143868 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

気付いたらペパクラばっか

PR

X

全68件 (68件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

ウチの魚たち

2008.09.20
XML
カテゴリ:ウチの魚たち
今朝、魚たちを起こしたら、葉っぱの上に何か白い物が・・
「うわ!なんかゴミが積もってる!?」とか思いましたが、よくみるとブツブツ。
数年ぶりに産んだ卵でした。

実は訳あって今は雄雌バラで飼ってます。
前に飼っていた水槽の下回りが常に濡れていたので、漏ってると思って引越しさせてるんです。
といっても大きな水槽の予備はないので、37cmの小さな水槽の2本立て。
ろ過装置の予備はあるので、1匹ずつ別々に飼ってるんです。
そういうときにまさかの産卵。
でもこの卵が孵ることはありません。

別居させたのが2週ほど前。
それまでメスがオスに突かれっぱなしだったので、ちょっと安心したところでした。
環境の変化とエサが十分に取れるようになったこと、最近特に動物性のエサを増やしたこととかが重なったんでしょうかね。

でもせっかく産んだのに孵らないのはかわいそうなので、今日の水替えでちょっと同居させてみます。
けんかしたらまた戻せばいいし、しなくてもせいぜい1週間くらいで戻します。







Last updated  2008.09.20 07:14:40
コメント(2) | コメントを書く


2007.12.12
カテゴリ:ウチの魚たち
ウチの金魚もやってきて4ヶ月以上経ち、結構大きくなってきました。
最初の小さいうちはフレーク状のエサを細かくしてやってたんですが、ここ1ヶ月ほどは金魚用の粒エサをやってます。
このエサ、完全浮揚性で底に沈殿しにくいのでいいんですが、金魚たちには食べるのに時間がかかるようです。

とりあえず朝起します。
うろうろし始めますが、照明を点けるまではまだ緩慢です。
しかし照明をつけた途端暴れだし(眩しいのか?)、2分ほどするとエサをねだって集まってきます。
で、ジャラジャラと粒エサを投入。
必死に食べるんですが、フレーク状と比べて租借時間が長いのか、一旦口に入れると端の方にいっておとなしくモシャモシャしてるんですね。
その時の画像なんですが・・
めざし1
携帯画像で見難くてすいません。
みんなガラス面に向かって並んでモシャモシャしてます。
ここは左奥の角なんですが、なぜここに整列するのかは不明です。
しかしきちっと並んでめざしのようです。

ただこの場所、上部ろ過の取水口があるんですよ。
この黒いヤツなんですけど。
小さいときはなんともなかったんですが、この大きさになると4匹並んでは少々キツイようで、よく1匹がボンッと列からはみ出ます。
割り込み1  こうなります。
でもやっぱり並びたいのか
割り込み2 ジワジワ侵入していって
割り込み3 無理やり並んではみ出ます(笑)






Last updated  2007.12.12 07:03:09
コメント(6) | コメントを書く
2007.08.06
カテゴリ:ウチの魚たち
新入りの金魚たちなんですが、レスにも書いたとおり発病しました。

この6匹は大きさにばらつきがありまして、大きいの1匹、ちょいデカ1匹、普通2匹、小さめ1匹、小1匹と見事にバラけてます。
まとめて買ったのでこの春に生まれたものばかりだと思うんですが、多少の大小はよくあることなのでそれはいいんです。
ただ、混ざってるとどうしても小さいのはエサの行き渡りがよくないというか、食べ損ねるんですね。
今回は最デカが少々バカな子なので均等に行き渡ってるみたいですが。

そのうちの最小の子が発病しました。
川端ニックではすでに病気の子もいましたし、☆になりかけや取水口に引っ付いてるのもいましたから、感染してる恐れはあったんですけど。
でもそのうち他の子まで症状が見られ始めたので、思い切って薬を投入しました。

また青い青い水槽になってます。
ライトつけても奥まで光が届かず、深海のような水槽で、なんとなく夏らしく涼しげなんですが(笑)
でも投入して3日目、症状がマシになってきました。
効いてる!
なので週末は水替えもしないでもう1週間薬漬けです。
上部ろ過は止めてますがブクブクは動いてるし、なによりこの水槽でチビ6匹はほとんど汚れませんから。

