287016 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

和希ちゃん8383のブログ

PR

Profile


和希ちゃん8383

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

2016.04.12
XML
カテゴリ:映画(さ)

今回の一言
イーストウッドってずーっとおじさんだよね。笑

1993 アメリカ
サスペンス、アクション

監督
ウォルフガング・ペーターゼン
Cast
クリント・イーストウッド
ディラン・マクダーモット
レネ・ルッソ
ジョン・マルコヴィッチ

ストーリー
フランク・モリガンは長年シークレット・サービスに勤めるベテラン警護官。
しかし今は警護の仕事ではなく特別捜査官。
偽造紙幣を取り締まる為、潜入捜査官としてある組織と取引しようとしていた。
しかし新米SPで相棒のアルは、その組織に言動を怪しまれ尾行されシークレット・サービスである事がバレてしまった。
取引現場を証拠にしようとしていたフランクの計画は崩れ、アルは捕らえられてしまう。
そして素性のバレていないフランクは、その組織の信用を得る為フランク自身の手でアルを殺せと言われてしまう。
仕方なくフランクは計画を変更し、アルを助けその組織の奴らを撃って難を逃れた。
自分にこの仕事は向いてないと落ち込むアルに、フランクはお前はきっといい警護官になると話す。
しかしアルに叱咤激励をしベテラン警護官として振る舞うフランクだが、フランク自身はかつて若かりし頃、ジョン・F・ケネディ元大統領の身辺警護を任されていながらも、彼を助けられなかった事をずっと悔いながら生きていたのだった...。





感想
私は西部劇嫌いで、彼の昔の作品を観てないからしれませんが、イーストウッドってずーっとおじさんだと思うんですよね。笑
「ダーティーハリー」も観たことないし。
いつ観てもイーストウッドはおじさん。笑
彼が若い時ってあったのかな?って思うくらいいっつもおじさんです。

今回はTVでやってたやつを観たのですが、今は亡き元祖・ルパン三世の山田康雄がイーストウッドの吹き替えをしてて、そーいえば、他の作品でも確かイーストウッド=山田康雄ですね。
なんか良いですよね。
イーストウッドも山田康雄も若い人はあまり知らないでしょうが、個人的にはとても馴染みます。
逆にイーストウッドの若い時の映画とか観たらしっくりこないかもしれません。
「白い肌の異常な夜」は確かに今より若いですが、あの時もすでに顔がおじさんだし。笑

ストーリーとしてはあまり面白くなかったんですが、イーストウッド好きとしては、すでに60代であろうイーストウッドが頑張って走ってる時点で良し!笑

以前チャリティーサッカーで日本を代表する名選手、釜本が監督だったんですが「交代!!俺!」って事でピッチに出たんです。
スタジアム中が歓喜に湧き、実況が大興奮してたんですね。
もう60代だか70手前だかのジジイがピッチを走っただけで、実況が「釜本、走るっ!!釜本、走るっ!!うぉぉ~かまもとぉぉぉ~!!」って大興奮だったんです。笑
釜本が凄い人なのは知ってますが、いまいち彼の足跡を知らない私はただおっさんが走ってるのにみんな大興奮でウケるって感じでした。
もちろん元サッカー選手の面影も一切なく、本当に年老いたおっさんが走ってるだけだったので、ヨタヨタノロノロみたいな感じでした。

それに比べたらイーストウッドなんかかなり頑張って走ってるわ!!
さすがベテラン役者はいつ何時も体に気を使ってるね!って感じで、何年も走ってない人って感じではなかったです。

レネ・ルッソはまぁマドンナ的な感じでイーストウッドと並んでも良い見た目に見える40代あたり?
そんな感じで、ベテラン大御所イーストウッドに大いに気を使ってる感のある作品です。

マルコヴィッチとの電話でのやり取りはなかなか面白かったんですが、ケネディが暗殺されたのはマルコヴィッチ10歳とか子供の頃だよね?
まるでマルコヴィッチがケネディ暗殺の犯人みたいに聞こえてくるので、だとしたらマルコヴィッチもイーストウッドぐらいの高齢じゃないとおかしいぞとなって、ちょっとワケが分からなくなりました。
まぁこの電話でのシーンは心理戦みたいな感じなので、そう聞こえてもいいっちゃいいんですけど。

そんなこんなでイーストウッド好きやマルコヴィッチ好きにはオススメですが、単純に映画としては飛び抜けて素晴らしい作品とかではありません。
むしろ大御所イーストウッドに気を使ってる感じが、何とも映画としては素直に受け取りがたい雰囲気だったりします。笑

my評価3点(10点満点中)





概要
1993年に公開されたクライムアクション作品。
監督は「Uボート」「ネバー・エンディング・ストーリー」のウォルフガング・ペーターゼン。
主演のクリント・イーストウッドは当時63歳でありながらハードなアクションに挑戦。
若い時の様に動く事は到底無理であったが、それでも十分年齢には似合わない動きを見せた。
また今作はジョン・マルコヴィッチの演技が高く評価されている。


rblog-20160412120506-00.jpg







Last updated  2016.04.12 12:05:08
コメント(0) | コメントを書く


Calendar

Favorite Blog

「恋する惑星」(199… ツルノカミさん

オイラのブログ shirochokoさん

Comments

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.