健康、長生き、アンチエージング

全43件 (43件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 >

タバコ

2006年08月19日
XML
カテゴリ:タバコ

日本の喫煙率は落ちているのにも関らず、若い女性の喫煙率は逆に上がっている。

かっこいいと誤解しているが、男性が女性のたばこを吸うのを見ると、薄汚く、かなり低脳であると映る。

たばこは肌の老化を早め、美容の敵であることが分かっているが、若い女性は、肌を黒く焼き、たばこをスパスパと吸っている。

堪らず、国が若い女性を対象に禁煙キャンペーンをやり出すとの事である。

頭の良い、奥ゆかしい大和撫子は一体どこへ行ったのであろうか!?


 「たばこは美容の敵」を合言葉に、厚生労働省が来年度から、20~30歳代の女性をターゲットにした新たな禁煙キャンペーンに乗り出す。全体の喫煙率が下がる傾向にあるのに、若い女性は一向に減らないためで、美容院や化粧品業界も巻き込んで禁煙指導を展開する。成人式でたばこをやめさせる「20歳の禁煙宣言(仮称)」など未成年者向け対策にも力を入れる。

 来年度予算の概算要求に関連費を盛り込む。

 04年の厚労省の調査によると、成人全体の喫煙率は26.4%(男性43.3%、女性12.0%)。男性は前年より3.5ポイント下がるなど下がる傾向が続いているのに対し、女性は0.7ポイント上昇した。中でも20~30歳代の女性は2割近く、対策の必要性が指摘されていた。

 そこで厚労省はこの世代の関心が高い美容に着目。女性向けの「禁煙指導書」を新たに作り、美容院やエステサロンなどに配る。雑誌と同じ場所など目に触れやすいところに置いてもらう。

 喫煙が美容に与える影響については、化粧品会社の調査で、たばこを吸わない人より吸う人の方が、シミやくすみの原因となる色素「メラニン」が約5歳分早く増えることが報告されている。また、歯が黄色っぽくなったり歯茎が黒ずんだりするといわれる。

 厚労省は、指導書にこうしたデータを盛り込み「喫煙が美容の大敵であることを訴えて女性の禁煙意識を高めたい」という。化粧品業界にも、宣伝ポスターなどで喫煙の与える悪影響を取り上げるよう協力を求める。

 一方、未成年者の喫煙も、04年調査で高校3年生の喫煙率が男子2割、女子で1割にのぼるなど大きな課題だ。各地の成人式などに禁煙指導の専門家を派遣し、未成年で喫煙している若者に20歳での禁煙を呼びかける。

 このほか、禁煙に成功した人を各都道府県がボランティアの「禁煙普及員(仮称)」に任命し、イベントなどで禁煙の体験談やコツを語ってもらう事業も計画。こうした事業費の半分を国が補助する考えだ。

[提供:朝日新聞]







最終更新日  2006年08月19日 17時12分30秒
コメント(0) | コメントを書く


2006年08月09日
カテゴリ:タバコ

ダイオキシンは、廃棄物の焼却炉など、物を燃やすところから主に発生し、大気中に出てくる。

その毒性は、強力で、青酸カリの1万倍、あのオーム問題で取りだたされたサリンの10倍以上もある猛毒である。

今回、たばこの煙が、このダイオキシンと似た働きをすることが分かった。

すなわち、ダイオキシンと同じようながん発生、免疫異常をおこすことが示唆された。

喫煙者はその煙を出すだけで、オーム以上の殺人行為をしているのかもしれない!?


