1289076 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Quatre saisons ;ベランダとお庭の四季

PR

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

  関東周辺

2017年03月20日
XML
カテゴリ:  関東周辺


今年もまた寒緋桜を
見ることができました

目線でお花を見てきたのに
時は流れ今は見上げるようになり
枝も増えてお花がいっぱい

自分はそんなに年を重ねてたとは
感じてはいないのですけれど
寒緋桜の樹高が物語っていたりして




お庭に置かれた石にスイセン

お花がたくさん咲くお庭も憧れ
こんなシンプルなお庭もいい



   にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
   にほんブログ村
アイコン応援ありがとうございますアイコン






最終更新日  2017年03月20日 18時27分30秒
コメント(14) | コメントを書く


2015年02月02日
カテゴリ:  関東周辺

群馬

富士重工の街を通り過ぎ
「温泉」とナビに入れた

早い時間でアポをとり
さっさと仕事を終え
午後から温泉に
浸かろうという魂胆
今年も仕事半分の旅の
始まりだ

そうでもしなくては
旅行など楽しめる身分でないし
月に1回のお出かけイベントは
やぶ塚温泉

やぶつか

源泉のあるところを
神社にしているようだが
農道で車を停める場所もなく
車のなから写真撮影のみ

町には温泉宿が2軒しか
確認できなかった
ぶっつけ本番の旅
のちのHP検索では
5軒あるらしい

第一町人発見ではないが
歩いている人もみかけない
静かな温泉街だったが
ホテルには地元の人たちで
普通に内湯のごとく賑わっていた

地元割引なんてあるのだろうか
温泉地はいいなぁ

関東平野が見渡せる露天風呂は
上州名物のからっ風
シャンプーした髪の毛は
凍りつきそうだった


  にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
  にほんブログ村
アイコン応援ありがとうございますアイコン








最終更新日  2015年02月07日 22時26分32秒
コメント(16) | コメントを書く
2013年09月17日
カテゴリ:  関東周辺

亀沢温泉 美人の湯


山の中に ぽつんとある
一軒宿

美人の湯と 堂々と
銘打ってあるからには

どんだけの 温泉?

無色透明で 肌触りの良いお湯
はい、美人さん仕上がりに
なりました ( ´ ▽ ` )ノ


誰も いないから
マナー違反は承知済みで
露天風呂の一部を


亀沢温泉 美人の湯


目の前は 杉林なので
ロケーションは決して良いとは
言えないが

女湯といえど なんの囲いもなく
自然 ど真ん中

清流のせせらぎを聞きながら
露天風呂を 独り占め

今日も 空が青い

手足を 伸ばして
青空を 眺め
実に 解放的

うふふ~
極楽 極楽 =^-^=


倉渕 亀沢温泉で











最終更新日  2013年09月27日 23時23分38秒
コメント(9) | コメントを書く
2013年09月16日
カテゴリ:  関東周辺

上毛三山街道から


中之条・草津へ抜ける山道

雪舟のような世界

クルマを 停めて
しばらく 眺めていました










最終更新日  2013年09月27日 23時24分32秒
コメント(12) | コメントを書く
2012年02月06日
カテゴリ:  関東周辺

総門


群馬県館林にある 茂林寺(もりんじ)の
総門を くぐると


分福茶釜の茂林寺


両側に ユーモラスな姿の
狸たちが 迎えてくれます

子供のころに 訪れたときは
こんなに カラフルでなかった

昔のほうが 古だぬき~
というかんじで よかったなぁ


狸の親分は 


狸の親分


でかい!

