健康、長生き、アンチエージング

耳鳴り対策パート5

耳鳴り対策パート5   image7.jpg


耳鳴りにいいものとしては、いろいろなものが言われている。

ただ、これも個人差があり改善効果のあるもの、ないものは人により違う。

いろいろと試して自分の最適な治療法を見つけるべきである。

耳鳴りエクササイズでは受身の耳鳴りに対し、自分から行動を出来るという点で大変画期的なものであった。

ただこれも軽減効果はあっても完治にはなかなか至らないと思う。

次に私が試したのは、漢方薬である。

漢方の難点は価格が高いことである。

その処方は、
柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)\18,000
源生寿(霊芝加工食品) \25,000
薬日本堂食源(玄米、大豆食品) \19,600
であるが、月に62,600円かかる。

少しぼり過ぎではないか??

1ケ月経過しても何の変化もなく、相手の言うように3ケ月以上頑張ろうかなと思ったが、3ケ月継続服用しても効く場合、効かない場合があるとのことで、あほらしくなって止めた。

高いから止めるというと相手の薬剤師は、他に安いのもありますけどとか言いだし、信頼が置けなくなり止める事にした。

次に、○膳と称して味噌で慢性病を治すという人に会って話を聞き、試しに注文をした。

彼氏は数年前まで土建屋か何かのサラリーマンであったらしいが、自分自身のアトピー経験で体質改善と称し、味噌にこじつけ商売をやり始めたらしい。

患者に親身になっている姿は、医者も見習うところがあるが、素人が浅い知識で医療行為同然の事をやるのは、大変危険で、医師法違反等に引っ掛かる恐れがある。

まあ~、味噌で慢性病が治るなら苦労をしないと思い、味は悪くはなかったがひと月で中止した。

世のお母さん方は口車にのせられ易いので、旦那さんの冷静な意見を聞くとともに、自分で疾患についてもっと勉強をして欲しい。

もちろん○膳味噌は何の効果もなかった。

次に試したのは、フリーページでも掲載している楽丸8である。

この開発者は井上洋先生という人物で、医療機器の開発者であり本物である。

兵庫県健康管理士会でも講演をやっていただき、楽丸8を試したが、やった会員の全員の痛みがピタッと治まった。

耳鳴りにも効果がある場合もあるとの事でやってみたが、私の場合は効果がなかった。

次にやったのが、「爪もみ療法」ということで、安保徹先生が提唱している耳鳴りのツボである中指の爪の両横を揉む方法である。

これは、お金も掛からないし、耳鳴りエクササイズ同様、耳鳴りに対して受身ではなく、自分から行動を起すことになるのでお薦めである。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.