手をあげて
垂直にもぐってみたけれど

20140510_83

海水も急に冷たくなり
何者かの手が伸びてきて
魔物の棲む暗黒の底へと
引き込まれるような
おもいをした

image

こんな海を平気で泳いでいたんだ
ものを知らないって行動が大胆だ

image

このGWに長野県から遊びに来た
5人の命を奪った浜は隣りの隣り

静かな海でも海は生きている
海を侮ってはいけないと
子どもの時からきつく
教え込まれた

image

それにしてもブロ友さんたちが
野の花を毎日アップしてくださり
海辺から山へ入れば私もしぜんと
山に咲く花に目がいく

20140510_110

独特の匂いが足元から漂って
見ればワラビがあちらこちらに

アケビのツルだって
採ってお浸しでいただいたよ
これがすごーく苦い!
ワラビだってもちろん
お持ち帰り

あ、きちんと山の持ち主に
許可済み

20140510_118

この日は霞んでいたが
ここからは日本海が見える

この山から見る夕日は
なんとも物悲しく

image

小さい頃
わけもわからず
日本海に沈む夕日をみて
東京のお家に帰りたいよと
泣いたんだ

20140510_165

チェックインした部屋は
両窓から海が見渡せる角部屋
夕日が織りなす景色に
子供のころを重ねてみた

今夜は眠れそうもないぞ~

先日、新潟へ行ったときの回想です
写真を整理していましたら
こんな旅日記が浮かんできました


いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村







最終更新日  2014年09月28日 21時23分14秒
コメント(11) | コメントを書く
2014年05月21日
カテゴリ:  信州・越後の旅

新潟の旅

大宮9時18分発、新潟行きの
上越新幹線Maxとき311号に
乗りました

新潟の旅

2階席から見える景色をと
リザーブ

新潟の旅

越後湯沢で下車して
ほくほく線に乗り換え

新潟の旅

特急のなかで日本一速い
特急はくたか
とにかく速いし
乗り心地も良い

北陸新幹線の開業にともない
きっと廃止になるのでしょう

これに乗るべきか

新潟の旅

それとも
のんびり各駅停車の旅に
しましょうか

新潟の旅

ゆめぞら号
土日限定で車内が
シアターになる

このことを知らないで
初めて乗ったときは
ビックリ、ラッキーだった

北陸新幹線が開業したら
この各駅停車も乗ること
あるまい

新潟の旅

残雪が残る晩春の魚沼連峰
まだまだ雪景色の八海山

トンネルを幾つもくぐり
山が深くなれば大地のアート
棚田が広がる

またトンネルを抜けると
くびき平野の田植えの景色に
なったかと思えば
松林のある景色に変って
海はもうすぐ

新潟の旅

野山をめぐる陽だまりの風景
車窓から目にする自然を楽しむ
ほくほく線各駅停車の旅でした


本日、出張先からタブレットにて更新
昨日はコメントありがとうございました
いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村