あはは~


分福茶釜の茂林寺


枝垂桜が 咲いたら
みごとなのだろうなぁ

つぼみらしきものも
確認 できなかった

は~るよ こい 
は~やく こい

今年の寒さ 半端ない


室町中期 1426年開山
曹洞宗の お寺

一度も 火災に遭うことなく
本堂を 歩けば
ギシギシと 床がきしみ

かやぶき屋根の お寺なんて
久しく 忘れていた  

分福茶釜の茂林寺


茶釜に化けた 狸

和尚さんが その茶釜で
お湯を沸かそうとして 
火にかけたところ

分福茶釜の茂林寺


「あっちっちっ」と

茶釜から 尻尾が生えて
手と足が 生えてきて・・・


福を分ける という 
分福茶釜 ゆかりのお寺

分福茶釜の茂林寺


茂林寺の 伝説では
タヌキが 僧に化けて
寺を 守り

汲んでも尽きない 茶を
沸かしたとされています











最終更新日  2013年09月28日 22時51分33秒
コメント(20) | コメントを書く
2011年11月17日
カテゴリ:  関東周辺

東照宮では お目見え以上の
大名のみが許された 拝殿で
家康の御霊に お参りしました

2礼2拍手1礼
家康は 東照宮では神様

拝殿の 天井も、柱も、襖も
細部まで 緻密な彫刻やら
絵画の数々で 施されていました

当たり前のことですが
美術館で観るのとは 
大違い

しっくりとした雰囲気を
かもし出しています





次に日光山輪王寺の 
大猷院廟(たいゆういんびょう)へ

徳川3代将軍 家光公の墓所
ここは 東照宮に向いています

家光の家康に対する強い思慕を
現わしていると いわれています




たくさんの 急な階段を
えっちらおっちら 登って




ようやくついた 大猷院廟

自分のお尻の 重さったら
あはは・・・





ここも 美しい彫刻の数々に
見とれました





家光のお墓

歴史上有名な人物
なんだか不思議な 気持ちになりました

内部の公開は ありません
東照宮では 家康のお墓は 
みることができました





日光二社一寺とは
 
日光東照宮に 日光二荒山神社に
日光山輪王寺

美術品の宝庫
徳川の 財力と権力
みせつけられますね




東照宮の三猿 「見ざる、言わざる、聞かざる」


家康の死後、遺言に従って
2代将軍秀忠が 日光に廟を 
つくったといわれているが

生前 日光とほとんど関わりはなかった 
家康は なぜ日光の地を選んだのだろう











最終更新日  2013年09月28日 22時49分51秒
コメント(10) | コメントを書く
2011年11月14日
カテゴリ:  関東周辺

日光 東照宮は
いまさら 説明するまでもありませんが

徳川初代将軍 徳川家康を
御祭神におまつりした 神社


1.jpg


陽明門の 


7.jpg


上部に掲げられた額は 後水尾天皇より 
賜った「東照大権現」 の額

東照宮という名は これが根源



2.jpg


数々の装飾彫刻が みられる
陽明門


1日中 見ていても
決して飽きない ということで

別名「日暮門」とも呼ばれています



3.jpg


この門には 装飾彫刻が
500余りもありますので



4.jpg


ひとつひとつ じっくり見ていたら
ホント 日が暮れてしまいそうです


9.jpg


陽明門の奥には 明治維新まで
庶民は 入ることができませんでした


日光二社一寺は 
3時30分で 閉門

さて、急げ急げ


8.jpg


紅葉の進む 日光へ
行ってきました











最終更新日  2013年09月28日 22時49分15秒
コメント(10) | コメントを書く
2011年09月28日
カテゴリ:  関東周辺

連休で 千葉の手賀沼へ 
行ってきました
 
千葉の 手賀沼といえば
水質汚濁ワースト1という
イメージが ありますが

ぐ~っと 秋めいてきたとはいえ
水辺が あるだけで

東京と比べて 風が
だんぜん 爽やか

夜は すず虫の大合唱
しばし 聞き入ってしまいました

 
帰路、手賀沼の外気温は 21度
クルマを走らせ 三郷に入ると23度
外環うわらで高速を降りると 23.5度

自宅から40数キロの ところですが
手賀沼と 緑豊かな自然とが
こうも気温に 差があるのですね




秋ですね~☆










最終更新日  2013年09月28日 22時48分25秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年06月01日
カテゴリ:  関東周辺




バラの花便りを 聞きつけて
うす曇の 日曜日


足利にある あしかがフラワーパークへ
行ってきました


ここは 藤の花で
有名なところ







この大きな藤の木

満開のときは どんなに 
幻想的な姿なのだろう



藤の花が 終わり
バラが 咲き誇っていました






たくさんのバラ






圧倒されました!







あま~い香り






すてきなローズガーデンに






今日は
言葉が みつかりません













最終更新日  2013年09月27日 23時11分51秒
コメント(12) | コメントを書く
2010年04月08日
カテゴリ:  関東周辺

テレビ朝日の いきなり!黄金伝説。

ディズニーリゾートグルメ 
200品食べ尽くしバトル

を、観ていました


この手の 番組を観ますと
ディズニーランドの 虫が
騒ぎます






2001年8月の ディズニーシー
エントランス広場です


この写真を 撮影してから
2週間後に シーが 
オープンしました







スポンサープレビューで
オープン前に 
行かせていただきました




ディズニーシーの パークテーマは 
「さあ、冒険とイマジネーションの海へ」






8月の とっても暑い日でしたが
シーを ほぼクリアした満足感に
浸りました





今 新しいアトラクションも
増えたけれど


改めて こうやって
当時の写真を みますと







この景色は 変わらないのですけど
とても 新鮮に映ります












最終更新日  2013年10月30日 22時36分06秒
コメント(8) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.