1283624 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Quatre saisons ;ベランダとお庭の四季

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

  三菱一号館美術館

2018年08月25日
XML


丸の内ブリックスクエアの
三菱一号館美術館の中庭

ここへ来ると
いつもここに座って

美術館の入り口を眺めて
ぼーっと

そんなひとときを
すごしています




毎回同じ内容ですけれど
いつ来ても憩いの場

東京丸の内にいるとは
思えない空間です


東京は緑が多くて
このようなスペースには必ず
座ってくつろげるところがあるのが
東京の素晴らしいところ

と、書いてあるブログに
よく出会います




当たり前に見てきた景色でしたから
その感覚がとても新鮮でした

たしかに大きな緑地帯が
たくさんありますね




ここは小さな
バラ庭となっていて
この時季は少しだけバラ

バラ庭といいながら
いつも思うのはお手入れが足りない
残念なお庭




三菱一号館美術館では
今はパリのハイジュエリー
ショーメの展覧会が開催されています

ショーメのショップでも
なかなかお目にかかれない
宝飾美術品としてのジュエリーが
観られます


三菱1号館ミュージアム
三菱一号館美術館

出光美術館を出て
ブランドショップが立ち並ぶ
丸の内メインストリート仲通りを
歩きました



   にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
   にほんブログ村
アイコン応援ありがとうございますアイコン








『ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ』

会期:2018年6月28日(木)~9月17日(月・祝)
会場:三菱一号館美術館






最終更新日  2018年08月26日 07時30分25秒
コメント(18) | コメントを書く


2015年08月28日

image

赤煉瓦の建物に
バラが咲くお庭があって
ここが東京駅から徒歩5分の
丸の内と思うほどに

三菱1号館美術館のある
丸の内ブリックスクエアは
いつ来ても癒しの空間

今回は程よくバラの
手入れがされているのが
わかって少し安心

三菱一号館美術館

去年の10月に
ここでカレーを食べながらの
3人のプチクラス会

新幹線で帰るお友達を見送っていたら
京浜東北線がストップしちゃって
構内でじぇりさんとお茶しているうちに
新幹線で帰ったお友達は
とっくに熱海に着いちゃって o(^▽^)o


三菱一号館美術館

新幹線に乗れば
熱海はとても近いのですけれど
やれ介護だとか
なんだかんだ言っているうちに
今度は自分の足腰が危うくてね

京都の街も暑くて歩けないと
暑さのせいにしたけれど
本当は足がおぼつかない
今年の夏

自分の足で歩けるうちの
行きたいところに行かなくてはと
思う


三菱一号館美術館

って、話がすごーく飛んでしまいました

三菱1号館美術館で開催中の
「画鬼・暁斎 KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル 」

伊藤若冲 いとう じゃくちゅう
にならんで私の好きな
日本画壇の異端児
河鍋暁斎 かわなべきょうさい


三菱一号館美術館

暁斎を知ったのは今から十数年前
得意先回りをしているときに
民家を改築した小さな小さな
私設美術館の前を何度も通り過ぎて


image

河鍋暁斎?なんじゃあ、これ?
と思っているうちに
京都国立博物館で暁斎展が
開かれているのを知って

え、そんな有名な人なのと
さっそく暁斎美術館を訪れ
衝撃的な絵にすっかりと
魅せられたのが始まり


三菱一号館美術館

暁斎美術館で暁斎の人柄に触れ
大夫絵図を描いているかと思えば
なんでそこまで描いてしまうのと
背筋がぞーーとする絵
おもしろい

その昔、三菱1号館を設計した
暁斎の弟子のジョサイア・コンドルとが
三菱1号館美術館で共演した美術展

まとまりのないお話となってしまいました


  にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
  にほんブログ村
アイコン応援ありがとうございますアイコン


image
「画鬼・暁斎 KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル 」展

三菱一号館美術館
2015年9月6日まで








最終更新日  2015年08月30日 23時18分42秒
コメント(12) | コメントを書く
2014年12月09日

三菱1号館美術館で

外でランチしていても
心地よい秋の日でした

三菱1号館美術館では
ミレー展が開催されています

三菱1号館で

数年前に埼玉近代美術館で
落穂拾いや種をまく人やら
暗い印象しか残っていなくて
今回はパス

ミレーという人物を
もっともっと掘り下げないと
私にはこのイメージから
抜け出せないかも

三菱1号館で

秋バラが咲き
表通りからは
想像もできない空間

風がそよぎます
穏やかな熱海のお友だちには
ピッタリの場所

去年、花火でお世話になって
今度は新幹線に乗って
会いにきてくれて
ゆったりとした時間が
持てたらいいねと

三菱1号館で

帰りの新幹線にも便利で
ランチならここと
その思いは笑顔がピカイチの
じぇりさんとビンゴだった

ランチしながら
ギリギリまで存分にお話して
また来年、よろしくね
って、きちんとお願い
できたかしら?

三菱1号館で

春には
ピエール・ドゥ・ロンサールが
咲くパーゴラの下で
気配り上手のお友だちは
どんなときにも
絵になるんだ


  にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
  にほんブログ村
アイコン応援ありがとうございますアイコン

2014年10月
プチ・クラス会でした








最終更新日  2014年12月11日 07時19分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年06月05日

三菱1号館ミュージアム

4月に オープンした
三菱一号館美術館では


マネの 展覧会が
やっています



エドゥアール・マネは
1860年代から 活躍した
フランスの画家


当時近代パリの 市民社会を
絵に鏡のように 映しこんだ世界


後に続く 印象派モネやルノワール、
セザンヌやゴーガンなど
画家たちに 受け止められました


マネとモダンパリより)



マネの回顧録 と、
言ったら いいのでしょうか


今回の 開館記念展は
マネの 絵への姿勢が
よくわかります


一人の画家の絵だけを
集めた 展覧会も


また 趣があって
楽しさを 感じます






『マネとモダン・パリ』  三菱一号館美術館

~7月25日まで









最終更新日  2012年12月30日 21時34分25秒
コメント(12) | コメントを書く
2010年05月29日

東京、丸の内のオフィス街に
美術館が オープンしました


三菱1号館ミュージアム


三菱一号館美術館 です


時代は さかのぼり

あの 岩崎弥太郎が
丸の内に 求めた土地に


ジョサイア・コンドル設計による
旧三菱一号館が 完成したのが 
明治27年


丸の内に 登場した最初の
オフィスビルだったそうです



三菱1号館ミュージアム



先週の 大河ドラマで
材木を売り切った 岩崎弥太郎が

「これからは 商売だー」と


ここから 今の丸の内が 
出来上がってきたと思うと
歴史の 浪漫を感じます



三菱1号館ミュージアム




日本の 近代化を見つめてきた
旧三菱一号館も


昭和43年にはその役目を終え
取り壊されてしまいました



三菱1号館ミュージアム




その同じ場所に 三菱一号館を
復元し 美術館となりました


当時の建物に 忠実に
可能な限り 再現しています


ジョサイア・コンドルの設計には 当時 
実際に 美術館も計画されていました



先の 松方幸次郎の共楽美術館同様に 
ここにも 実現しなかった美術館が
あったのですね



三菱1号館ミュージアム




ジョサイア・コンドルといえば
旧岩崎邸も 設計しました


私のブログでは 坂本龍馬より 
岩崎弥太郎の名前のほうが
多く登場します



三菱1号館ミュージアム



赤いレンガの 美しい建物
建物も アートですね










最終更新日  2012年12月30日 21時33分50秒
コメント(12) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.