健康、長生き、アンチエージング

ネットワークビジネス

ネットワークビジネス 光:ani_058.gif


昨日のテレビ番組では、「派遣切りにあった若者のその後」と言うことで、二十歳代の若者にインタビューをしていた。

失業保険も打ち切られ、現在住んでいるアパートからは再三再四出て行くように派遣会社から言われている。

最後のエネルギーを振り絞って、100通の履歴書を出したが、返事が来たのはゼロであった。

一般的な青年の目標である、結婚・子供・マイホームどころか、今の世の中、学歴・資格のない人間には、死ねと言っているのだろうか!?

中卒で何の資格もない、頼る身内の母も同じく派遣切りにあい、仕送りをしなくてはならない立場である。

近々にも路上生活にならざるを得ないという。

一流大学を出ても、まともな就職先が見つからない昨今において、この青年が生きて行く道はどこにあるのだろうか。

我々の時代は、「企業は人なり」ということで、人を大事にする企業がほとんどで、いったん入社すると定年までの雇用は保障され、いわゆる終身雇用が当たり前であった。

又、年功序列制が引かれ、毎年の昇給は当たり前であり、ボーナスも右肩上がりに安定して支給されていた。

マイホームも年々年収が増加する中、ローンを組み、そう難しくなく建てられた。

定年後は、退職金と年金で贅沢は出来なくても、死ぬまで働かなくても生活の保障はされていた。

ところが、今の変りようはどうであろうか。

若い人でも職がなく、運よく正社員になっても、いつリストラにあうか分からない。

企業は賃金の安い派遣社員を多く雇い、数少ない正社員は派遣社員の穴埋めをするためにサービス残業に明け暮れ、疲弊している。

派遣社員は勿論、正社員にも将来の夢はなく、不安だらけでまったく希望がない。

現在は一流大学を出ても、その後の保障は全くない世の中なのである。

まして、学歴がなく、資格のない若者は、路上生活が待っている運命しかないのだろうか。

しかし、ここにひとつ学歴関係なし、資格入らず、開業資金ゼロ、終身現役が保障されるという夢のようなビジネスが存在する。

それが、ネットワークビジネスである。

世界的にも、今後もっとも成長が期待されているビジネスのひとつである。

中間マージンをすべてカットし、口コミにより消費者に安くいいものを提供出来る流通システムである。

1980年代のアメリカでは、ネットワークビジネスは悪徳ピラミッド商法と言われ、21世紀のアメリカでは、紳士淑女のビジネスと言われている。

日本でも一部悪徳業者の行いにより、ネズミ講と間違われることもあり、誤解を受けやすいビジネスであった。

しかし、ネズミ講のように金だけの流通ではなく、ネットワークビジネスは普通よりも優れた商品の流通がある、列記とした法律にも定められた合法ビジネスなのである。

始める者は、他の商売のような資金を必要とせず、回収もなし、ノルマもない。

自分のペースで出来、やったらやっただけの収入が入ってくる。

一般的なサラリーマンのように自由を束縛されることもなく、経済的・時間的自由を得て、家族と楽しい人生を歩むことが出来る。

若者にも勧められる職業であるが、定年退職後の年金暮らしの団塊の世代に特にお勧めのビジネスでもある。

質素倹約を旨として年金で細々と暮らして、嫁さんの「金魚の糞」に成り下がるよりも、もう一旗あげる気概でやっていただきたいものである。

第3の年金にもなり、現役の頃の収入を上回る収入を得ることも、十分に可能なビジネスである。

この収益は権利収入であり、相続することも可能である。

賃貸マンションで収入を得ていても、子供に相続したとすると、子供は賃貸収入を得ることはできても、その前に相続税を払わねばならない。

ありがた迷惑なところもある。

しかし、ネットワークビジネスの権利譲渡には一切、相続税はかからない。

子孫は相続税を一切支払わずに月々の安定収入を何もしないで得ることが出来るのである。

また献金で社会貢献もすることが出来る。
私自身も毎月自動引き去りで3つの献金をしているが、是非余裕のあるお金があれば、
【財団法人 日本ユニセフ協会】
や、ワールド・ビジョンの
【チャイルド・スポンサーシップ】
や、
ハタチ基金
などを通して、世界や日本の恵まれない子供たちに献金をしていただきたいものである。

毎日のやりがいを感じ、時間の自由を得ながら、潤沢な収入を得て、世の役に立ち、社会貢献に繋がるビスネスは、ネットワークビジネスしかないだろう。

ネットワークビジネスを始めるにあたって、最も重要な点は下記3点である。
・よい商品であること
・信用のおける会社であること
・継続すること


[参考図書]




●現在、もっともよい商品、信用のおける会社情報など近道の成功法をお教えいたします。

 こちらまでメール下さい!!


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.