497278 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ねっぴぃ野球倶楽部~オリックスファンが書くスポーツコラム~

2011.04.10
XML
カテゴリ:籠球
11年前、とても苦い記憶がある。

オリックス史上最高の生え抜きスターであり、
被災地・神戸において“復興のシンボル”として、
優勝にまで導いた男が、メジャー移籍を表明したのだ。

その意向は、随分と前から明らかになっていたが、
決定となると、かなり動揺した。

だって……、イチローだぞ?

あの時は本当に未練タラタラだったなァ。

神戸でのラストゲームは辛くて直視できず、
試合後、退団の挨拶をする段階でさえ、
ファンの大歓声で翻意しないかと願っていた。

いやあ、恋愛では一番カッコ悪いパターンね。

最終的に、何とか気持ちを立て直したわけだが、
それを可能にしたのは“時間”と、
「移籍先が海外」という“言い訳”だった。

要は、オリックスに害を加える存在ではないと。

もしも国内にFA移籍していたら……、
可愛さ余って憎さ百倍となっていただろう。

そんな葛藤をこの半年、存分に味わった市民がいる。

米国のクリーブランド。
NBA・キャバリアーズのホームタウンだ。

昨夏、この街はイチロー級……、
或いはそれ以上のスターをFA移籍で失った。

レブロン・ジェームズ、今年12月で27歳。

高校時代から全米の注目を集め、
当時既にナイキとは7年100億円以上の超大型契約。

2003年、全米ドラフト1位で指名されると、
高卒1年目で異例の新人王獲得、
その後もシーズンMVP2度、
オールスターMVP2度、得点王1度、
五輪金メダルなど、歴史に残る選手となった。

万年下位だったキャブズを、レブロンは変えた。
チームの成績を急激に上昇させ、
07年には遂にファイナルにまで導いた。

そんな絶対的存在“キング・ジェームズ”が、
全盛期の真っ只中に街を去るというのだ。

しかも、それまでは残留も仄めかしていたのに、
去就を発表するために組まれたテレビ特番で、
散々焦らされた挙句……、グッバイ。

移籍先はマイアミ・ヒートだった。

チームの看板はレブロンに匹敵する実力者、
ドウェイン・ウェイド。更にこのオフ、
ヒートはトロントの看板である
クリス・ボッシュの獲得までも成功させていた。

レブロンも含めると、大豊作と言われる
03年ドラフトで上位指名選手が3人!

澤村、大石、佑ちゃんが1チームに揃うより
凄いことである。

ヒートはこれで、年間72勝という最多記録の
更新を期待されるほどの強豪になった。

一方、レブロンの抜けたキャブズというと、
これといった大型補強はないまま……。

優勝に手が届く位置から一転、再び弱小に。

市民はもちろんだが、オーナーも怒った。

例えば、それまで99.99$で販売していた
レブロンのジャージーを17.41$に大幅値下げ。

これは1741年に由来した価格設定で、この年は、
米国で“裏切者”の象徴とされる独立戦争時代の軍人、
ベネディクト・アーノルドが生まれた年だそうだ。

そして10月、シーズン開幕。
キャブズは、かつてない苦難の道を歩む。

弱い。弱い。弱い。弱い。弱い。

12月半ばからは、とんと勝ちから見放され、
その状態が2ヶ月もの間続いた。

なんと、悪夢の26連敗。

これは、NBAでワースト記録、
北米四大リーグでワーストタイ記録だった。

30チーム中16チームが出場できるプレーオフも、
勿論、早々に進出が絶望的となった。

嗚呼、不憫すぎるクリーブランド市民。しかし。

先月30日(日本時間)、@クリーブランド。
キャブズvs.ヒートの今季4度目の直接対決。

ここまでキャブズは3戦勝ちなし。
下馬評はやはりヒートの圧倒的有利だった。

第1Q、24対24の同点。

第2Q、29対18とキャブズ11点リード。

第3Q、22対28とヒートが追撃開始。

ここまでの得点、75対70。
しかし、ヒートにはレブロン、ウェイドという
第4Qに滅法強いエース級が2人。
シュート2本分のリードなど、ないに等しい。

はたして……?

第4Q、27対20。

レブロンには大ブーイングの中、
27得点、12アシスト、10リバウンドと
トリプルダブルをマークされたが……。

キャブズが奇跡の勝利を挙げたのである。

試合後、バイロン・スコットヘッドコーチは、
ロッカールームに引き揚げる際、
笑顔で警備員1人1人と拳を合わせ、
喜びを噛み締めたという。

ファンも大いに溜飲を下げた。

今季、泥沼だったクリーブランドは、
ほんのちょっとだけ救われたのである。

☆☆☆

因みに、NBAでは近年、
生え抜きの大物=フランチャイズ・プレイヤーが、
他球団に移籍するケースが相次いでいる。

やはり、大都会のチームが人気で、
戦力が偏らないように、一部のオーナーからは
ある制度の要望が挙がっているそうだ。

フランチャイズ・プレイヤー・タグ。

これは新労使協定で導入が検討されているもので、
チーム側が毎年1人のFAを指定して、
プロテクトすることで流出を防ぐというもの。
NFLでは既にお馴染みの制度となっている。

但し、選手側は移籍の権利を奪われるわけで、
制度を成立させるには、プロテクトできる年数を
制限するなど、クリアするべき問題も多い。

結末は、はたして?

バナー2
Please crick here !!






Last updated  2011.04.11 09:51:17
コメント(0) | コメントを書く
[籠球] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Headline News

Profile


ねっぴぃ

Favorite Blog

くつろぎかふぇ 太一.さん
野球「マニアック」… キジーさん
仰木マジックと僕の… ミスチルファン1974さん
BJおばさん・ななん… tomonananさん
momi051の野球日記 momi051さん

Comments

わっきー@ Re:進撃(06/01) おめでとうございます!!
クロスリートまこ雄@ オリックスについて オリックスの長年の停滞原因は、投手陣の…
ねっぴぃ@ Re[1]:進撃(06/01) キジーさん 懐かしい。ウイリー・バンク…
キジー@ Re:進撃(06/01) むしろ今シーズンの展開で更新しないほう…
キジー@ Re:乱戦(06/09) 完全に油断していた。ご無沙汰である。 こ…

Category

無題

(2)

野球

(186)

青波

(241)

蹴球

(30)

一般

(30)

賭博

(10)

籠球

(8)

格闘

(16)

漫画

(14)

混合

(65)

Archives

2022.01
2021.12
2021.11
2021.10
2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.