健康、長生き、アンチエージング

フリーページ

2010年02月19日
XML
カテゴリ:タバコ

分煙など、意味のないことは、昔から皆で言っていたが、政府もやっと全面禁煙に動き出したようである。

喫煙の害は言うまでもないことであるが、特に吸っている人より、周りの副流煙を吸わされる人の方が、より毒性が強いことはもう一度よーく考えて見るべきである。

吸っている人は自分が好きで吸うのだから自業自得でいいとしても、吸わない周りの人がより毒性の強い煙を吸わされるのは、たまったものではない。

タバコは日本国内の一般のところは全て禁煙にし、煙が絶対に外にもれない厳重に隔離された場所を街のいくつかの特定場所に作り、そこでのみ喫煙可能にすべきである。

将来は、日本全国全面禁煙を達成し、将来的には地球全面禁煙にするのが、理想である。


飲食店・ホテルも全面禁煙...厚労省通知へ

分煙では不十分、罰則なし

 受動喫煙による健康被害を防ぐため、厚生労働省は近く、全国の自治体に対し、学校や病院、飲食店、事務所など多数の人が利用する施設を原則として全面禁煙にするよう求める通知を出すことを決めた。

 喫煙区域を指定する「分煙」は、ドアの開け閉めや人の移動に伴い、禁煙区域にたばこの煙が流れ出ることを防ぎきれず、受動喫煙対策としては不十分と判断した。

 対象施設として、劇場、百貨店、官公庁、駅、ホテル、娯楽施設、バス、タクシーなども指定する。

 飲食店や旅館などでは、全面禁煙の実施が営業に甚大な影響を及ぼす恐れがあることにも配慮し、全面禁煙が極めて困難である場合に限り、暫定的に分煙での対応を認める。この場合も、将来は全面禁煙を目指すことを求める。

 多数の人が利用する施設に受動喫煙防止対策の努力義務を課している健康増進法に基づく措置で、健康局長名の通知になる。通知に違反しても罰則はない。

 労働者の職場での受動喫煙について議論している同省の有識者検討会も、受動喫煙機会の減少を「事業者の義務とすべきだ」とする報告書を4月にまとめる予定だ。義務化には労働安全衛生法の改正が必要となり、経営者側からの反発も予想されている。

 月刊「禁煙ジャーナル」編集長の渡辺文学さん(72)は「受動喫煙を防ぐだけでなく、たばこをやめたい人を支えるためにも分煙ではダメで、全面禁煙がぜひ必要。今回の通知で終わらず、罰則付きの法改正やたばこの値上げなどさらに対策を進めることが重要だ」と話している。

 一方、外食産業などで作る社団法人日本フードサービス協会の中井尚事務局長(58)は「受動喫煙を防いで健康を守ろうという基本的な社会の流れは尊重するつもりだが、特に居酒屋では夜、お酒を飲みながらたばこを吸いたいというお客様がいるのも事実。通知の内容をよく読み、各自治体の動きを踏まえた上で、対応を考えたい」と話している。

[出典:読売新聞]







最終更新日  2010年02月19日 09時57分13秒
コメント(0) | コメントを書く
[タバコ] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


shinic

カテゴリ

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

お気に入りブログ

手術は大成功!!! New! 薬膳療庵さん

日光浴の日 New! ヨーガ1950さん

令和2年皐月30日の… New! アポ哲さん

患者と医師で言い争… New! 楽天星no1さん

異様に、バタバタ。… New! 仲江太陽さん

コメント新着

 マイコ3703@ Blogを拝見させて頂きました(*^^*) 幾つか記事を読ませて頂いて、自然にコメ…
 matt@ AymBqToeOGNPW 1IXNYd http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…
 crorkz mattz@ DFcWHaGhPem US9lFh Wow! This could be one particula…
 gordon@ QApAIjYYML daBCjL http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…
 gordon@ MtGXVGkLSEEvY efgqpC http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.