たばこ:煙、ダイオキシンと似た働き 耐容摂取基準の200倍----山梨大研究

 たばこ1本分の煙が、細胞内でダイオキシンと似た働きをし、1日の摂取基準を約200倍上回るダイオキシンが細胞に加わった場合と同様の作用を持つことを、山梨大大学院生の河西あゆみさんや、北村正敬教授(分子情報伝達学)らが突き止めた。米国のがん専門誌「キャンサーリサーチ」に論文を発表した。

 ダイオキシン類は、細胞内の「ダイオキシン受容体」と結合し、活性化させて毒性を発揮する。 研究チームは、同受容体が活性化すると特殊なたんぱく質を分泌する細胞を、遺伝子操作で作成。市販のさまざまなたばこ1本分の主流煙を、溶液に溶かしてこの細胞に加え、受容体の活性化の程度を調べた。

 タール10ミリグラムを含む平均的なたばこの場合、活性化の程度は、ダイオキシン3万9300ピコグラム(ピコは1兆分の1)が受容体と結びついたのに相当した。体重60キロの人なら、国が定めるダイオキシンの1日耐容摂取量(体重1キロ当たり4ピコグラム)の164倍に当たる。タールの多いたばこでは200倍以上に達した。さらに、同受容体の活性化で特殊なたんぱく質を作るマウスを作成。主流煙を直接吸わせる実験や、受動喫煙と同じ状態にする実験をした。いずれも、活性化が確認された。

 北村教授は「たばこの煙で大量のダイオキシンと同じ害が出るわけではない。だが、遺伝子操作でこの受容体を活性化させたマウスはがんや免疫異常を起こす。喫煙者も同様の心配がある」と警告している。

[提供:毎日新聞社]







最終更新日  2006年08月09日 06時11分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年07月30日
カテゴリ:タバコ

日本人の喫煙率は、他の先進諸国に比べると極端に高い。

喫煙率の高さは発展途上国並である。

喫煙率の高さは文化の低さを表す。

もともと、タバコはアメリカインデアンから始まった

コロンブスが持って帰ってきて以来、文化人も吸い始めた訳だが、その後文化人ほどその害を理解し、喫煙率が落ちてきた。

日本人はその意味ではまったく遅れており、未開人のままである。

歩きタバコなどは、人の迷惑を考えない言語道断の所業である。

それでも、日本人男性の喫煙率は徐々にではあるが落ちてきている。

ところが、反面現代の若い女性の喫煙率が増えてきている。

外面ばかりを重要視し、表面的なことだけで内容のない今の若い低脳女性の馬鹿さ加減を表したものである。

男女同権はそうあるべきで否定はしない。

しかし、もともと、男性と女性とは生理的に違うのである。

女性は女性らしくすること、これは差別ではなく、それが自然の摂理で、社会全体から見ても好ましい姿なのである。

女性は喫煙すべきではないというと反発がきそうであるが、女性の方が肺癌(がん)リスクが高いからより止めるべきであるというと理解してもらえるだろうか。

こういうデータが出た上でも、まだタバコを吸う女性は馬鹿としか言いようがない。


喫煙する女性は、喫煙する男性に比べ肺癌(がん)を発症する比率が高いという報告が、米国医師会誌「JAMA」7月12日号に掲載された。

 米国では男女ともに肺癌が癌による死亡原因の第1位であり、2006年には女性7万3,000人、男性9万500人が肺癌で死亡すると推定されている。女性では、乳癌と大腸癌の合計よりも肺癌による死亡者の方が多い。問題の1つは、肺癌を早期に発見する確かな方法がないことだが、米コーネル大学(ニューヨーク州)のClaudia I. Henschke博士らは、ヘリカル(らせん)CT検査が有望と提唱している。

 Henschke博士らは、肺癌リスクの高い集団が、ヘリカルCT検査を受けることで生存率が向上するかどうかをみるための臨床試験データを二次分析した。喫煙歴のある40歳以上の女性7,498人および男性9,427人が、1993~2005年の間にCTによる検査を受けたデータで、女性の2.1%、男性の1.2%が肺癌と診断された。女性の肺癌の発症率は男性の約2倍であったが、肺癌による死亡率は男性の48%であった。喫煙年数、癌のステージ、腫瘍細胞のタイプなどの因子について調整しても、この結果は変わらなかった。