しかし油断したのが悪かった。
日曜の朝、いきなり2匹が☆になってました。
最初に発病した最小と、なぜか最デカ。
取水口に張り付いてました。
そのかわり後の4匹は見た目の症状はなくなり、気が狂ったようにエサをねだるようになりました。
もう誰がエサくれるのか理解したようで、それまでは各自バラバラ行動なのに、水槽に近づくと一気に寄ってきてハアハアします。
やっぱり4匹くらいがちょうどいいんですかね。
またお決まりの様子見で週末まで待ちます。






Last updated  2007.08.06 06:46:16
コメント(2) | コメントを書く
2007.07.30
カテゴリ:ウチの魚たち
実は1匹残っていた金魚さん、先週にお亡くなりになってました。
粉が吹いたみたいというか、塩焼きみたいな見た目でお亡くなりになりました。

で、すぐに水を抜いて全部出してまたもや天日干し。
今度はじっくり干しました。天気もよかったですし。
金曜の夜にセットだけして、土曜の朝に水を張って稼動。
とりあえずバクテリアの定着が先決なので、エンゼル水槽の上澄みを4リットル移植し、後は水道水そのままを満たします。
どうせ1日でカルキは抜けるしね。
ついでにコーナンに行って、活性炭やらエサやら魚体保護の添加剤やら、消耗品を購入して水槽に投入。
おまけにアオコ防止剤も投入。
それでもなぜが青っぽい水になってきたんですが。

小赤っての そして日曜、川端ニックで新入り買って来ました。
小赤ちゃんです。
何で小赤というというのかわからないですが、小さいのは小赤、数ヶ月経ってちょっと大きいのは姉金って名前になってます。
まぁどれも和金のことなんですけどね。

でもすごーーく小さいです。
尾ヒレまで入れても3cmあるかどうかですね。
6匹ほど買ってきました。まぁ1匹29円ですし。
それでも前より1円高くなってます。
あと水草が312円。
全部でも500円でおつりがきました(笑)

じっくり水合わせして水槽に入れたんですが、この水槽に小赤6匹は少なすぎますね。
赤いからわかりやすいですが、一見「どこにいるの?」って感じです。
この大きさなら20匹くらいは余裕なんですけど、なんせ金魚ですから。
大きくなることを考えるとコレでも多いかもしれません。
ま、全部生き残るとは思ってなかったので6匹なんですが。
たぶん1~2匹は落ちるなという予想です。

しかし、出荷時は水が汚れる関係で断食してから出されるんですけど、普段からもエサは少なめなんですかね。
ガリガリなんですよ。
もう骨が浮いてるというか、全体が丸くなくてゴツゴツしてるんです。幅もないし。
エサやると狂ったように食べます。
よそのウチに来たんだから神経質になれよー
まぁこの分ならすぐ大きくなりそうですけど。

水合わせ
水合わせちう。






Last updated  2007.07.30 21:16:38
コメント(2) | コメントを書く
2007.06.30
カテゴリ:ウチの魚たち
親の水槽から引っ越してきた金魚たちなんですが・・
なんと、この前☆になった元住人の流金たちと同じ病気に。
一時ヒレにできたのを、粗塩投入でなくなったのに。
2~3日前「あ、なんかデコのところが白い?」と思ったらあっという間に全身。
1匹は体の前半がもうモロモロ、もう1匹も部分的にモロモロ。
ボヤ~ンとしている時間と泳ぐ時間が半々くらいです。

なんなんでしょう?
病気は確かなんですけど原因がわかりません。
今回の件に関しては水槽内のなにかに原因が残っていた可能性があるんですが。
多分この子達もあと1週間どうかな?ってくらいなので、☆になったら中のものを交換しようと思います。

ネットで見たんですけど、濾過槽のろ材って古くなると良くないみたいなんです。
なのでろ材は捨てて新しく購入。
底の石もこの件に関与している可能性が高いので全交換してみます。
それ以外は機器ですが、ブクブクやパイプなんかは熱湯消毒でいいでしょう。
全く新規で買ったのと同じ状態にします。
まぁ一番高い水槽とポンプ&濾過槽と照明器具は使えるので、出費もたいしたことないと思いますし。
まぁろ材1箱と底石15kgほどでも1000円しないでしょ。
あ、金魚すくった網も処分ですね。

