493034 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ねっぴぃ野球倶楽部~オリックスファンが書くスポーツコラム~

2004.11.12
XML
カテゴリ:野球
土曜日(この時点で既に日記ではない)、
日米野球の第2戦を生観戦してきた。

……しかも、一塁側のS席で。

NPB 020 010 000 3
MLB 110 100 02× 5

【全日本】        打 安 点
<中> 赤星 憲広(神) 4 2 2
<二> 今岡  誠(神) 3 0 0
 打二 井端 弘和(中) 1 0 0
<三> 岩村 明憲(ヤ) 4 2 1
<捕> 城島 健司(ダ) 3 0 0
<左> 和田 一浩(西) 4 1 0
<一> 福浦 和也(ロ) 4 1 0
<指> 古田 敦也(ヤ) 2 0 0
 打指 小笠原道大(日) 1 0 0
<右> 佐伯 貴弘(横) 2 0 0
 右  多村  仁(横) 1 0 0
<遊> 中島 裕之(西) 3 1 0
 打  嶋  重宣(広) 1 0 0

<投>      回   安  責
渡辺 俊介(ロ) 5   6  3
小林 宏之(ロ) 1 1/3 1  0
石井 弘寿(ヤ) 1 1/3 1  1
横山 道哉(日)   1/3 3  1

【全 米】             打 安 点
<左> C・クロフォード (T B) 4 3 1
<三> H・ブレイロック (TEX) 4 1 0
<右> M・キャブレラ  (FLA) 4 0 0
 右  M・アルー    (CWS) 0 0 0
<指> D・オーティズ  (BOS) 4 2 1
 走指 M・ジャイルズ  (ATL) 0 0 0
<中> V・ウェルズ   (TOR) 4 2 0
<捕> V・マルティネス (CLE) 4 1 1
<一> D・ウィルカーソン(MON) 4 2 1
<遊> J・ウィルソン  (PIT) 4 0 1
<二> A・コーラ    (L A) 3 0 0
          
<投>         回   安  責
K・ローシュ (MIN) 4 1/3 6  3
S・シールズ (ANA)   1/3 0  0
D・ウィリス (FLA) 1 1/3 0  0
K・カレーロ (STL)   1/3 0  0
C・リーツマ (ATL) 1   1  0
F・ロドリゲス(ANA) 1   0  0

全米選抜の地味~な面子にべっくり。
そんな中でも、この2人は魅せてくれた。

◎ C・クロフォード

初回の先頭打者本塁打はオマケみたいなもの。
やはり、彼本来の持ち味は「速さ」だ。

野球選手のスピードというのは、
走塁時よりもむしろ守備時に目を引く。
4回表には、福浦の放った左翼への邪飛を
見事にダイビングキャッチ。

打球への反応速度、そしてダッシュの速さを見て、
自然と笑いがこみ上げてきた。

3年前のオフ、台湾でW杯やったときには
全米のトップバッターを務めていたクロフォード。
あの頃は、まだまだ身体能力だけの選手だったのに。

◎ D・オーティズ

クロフォードの美技が飛び出した直後の4回裏、
世界一の4番が放った打球に、度肝を抜かされた。

その白球が描いた軌跡は「放物線」ではなく「一直線」!
俊介をして「球場2つ分、飛ばされた」という打球は、
東京ドームのスタンド上部にある照明付近にまで達した。

なんと、推定160メートル。
今まで生で見た中では、最も派手な本塁打だった。

そして、当たりの凄さ以上に驚かされたのが、
彼の「我慢強さ」と「見極めの良さ」である。

概して、日本の投手はメジャーの投手と比べて
配球の組み立て方が大きく異なる。
また、投球のインターバルやテンポも長い。

にもかかわらず、オーティズは崩されないのだ。
見事な対応力で、自分のリズムを持ち続けている。
そして、1球1球をしっかり見てくる。

この前日、彼は上原浩司が決め球として投げた
フォークをあっさりと見送っている。

「アンタ、写輪眼でも持ってんのかィ?」

※ とにかく多機能で高性能な眼球。
  詳しくは、集英社『NARUTO』を参照のこと。

無意識に、そんなツッコミをしてしまった。
こんな打者、日本にはいない。

この他、2回裏に飛び出した赤星の三塁打には、
非常に興奮させられた。

打球を処理した右翼手・キャブレラの肩は強く、
中継に入った二塁手・コーラの送球も正確。

赤星の足とボールとの競争だ。

三塁へと滑り込む。軍配は……、紙一重で前者!
ここ数年、オリックスの試合では味わえなかった高揚感。
球場内の温度が、数℃上がった気がした。

ビバ、機動力野球。

……。

日米野球を生観戦したのは4年ぶりだ。
しかし、試合への感動は薄かったように思う。
A・プホルス、A・ソリアーノ、M・テハダといった
目玉が来日せず、M・ラミレスまで欠場とあっては……。

個人的には、思い出に残る人と一緒に
観戦できたことの方が、遥かに大きな感動だった。






Last updated  2004.11.12 18:16:41
コメント(4) | コメントを書く
[野球] カテゴリの最新記事


PR

X

Calendar

Headline News

Profile


ねっぴぃ

Favorite Blog

くつろぎかふぇ 太一.さん
野球「マニアック」… キジーさん
仰木マジックと僕の… ミスチルファン1974さん
BJおばさん・ななん… tomonananさん
momi051の野球日記 momi051さん

Comments

わっきー@ Re:進撃(06/01) New! おめでとうございます!!
クロスリートまこ雄@ オリックスについて オリックスの長年の停滞原因は、投手陣の…
ねっぴぃ@ Re[1]:進撃(06/01) キジーさん 懐かしい。ウイリー・バンク…
キジー@ Re:進撃(06/01) むしろ今シーズンの展開で更新しないほう…
キジー@ Re:乱戦(06/09) 完全に油断していた。ご無沙汰である。 こ…

Category

無題

(2)

野球

(186)

青波

(241)

蹴球

(30)

一般

(30)

賭博

(10)

籠球

(8)

格闘

(16)

漫画

(14)

混合

(65)

Archives

2021.10
2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.