健康、長生き、アンチエージング

睡眠時無呼吸症候群対策

睡眠時無呼吸症候群対策     imga1f552832irm3g.jpg



 睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が止まった状態(無呼吸)が断続的に繰り返される病気である。

その結果十分に睡眠がとれず、日中の眠気、集中力、活力に欠ける、居眠りがちになる、居眠り運転で事故や重大事故などを起こしやすくなる。

治療をせずに放置しておくと生命に危険が及ぶ場合もある。

よって適正な症状分析と診断、治療、予防などの対策が必要になる。

眠っている間に呼吸が数十回、ときには数百回と止まるようであれば、体内の酸素不足が深刻になってくる。

酸素不足がおこれば「寝苦しい」「息苦しい」などの症状が現れ、睡眠不足がおこる。

また酸素不足は循環機能に負担をかけ、不整脈、高血圧、心不全、糖尿病が現れ事故や突然死などで生存率が低くなるなど無呼吸症候群には様々な問題がでてくる。

いびきのあとに呼吸が止まるようなときには無呼吸症を疑い、 早めの治療が必要である。

そこで、睡眠時無呼吸症候群対策として、今注目されているのが、歯学博士が開発したパタカラ。

このパタカラは表情筋を強くし、睡眠時無呼吸症候群や各種麻痺のリハビリに有効な事が分っている。

痴呆症や原因不明のめまいに対し奏効したという例も多い。

これは脳血流の改善によるものではないかと考えられている。

また美容においては、小顔になれるというメリットがあり、若い女性も今注目の製品である。

パタカラ
リップトレーナー『ユーミーパタカラ/リハビリ用』送料無料!!

参考図書
立ち読みでわかる前頭葉のきたえ方立ち読みでわかるイビキの本宇宙飛行士はイビキをかかない


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.