 このような性差がみられる理由はわかっていない。専門家の1人は、この研究では新たな肺癌と以前から存在していた癌との区別がされていない点を指摘している。女性は成長の遅い腫瘍の有病率が高いため、このことが結果に影響している可能性がある。また、外科手術に耐えられると思われる人のみを被験者とした点が影響したことも考えられる。

 今回の結果は、女性は男性よりも積極的に禁煙に取り組む必要があるほか、喫煙する女性は早期に検査を受ける必要があることを示すものであるが、問題は検査方法である。ヘリカルCTには、良性疾患も多数検知されてしまうという問題点がある。しかし、早期発見の必要性を考えれば、やはりヘリカルCTを超える方法はないと専門家はみている。

[提供:HealthDay News]







最終更新日  2006年07月30日 08時19分59秒
コメント(8) | コメントを書く
2006年07月20日
カテゴリ:タバコ

今日の昼食は、家族亭のそばを食べに久々に地下街に行ってみた。

しかしほぼ全店が閉まっていた。

何かの訓練か一斉休業のようだ。

仕方がないので新規開拓をした。

かっぱ横町のpiccoloに入った。

カレーとオムライスの店でお茶も飲める。

プレーンオムライスが何と380円である。

カウンターだけでなく、狭いがボックス席もある。

私は食事の時はカウンター席は嫌いで、ボックス席に大体座る。

と言っても、この店でコーヒーを飲むのは、いささか落ち着かないので、その後、会社の1階のホリーズカフェに寄った。

驚いたことに今時喫煙コーナーを新設している。

4台の空気清浄器を備え、ものものしい雰囲気である。

喫煙客は他の客ヘの煙害を考え、50円ブラスし、その分の儲けを禁煙客に割り引き、還元したら如何なものだろうか。







最終更新日  2006年07月20日 19時22分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年07月18日
カテゴリ:タバコ

たばこの煙には、4000種類以上の化学物質が含まれ、200種類を超える有害物質が含まれていると言う。

今回、その毒性を具体的に分かりやすく言った報告が発表された。

たばこの細胞内での毒性は、いわゆる猛毒でよく知られるダイオキシン並みであることが、 山梨大の研究で分かった。

喫煙者は毎日ダイオキシンを吸っていることになり、オームで有名になったサリンよりも致死率の高いダイオキシンを周りの人に散布しているのと同じ行為をしていることになる。

かわいい妻や子供に、ダイオキシンを吸わせたくなければ、早急に禁煙にふみきることである。

たかがたばこに、自分および家族の人生を縛られるのは、もう止めましょう!!


 たばこを吸うと、猛毒ダイオキシンが大量に体内に入った時と同じ反応が細胞内で起こる――。こんな報告を、山梨大医学工学総合研究部の北村正敬教授(分子情報伝達学)らが、米学術誌「キャンサー・リサーチ」15日号に発表する。

 ダイオキシンはヒトの体内に入ると、細胞にある受容体(カギ穴)にカギが入るように結びついて細胞を活性化させ、毒性を発揮する。国は健康に影響しない1日の摂取量を、体重1キロ当たり4ピコグラム(ピコは1兆分の1)と示している。

 北村さんらは、たばこの煙とこのダイオキシンの受容体とのかかわりに着目。市販されているたばこ1本分の煙を溶かした液体を使い、マウスの細胞の反応を調べた。国の基準の164~656倍のダイオキシンが受容体に結びついた状態にあたる活性がみられ、タール量が多いと活性も高くなる傾向が出た。

 さらに、受容体に結合すると血中に特殊な酵素が出るように遺伝子を操作したマウスに、たばこの煙を吸わせると、24時間後に酵素の量が約5倍に増えた。

 北村さんは「たばことかかわっていると見られる発がんや妊娠異常などはダイオキシンの健康被害と似ており、同じメカニズムが関与している可能性がある」と話す。

   
 〈キーワード:受容体〉 細胞や細胞膜に存在し、ホルモンや化学物質などと結合して細胞内に反応を起こすたんぱく質。ダイオキシンはAh受容体(芳香族炭化水素受容体)と結合し、毒性を発揮する。

