健康、長生き、アンチエージング

フリーページ

2007年02月11日
XML
カテゴリ:雑感

スタチン系のコレステロール低下薬の問題点については、フリーページのコレステロールの真実に掲載しているのでご覧いただきたい。

今回、権威ある英医学誌「Lancet」でもより最近の知見が掲載された。

本来薬物は異物であるので、できるだけ摂取しない方向で健康管理はすべきである。

医食同源、毎日の食事で十分にコントロールできるのである。


健康な女性および健康な高齢男性は、心疾患予防の目的でスタチン系コレステロール低下薬を使用するべきではないという知見が、英医学誌「Lancet」1月20日号に掲載された。

 カナダのナショナル・ポスト紙によると、米国とカナダの研究グループは、心血管疾患リスクの高い人を対象にスタチン系薬剤とプラセボ(偽薬)とを比較した過去の8研究のデータを分析。スタチンは心疾患および脳卒中のリスクを軽減させるが、全体の死亡リスクには変化がないことがわかったという。

 研究チームが特定のグループ別にデータを分析した結果、健康な女性および70歳以上の健康な男性では、心疾患リスクの軽減は認められないことが判明した。この結果から、全年齢の女性および70歳以上の男性に一次予防の目的でスタチン系薬剤を処方するべきではないといえる。

 「スタチン系薬剤によって寿命が延びると考えている人が多いが、一次予防としては、延命効果は示されていない」とカナダ、ブリティッシュコロンビア大学教授のJim Wright博士は述べている。Wright氏によると、まれではあるがスタチン系薬剤によって筋肉や神経が損傷され、痛み、脱力、麻痺などが生じることもあるという。

[提供:HealthDay News]







最終更新日  2007年02月11日 08時54分11秒
コメント(0) | コメントを書く
[雑感] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


shinic

カテゴリ

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

お気に入りブログ

天皇誕生日に思う。… New! 楽天星no1さん

令和2年如月23日の… New! アポ哲さん

卓球で足腰の鍛錬 New! ヨーガ1950さん

今日も、眼科通院。… New! 仲江太陽さん

新型コロナ予防策、… New! 為谷 邦男さん

コメント新着

 マイコ3703@ Blogを拝見させて頂きました(*^^*) 幾つか記事を読ませて頂いて、自然にコメ…
 matt@ AymBqToeOGNPW 1IXNYd http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…
 crorkz mattz@ DFcWHaGhPem US9lFh Wow! This could be one particula…
 gordon@ QApAIjYYML daBCjL http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…
 gordon@ MtGXVGkLSEEvY efgqpC http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.