ガンダム通販専門サイトFREEDOM

ガンプラ4組み立てたパーツに塗装する

女性や不器用な方のための簡単なガンプラ製作方法をご紹介しています

初心者向けガンプラ製作その4

ガンプラ一覧はこちらから

組み立てたパーツに塗装をする

ガンプラを作る初心者にとって、塗装というのはちょっと難易度の高い項目だと思いますが、全部を塗装するというのは、ちょっとやめて、せっかくのカラー形成されたプラパーツなんだから、色を加えないといけない部分だけに絞ってやれば、結構それなりに見えるようになる物です。ちょっとした手間で効果のあるスミ入れについてご紹介します。

手を加えていないパーツは、物足りない

ガンプラのパーツで、ランナーから切り取ったばかりの時は、味気ない状態です。そのまま組んでも全然雰囲気がでてません。アニメでは、継ぎ目などが黒線で描かれているのに立体になると、それがなくなるからなのです。

ガンプラのパーツ、スミ入れ前

ガンダムマーカーを使ってスミ入れをして線を書く

ガンダムマーカーの種類の中には、スミ入れ用極細とか、スミ入れふでぺんといった縁取りようの物があります。これで、パーツのラインの凹みの部分に黒いラインを入れていくのです。

ふでペンを使うときは、ティッシュを用意して、ふでペンで汚した部分をぼかします。ウェザリングと言ってリアルな汚れを再現する効果があるのでちょっと試してくださいね。

スミ入れようペンで線を書き込む

スミ入れをしたパーツを確認してみる

実際にスミ入れが終わったパーツです。一番上の何も手を加えていないパーツと比べると全体的に良くなったと思いませんか?これだけでもかなり仕上がりが違ってくるはずです。ガンダムマーカーでちょっと手を加えただけでこれだけの効果があるのです。

ガンダムマーカーの一覧

ガンプラのパーツ、スミ入れ後

初心者の為のガンダムプラモデル製作メニュー

関連ページ

サイトマップへ


お願い

このページは、ガンダム専門サイトFREEDOM のコンテンツです。リンクやご紹介は、フリーでかまいませんが出来るだけご報告をお願いします。また、このページに存在するコンテンツの内容や
画像(アフィリエイト画像を除く)の著作権は、ネットアルカディアが所有しております。
無断転載、複製を固くお断りします。Copyright2005-2009 ネットアルカディア


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.