健康、長生き、アンチエージング

フリーページ

2006年08月19日
XML
カテゴリ:タバコ

日本の喫煙率は落ちているのにも関らず、若い女性の喫煙率は逆に上がっている。

かっこいいと誤解しているが、男性が女性のたばこを吸うのを見ると、薄汚く、かなり低脳であると映る。

たばこは肌の老化を早め、美容の敵であることが分かっているが、若い女性は、肌を黒く焼き、たばこをスパスパと吸っている。

堪らず、国が若い女性を対象に禁煙キャンペーンをやり出すとの事である。

頭の良い、奥ゆかしい大和撫子は一体どこへ行ったのであろうか!?


 「たばこは美容の敵」を合言葉に、厚生労働省が来年度から、20~30歳代の女性をターゲットにした新たな禁煙キャンペーンに乗り出す。全体の喫煙率が下がる傾向にあるのに、若い女性は一向に減らないためで、美容院や化粧品業界も巻き込んで禁煙指導を展開する。成人式でたばこをやめさせる「20歳の禁煙宣言(仮称)」など未成年者向け対策にも力を入れる。

 来年度予算の概算要求に関連費を盛り込む。

 04年の厚労省の調査によると、成人全体の喫煙率は26.4%(男性43.3%、女性12.0%)。男性は前年より3.5ポイント下がるなど下がる傾向が続いているのに対し、女性は0.7ポイント上昇した。中でも20~30歳代の女性は2割近く、対策の必要性が指摘されていた。

 そこで厚労省はこの世代の関心が高い美容に着目。女性向けの「禁煙指導書」を新たに作り、美容院やエステサロンなどに配る。雑誌と同じ場所など目に触れやすいところに置いてもらう。

 喫煙が美容に与える影響については、化粧品会社の調査で、たばこを吸わない人より吸う人の方が、シミやくすみの原因となる色素「メラニン」が約5歳分早く増えることが報告されている。また、歯が黄色っぽくなったり歯茎が黒ずんだりするといわれる。

 厚労省は、指導書にこうしたデータを盛り込み「喫煙が美容の大敵であることを訴えて女性の禁煙意識を高めたい」という。化粧品業界にも、宣伝ポスターなどで喫煙の与える悪影響を取り上げるよう協力を求める。

 一方、未成年者の喫煙も、04年調査で高校3年生の喫煙率が男子2割、女子で1割にのぼるなど大きな課題だ。各地の成人式などに禁煙指導の専門家を派遣し、未成年で喫煙している若者に20歳での禁煙を呼びかける。

 このほか、禁煙に成功した人を各都道府県がボランティアの「禁煙普及員(仮称)」に任命し、イベントなどで禁煙の体験談やコツを語ってもらう事業も計画。こうした事業費の半分を国が補助する考えだ。

[提供:朝日新聞]







最終更新日  2006年08月19日 17時12分30秒
コメント(0) | コメントを書く
[タバコ] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


shinic

カテゴリ

バックナンバー

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月

お気に入りブログ

「アンサング・シン… New! 為谷 邦男さん

8/14 NHKテレビ「太… New! JIMEsanさん

ちと、太り気味。。… New! 仲江太陽さん

病気を治すことが必… New! はなあそびさん

令和2年葉月14日の… New! アポ哲さん

コメント新着

 マイコ3703@ Blogを拝見させて頂きました(*^^*) 幾つか記事を読ませて頂いて、自然にコメ…
 matt@ AymBqToeOGNPW 1IXNYd http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…
 crorkz mattz@ DFcWHaGhPem US9lFh Wow! This could be one particula…
 gordon@ QApAIjYYML daBCjL http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…
 gordon@ MtGXVGkLSEEvY efgqpC http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.