とりあえずそういう体制で、新たに金魚の子供(@27円)でも飼おうかと思います。
まぁ5匹くらいが妥当ですかね。
小さいうちは20匹でも入りますが、すぐデカくなるんで。
でかくなったら3匹くらいが妥当かもしれないんですけど、それまでには1.2匹は☆になるつもりで。






Last updated  2007.06.30 12:50:55
コメント(4) | コメントを書く
2007.06.03
カテゴリ:ウチの魚たち
とりあえず金魚水槽は掃除して天日干し後、再セットしました。
空っぽの水槽がむなしいです。
昼は照明が点いてたので、今はやたら暗く感じます。
水槽再セット

で今日、おかんが水替えするので、2匹を分家することになりました。
とりあえず水槽上澄みの綺麗な水を14リットルと選別を任せた2匹。
まぁこっちとしてはどれでもいいので、適当に2匹選んだんだと思います。
まず10リットルを水槽に入れて、同量の新しい水を追加。
そこへ2匹を放して(元が同じ水なので水あわせも何もしていません)残り4リットルと、また同量の新しい水を入れました。
しかし28リットルでは水槽の2/3にもならないので新たに10リットルの新しい水を追加。
これで元の水14L+新しい水24Lです。
これ以上薄まるとちょっと良くなさそうなので、また日を置いて10リットルほど追加します。

新規隊員
こんな感じになりました。
ちょっと水位が低いですが、これでも34リットル入ってます。
上部ろ過の推奨水位を大きく下回ってますが、まぁ何とか動きました。
比較的大きい2匹がやってきたので、こいつらでも15cmクラスなんですが、水槽から見ればまだ小さく感じます。
前の流金がデカ過ぎたんですね。
まぬけ1
で、そのあと何枚か撮ったんですが。

まぬけ2 こいつはこういう顔が基本なのか・・


なぜかハゼドンの友達のプーヤンを思い出しました。






Last updated  2007.06.03 12:47:39
コメント(2) | コメントを書く
2007.06.02
カテゴリ:ウチの魚たち
昨日の朝に大きい方のメス、今朝に小さい方のオスが☆になりました。
どちらも全く暴れることもなく、静かに眠るように尽きたようです。

金曜の朝、いつもと変わりない、というか、普通に浮いたままの状態でメスが☆になってました。
横にひっくり返るでも、沈むでもなく、生きてるときと同じ状態でした。
息もしてないし、突いても動かないので引き上げ・・
引き上げ・・引き上げ・・引き上げられない・・・・・
網には完全に入りません。その上、重いんです。

ご存知の方も多いと思いますが、60cmクラスの普通の水槽では、上部ろ過方式というのが主流です。
これはポンプで水を吸い上げて、ろ材の上に流し、濾されて出てきた水を水槽に戻す(落とす)方式です。
この方式が手入れもしやすく、水槽とセットで付いてるのも多いので、一番普及しているんですが、難点は水槽上部に乗っかる形なので、上部を1/3~1/2ほど覆うんですね。
残りのスペースはガラスで蓋をして照明を乗せるんですけど、通常はこのろ過の部分は固定なので、せいぜいガラス蓋の部分しか開けません。
必然的に水槽内に持ち込むものはこの開放できる部分より小さいんですが・・

ギリです。

網は取り回しも考えて、12cm角程度なんですが、到底その中に胴体が納まらないので、網の上に乗っけての回収作業になります。
すると真っ直ぐ引き上げなきゃいけない都合から、開口部分の奥行きが当たるんです。
網だけなら何とかなるんですが、上にでかいのが乗っかってるので無理です。
しかたないので手でつかみ出しました。


今朝見たら、残った子の位置が変わってました。
いつも寝ているときは隅に鼻を寄せるようにして寝てるんですが、ど真ん中にいます。
よく見ると息をしてませんでした。
同じように突いても動かないので、こいつは網で掬い取り。
同じ場所に埋めてやりました。