最終更新日  2014年09月28日 21時22分41秒
コメント(10) | コメントを書く
2014年05月19日
カテゴリ:  信州・越後の旅

うずら家

戸隠蕎麦では有名らしい
「うずら家」
2時間待ちはめずらしくない
という話だ

味が有名なのか
ここもまたメディアの力なのか

他店の戸隠蕎麦を食べていないので
比較のしようがありませんが
お店の対応がなかなか良い
これも味の評価のうちです

戸隠そば うずら家

奥社を「修行を積んで出直し」って
本当は「うずら家」の順番待ちが
回ってきたからなんです

戸隠

昨日のコメントにも
ありましたように
戸隠神社は知らなくとも
誰もが知っている戸隠蕎麦

パワースポットよりも食い気
美味しいものにはかないません

九竜頭山

九つの頭の龍と書いて九頭龍山
戸隠神社のひとつ九頭龍社の霊山

鏡面池

まだ春の感がある景色の鏡池

木々の芽吹きと白樺の白い肌が
荒々しい戸隠に優しい景色を
つくっていました

善光寺

そして
戸隠バードラインを下り
またまた善光寺参り

昨年11月に今年の2月に
半年の間に3回も参拝

父の体調が少しでも
小康状態を保っていますようにと
びんずる尊者像をなぜなぜ

善光寺

ここへ来たら
やっぱりこれでしょう

慌ただしい駆け足の
信州の旅でした

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村








最終更新日  2014年09月28日 21時22分06秒
コメント(14) | コメントを書く
2014年05月18日
カテゴリ:  信州・越後の旅

戸隠神社

戸隠神社の中社です

所用で長野へ
留守をしておりました
その帰りに戸隠神社まで
足を伸ばしました

20140511_265

遠き神代の昔
「天の岩戸」が飛来してできた
と謂れる戸隠山
霊山戸隠山の麓にある神社です

戸隠神社 中社

パワースポットで有名らしいですが
最近は吉永小百合のコマーシャルで
人気が出たそうで結構な人出した

20140511_230

戸隠スキー場へ行くばかりで
ここを訪れたのは初めて

鳥居の前は何回も通り過ぎた20代
若いときは体を使っての楽しみオンリー
でしたものね

戸隠神社

奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社と
五社からなっています

奥社へ通じる山道には
まだまだ春の山野草が
咲いていました

戸隠神社

野の花散歩道
素朴な可憐な姿は
魅せられます

戸隠神社

ここ随神門から奥社までは
勾配もあり、歩くこと20分

戸隠神社

随神門をくぐると景色は一変し
杉並木の景色とともに
「あっ」と思うくらいに
空気が変わります

戸隠神社

肌がビリビリして
身が引き締まる思いに
なります

普段、善いことしてないのですよ私、、
修行を積み重ねてから出直しかな
ここで断念



いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村











最終更新日  2014年09月28日 21時21分25秒
コメント(12) | コメントを書く
2014年05月12日
カテゴリ:  信州・越後の旅

妙高高原 いもり池

頂きに雪を残した妙高山
木々の若葉は
それぞれの彩りで芽生え
それは
人々の厚い信仰の山
妙高山の新たな季節を
讃えているようだった

良く晴れ渡り風もなく
ブルーに染まった
いもり池に
静かに浮かぶ睡蓮の葉


妙高高原 いもり池で

足元には遅い春の
野の草が芽吹き
小さな生命を見つけて
嬉しさに心躍り


妙高高原 いもり池で

妙高高原は1か月も時間が
止まっているかのように
ふんわりピンクに包まれ


妙高高原 いもり池で

鏡面の景色に出合い
自然の命がきらめく季節を
同じに見て
感動を共感できたらいいね


妙高高原 水芭蕉 いもり池

中腹に見える池の平スキー場
中学3年間のホームゲレンデ
懐かしい

ここをビュンビュンと
滑り降りたねぴねぴさん
意外でしょう
スキーはホンの少しだけ
得意だったのですよ

戻ってきました
ベランダのバラも気になりつつも
10年分の命の洗濯をしてまいりました

留守中のコメントと応援
ありがとうございました


ランキングに参加しました

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村
アイコン応援ありがとうございますアイコン







最終更新日  2014年09月28日 21時20分50秒
コメント(12) | コメントを書く
2014年05月11日
カテゴリ:  信州・越後の旅

20140511_182


小川未明の「赤いろうそくと人魚」の
物語のモデルとなった
人魚伝説のある海岸で

人魚も恋する夕日を
見た翌朝


page


地引網を体験しました
初めての経験

本日、大漁

浜辺で海賊汁を
いただきました


20140511_184

夕日が織りなす日本海の
海の幸
新鮮ってそれだけで
美味しい

新潟県上越市鵜の浜温泉にて








最終更新日  2014年09月28日 21時20分09秒
コメント(10) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.