[提供:朝日新聞]

 







最終更新日  2006年07月18日 06時44分36秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年07月02日
カテゴリ:タバコ

 製薬会社の調査によると、今回のたばこの値上げにより、禁煙のきっかけになったと答えた人が35%にのぼることが分かった。

上昇幅は大したことがない割には、禁煙志向が高まっている事が伺える。

喫煙はニコチン中毒であるので、たばこを吸っている人はその習慣性から抜け出せないでいるかわいそうな病人である。

たばこの値上げが、これを改善するということであれば、どんどん推し進めることが、本人のためにもなることである。

今回のような小さい幅の値上げではなく、イギリスなみの1箱1000円近くまで値上げをするべきだと思う。

そこまで値上げをすれば、現在の喫煙者は3分の1近くになると考える。

喫煙者が健康になる事による医療費の節減は、莫大なものになるだろう。

その節減費用を福祉に回せば、煙に消える莫大な費用が世の役に立つことになる。

一方、喫煙者は癌や心臓病だけでなく、息が吸えなくなって死んでいくCOPDなどの恐怖からも救われ、喫煙者・非喫煙者の皆が幸福になる手段として、たばこの大幅値上げを提唱したい!!


 7月1日からたばこが値上げされるのをきっかけに、禁煙しようと思う人は3割余り--。製薬会社ファイザーの調査でそんな結果が出た。

 6月、札幌、仙台、東京、名古屋など全国7都市の喫煙者700人にインターネットで聞いた。

 たばこ税の増税で、1本あたり約1円値上げされ、マイルドセブンが270円から300円、セブンスターも280円から300円になるなど、大半の銘柄が300円台になる予定。

 これを機に、「禁煙しようと思う」と答えた人は35%。うち4割近くが「初めての挑戦」と答えた。3年前の増税で「禁煙に挑戦した」人は12%で、今回より低かった。

 「値上げのたびに禁煙の意向は高まっており、禁煙促進の効果はあるといえる」と同社。

 一方、今回、禁煙を考えていない65%は、「イライラしてしまう」(57%)、「自分には禁煙は無理」(46%)、「決意するほどの増税額ではない」(29%)などを理由にあげた。「禁煙しようと思う価格」を聞くと、36%が「500円以上600円未満」、12%が「1000円以上」などとし、計56%が「禁煙を考えるのは500円以上」とした。

[提供:朝日新聞]






最終更新日  2006年07月02日 06時52分42秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年04月22日
カテゴリ:タバコ

  小猿(私がマスターに付けた仇名)の散髪屋から帰ってきた。

いつもだいたい1.5ヶ月に1回の割で行っている。

朝一で行っているが前回は1番でなかったので、今日はいつもより早く8:30開店のところを8:00に行った。

一応、待つ人のために店は早くから開けている。

めでたく1番で、2番目の人は8:10に来た。

席は4つなので、4人までは待たずにやってもらえる。

今日感じが悪かったのは、3番目の客がタバコを吸って入ってきたことである。

一応灰皿が置いてあるので、文句も言えないが、1,2,4番目の客は、近くで間接喫煙に付き合わされる破目になった。

そういう無神経な奴に限って、吸い終ったタバコを完全に消していないで、タバコの煙をいつまでもたっていることが多い。

こちらが消したら、手が汚れ、嫌な臭いが手に付くので出きないが、本当に頭に来ることである。

喫煙者の皆さん、閉所での喫煙は遠慮しましょう!!