その後、エンゼルは通常に水替えをして、金魚水槽の掃除に入ります。
とりあえず特に何もすることのない照明や濾過槽の蓋、ブクブクのポンプ類は外します。
次に濾過槽内のろ材やら活性炭やらウールマットを出して濾過槽を取り外し、くみ上げのポンプ類と共にこってりと掃除。
水をなん往復かで1/4ほど抜いたあと、底の砂利を少しずつ庭に持って行っては洗い→広げた新聞紙の上に天日干しの繰り返し。
水槽が持ち運べる重さになったら(水も含めた総重量は60キロを越えます)えっちらおっちら庭まで持っていってコケ落としと掃除。
午前中いっぱいかかりました。
現在全機材を天日干し中です。

で、新しい魚なんですが、また金魚を飼おうと考えました。
流金じゃなくて安いのでいいんで元気なの。
するとおかんが飼ってる金魚を分けると。
おかんの金魚は和金といって、普通の鮒や鯉と同じ形の、よく金魚すくいでいるのと同じ形です。
私のあとに飼ったので2年ほどですが、全長12~13cmほどのが4匹います。
元気なのは折り紙付き。食い意地も張ってます。
ただ45cm水槽なので少々狭そうなのです。
なので半分分家すると。

ちょっと悩んでますが、貰っとくのもいいかなと思ってます。
本当は小赤というほとんどエサになるような大きさの(金魚すくいの金魚くらいです)を5匹ほど買ってこようかと思ってたんですけどね。
小さいのから育てる楽しみもありますし、1匹27円くらいだから(笑)






Last updated  2007.06.02 12:58:39
コメント(2) | コメントを書く
2007.05.31
カテゴリ:ウチの魚たち
もうダメです。
風前の灯ってやつですか。あとは死を待つのみという状態です。

まず最初に小さいオスの尾ヒレが端っこの方から白くなってました。
流金なんでカーテンみたいな「ふさぁ」とした尾ヒレなんですが、なんていうんでしょうね、よく紙を燃やすと端が茶色く焦げてギザギザになるじゃないですか。
あんな感じで、端の方が白っぽくなってボロっとなってたんですよ。

うわ、こりゃ尾腐れ病じゃ?ってとりあえず水槽の水を半分換水+粗塩治療。
これ2日ほどでボロッとした感じがなくなって、ヒレの端も白くなくなったんです。
持ち直したかな?と思った2日後に今度はデカイ方のメスが同じ状態に。
しかも何をしても効きません。

今となっては、全体が朱オレンジだった尾ヒレが半分ほどは薄ピンクに、さらに1/4は完全に白になってます。
おまけにカニカマをほぐしたかのようなバサバサ・ボロボロの状態。
さらにどこかで怪我をしたのか、傷口(鱗1枚くらい)が赤くなって、そこに粉みたいなのが付いてるというかモロモロになってるというか。
全然ダメで、もう眼のレンズにも曇りが出てます。
症状や原因はわかってますがどうしょうもありません。

そして今日、さらに悪化して目の周り、尾ヒレの付け根、エラ蓋の端、口の端にも粉のようなモロモロが付いてます。
コイツはもうエサを食う気力もなくなったみたいで、1箇所でボヤ~ンと浮いてるだけ。
苦しそうではないのが救いですが。
一応画像を取ったものの、あまりにも痛々しいので、載せずにそっとしておきます。

でかいメスが発病して翌日にはオスのほうも再発。
後を追うように同じ症状になっています。
たぶん1週間は・・って感じです。
2004年の3月にウチにやってきたので、3年とちょっとですね。
金魚の寿命は8年くらいで、流金やら出目金やらの改良品種はもうちょっと短いそうです。
なので3年飼えてたらって言うのがメドみたいで、まさにその通りになりそうです。
しかもメスは1年で元の数倍にも急激にデカくなったので、体にも負担がかかったのでしょう。

しかしデカ過ぎてどうしようって問題もあります。
胴体が手持ちの救い網に入るのか?ってくらいで、そんじょそこらの肉まんよりでかいです。
尾ヒレが同じくらいあるからドン!さらに倍!(byクイズダービー)

なんだか私もおかしくなってきてるようです。






Last updated  2007.05.31 21:16:13
コメント(4) | コメントを書く
2006.11.15
カテゴリ:ウチの魚たち
最近、金魚があまり泳がなくなりまして。
小さい方は以前からおとなしくて、水槽のカドに鼻先を合わせてじっとしてることが多いんです。
私の水槽は、前方(手前側ね)のカドが、よくある直角の接合じゃなくて、曲げガラスという1枚のガラスを曲げたものなので、ゆるくRがついてるんですね。
なので鼻先をくっつけるとフィット感がいいみたいです。

大きい方は今まで「フワァフワァ」とよく泳いでました。
朝なんかは小さい方に寄り添って寝てたりしてたんですが。

それがここ最近、大きい方がダラダラしてまして。
この前なんか、水面近くで浮いたまま体が斜めに傾いてるから、死んでるのかと思いました。
季節の変わり目でだるいんですかね。
よくボケ~っとしてます。

で、ここ2~3日で多いのが「縦」になってることなんですね。
縦寝縦になってる方が辛そうに思えるんですが。
最初は普通に水槽の真ん中で立ってました。
尾ヒレがちょうど下に付くくらいの位置なので、尾ヒレで立ってるみたいに見えます。
それがいい場所を見つけたみたいで、昨日からは取水パイプとガラスの間に挟まって立ってます。
これがその画像なんですけど。

しかもこの隙間の幅が、大きくなったお腹とピッタリサイズなんですね。
もたれるように挟まってます。
「ふ~一服」みたいな感じです。
ただ出るときが大変なんですよ。

どうやらこのまま寝てるみたいで、時間と共にジワジワ奥にずれていくんですね。
気が付けばすっぽり隙間にはまってる感じになります。
すると目が覚めたときに怖いのかイヤなのか、脱出しようとするんですね。
でもコイツはバックが出来ない上に縦になってる。
仕方ないから身体を左右に揺らします。
そのたびに「ベキ」とか「ミシ」とか嫌な音がパイプからするわけです。
パイプ上部はポンプのモーターがあるので、乗っかってるだけで固定はしてないから、ゴトゴト動いた隙に脱出するんですが。
この部分は奥のカドなので、パイプの奥にもスペースは隙間程度なんですよ。
「ベキ」「ミシ」と空間を広げて通常の横状態になったのはいいですが、奥にしか進めないから(やっぱりバックは出来ない)、そのまま強引に隙間を抜けていこうと揺さぶりながら前進します。
なので、さらに「ミシ」「バキ」といわせながら脱出するんです。

彼女が通ったあとはパイプとポンプがずれてます。
いつ壊されるかわかりません。
このポンプセットが水槽の値段の大きな部分を占めてるというのに。

おとなしいとき(?)はお腹を底につけて「おっちん」と座ってます。
お腹が丸いもんだから、正座か胡坐してるみたいにドッカリと安定してます。
べったりとお腹を底につけるってのも魚としてどうかと思いますが。
いつもこうしてくれてたら何も問題ないのに。

※画像は全て携帯からなので見難くてすいません。






Last updated  2006.11.15 07:23:56
コメント(2) | コメントを書く
2006.11.07
カテゴリ:ウチの魚たち
最後に1匹だけ残っていたエンゼル子が亡くなりました。
これで今回の子供たちは全滅ですが、それ以後卵を産んでいないんですよね。
どうも仲が悪くなったのか、オスがメスをつつくので、メスが逃げ回ってる次第です。
昼間は水草の間に挟まるように隠れてます。
夜は出てきてるみたいで、朝はいつも真ん中へんを泳いでるんですけど。

エンゼル子も前日までは元気だったんですけどね。
土曜日に水替えして、日曜元気で、月曜の朝は元気がなくて、夜には死んでた。
何回も水替えしてるんで、水替えが原因じゃないと思うんですけど。
ずっとヒーターが入ってるので、季節の変わり目にありがちな朝晩の水温変化も関係ないし。
突然の変調なんで原因がわかりません。

かと思ったら金魚の方もなんだか元気がないし。
いつも小さい方は底の方でフワフワしてるんですけど、大きい方も同じになりました。
エサをやっても今までみたいにバクバク食べないで残し気味です。
特に朝なんかほとんど食べません。
この前は水面を斜めになって漂ってるし。

いったいどうなったんでしょうか。






Last updated  2006.11.07 07:01:08
コメント(2) | コメントを書く

全68件 (68件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


© Rakuten Group, Inc.