最終更新日  2006年04月22日 10時58分43秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年03月28日
カテゴリ:タバコ
 米カリフォルニア州南部のカラバサス市では歩道やバス停も禁煙になるという。

違反すると約5万円の罰金を取られると言う。

私がいつも主張している
1.歩きタバコの罰金制
2.タバコ1箱1000円
を日本でも実行すれば、喫煙者は半減し、健康人が増えクリーンな日本になることだろう。

*********************************************************************

 米カリフォルニア州南部のカラバサス市は17日、屋外でも歩道やバス停など近くに人がいる場所では喫煙を原則禁止とする「受動喫煙管理条例」を施行した。禁煙の先進地として知られる同州では、すでに職場や公共施設は州法で禁煙となっているが、その対象をさらに屋外に広げる今回の市の措置は全米でも注目を集めている。

 条例によると、今後喫煙できるのは個人の自宅やショッピングモールなどの指定喫煙場所、ホテルの2割以下の客室などに限られる。違反した場合は最高500ドルの罰金をとられる。

 カリフォルニア州ではサンタモニカ市のように、浜辺など屋外も禁煙としている市は多いが、カラバサス市条例は人が多いレストランやバーの出入り口まで禁煙とする厳しい措置だ。

[提供:朝日新聞]






最終更新日  2006年03月28日 06時31分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月27日
カテゴリ:タバコ
「国会は全面禁煙を」と超党派の国会議員でつくる禁煙推進議員連盟が申し入れたとのことである。

今頃と言う感じがするのは私だけであろうか!?

民間のペースに比べ、かなり遅れた対応であり、企業で言うと3流企業という感じである。

政府は民間をリードするようであって欲しいものである。

*********************************************************************

 超党派の国会議員でつくる「禁煙推進議員連盟」(綿貫民輔会長、77人)は22日、国会関連施設を4月から原則として全面禁煙化するよう求めていくことを決めた。近く、関係議員が衆参両院議長や議院運営委員長らに申し入れる。

 現在、本会議は衆参両院とも禁煙。委員会は衆院が96年6月の議運で全面禁煙を決めたが、参院ではいまだに一部の委員会で喫煙が許されている。また、議員会館などの関連施設は喫煙コーナーなどを設けて分煙をしているが、廊下に分煙機を置いただけで煙が漏れる場所もあり、苦情が寄せられているという。

 議連は、(1)国会関連施設の原則、全面禁煙をめざす(2)特に参院の全委員会の禁煙化(3)やむを得ず分煙機を設置する場合も必ず屋外に排気すること、などを求めている。

 自身も禁煙をした綿貫会長は「世間で禁煙ムードが高まっているのに、立法の府である国会が範をたれなくてどうするか」と訴えている。

[提供:朝日新聞]






最終更新日  2006年03月27日 06時31分20秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年02月17日
カテゴリ:タバコ
 英国のパブ・レストランが、来夏から全面禁煙になると言う。

大変好ましい事だと思う。

今の日本では禁煙席と言っても同じフロアーで分けているだけで、煙はフロアー中を充満している。

単なる見せかけに過ぎない。

早急に日本でも全面禁煙にし、喫煙者は外で吸うか、空港にあるような外には絶対煙が洩れないような喫煙ブースの中でのみ吸うようにするべきだと思う。

そのうち、屋外でも吸えるのは喫煙ブースの中でのみ吸えるようになるかもしれない。

そこまでして吸うよりも、自分の健康のため、家族の健康と幸せのため、1日でも早くタバコは止めましょうね!!

*********************************************************************
 英下院は14日、パブやレストラン、職場など屋内の公共の場を全面禁煙とする健康法改正法案を圧倒的多数で可決した。上院でも可決される見通しで、07年夏から施行される。政府は喫煙を黙認したパブの経営者らに対し、2500ポンド(約51万円)を科す方向で検討に入った。

 この法案はイングランドが対象。スコットランドは来月から全面禁煙に移行する予定。北アイルランドでは来年4月から同様の措置がとられる見通しだ。ウェールズ議会も追随する方針だ。

 法案をめぐっては、食事を出さないパブや会員制クラブなどを例外とする妥協案が提出された経緯があるが、嫌煙家団体は「健康被害を減らすには不十分」、パブ経営者らは「不平等な競争」と不満が高まり、最終的に全面禁止に修正した。

[提供:朝日新聞]






最終更新日  2006年02月17日 19時27分54秒
コメント(2) | コメントを書く

全43件 (43件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.