健康、長生き、アンチエージング

全184件 (184件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

経済的健康

2016年07月03日
XML
カテゴリ:経済的健康
身体的健康、精神的健康も大切であるが、このベースにあるのが経済的健康である。

経済的健康がままならないと他の健康がよくても、だんだんと足を引っ張られてくる。

同じ一生、経済的に裕福な環境を造り上げるのが男の甲斐性である。

現在のような成長が止まった日本で労働収入だけに頼っているといつか痛い目に会う確率が高い。

権利収入など自分が働かなくても収入が入る道を見つけておくことが絶対に必要である。

私も苦節10年?、最近やっと2つの「金のなる木」を見つけた感じで、権利収入のありがたみを享受している。

その一つを最近ブログで書いている人がいるので、ここで紹介したい。

その意識がある方は、「marboのブログ」を参考にしていただきたい。

彼氏は還暦を控えた肉体労働者であるが、関西の一流私立大学を出ている。

当時は就職先もよく、そのまま行けば幸せで平穏な生活を約束されていたが、若気の至りで水商売の道に進んだ。

その後紆余曲折があり現在に至っている。

その彼氏にこの度幸運の神様が舞い降りた。

その後の展開はブログで(*´∀`)♪ 






最終更新日  2016年07月05日 14時31分17秒
コメント(0) | コメントを書く


2016年04月10日
カテゴリ:経済的健康

久々にフリーページを追加したが、「貧乏・貧困からの脱出法」という内容である

失われた20年と言われる不景気で、サラリーマンの年収もだんだんと下がり、若者も正社員になるのが難しくなっている。

学生も奨学金を借りられるのはいいが、卒業時には1000万円近くのお金が借金として残る。

正社員で就職できればいいが、非正規社員ではこの借金を返すのは並大抵のことではない。

一旦貧困層になると中々抜け出せず、それは代々の貧困の連鎖に繋がっていく。

私はお金持ちは相手にしないが、そういった貧困層や貧困予備軍を救いたいと思っている。 

「お金をそんなに稼いでどうするの?」と言われる方もおられるが、私は「稼げる方はどんどん稼いでいただいて、いっぱい寄付しましょう。」と言っている。 







最終更新日  2016年04月11日 14時39分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月31日
カテゴリ:経済的健康

3月より再開した株取引であるが、一本調子の上げ相場で順調に推移してきたものの、5月に入り2度も暴落し、乱高下を繰り返す落ち着きのない展開になっている。

今まで右肩上がりの各銘柄の株価も、上下循環のBOX相場の様相を呈してきた。

もう一段の下げがある可能性もあり、信用で大きく相場を張るのは大変危険と判断し、本日全株処分した。

今後は元金を抜いた後の利益で、スイングトレードを不安感なくやって行きたいと思う。 







最終更新日  2013年05月31日 14時21分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月17日
カテゴリ:経済的健康

久々に株式市場に戻った私であるが、ここ2ケ月間の投資成績は大変調子がよく、毎日の利益に浮かれていたが、一昨日から私の持ち株は暴落に見まわれた。

昨日もここまで下げるかという位暴落し、その後の下げも不安になり、今までしたことがなかったロスカットを一部やった。

日頃からのロスカットの重要性はどの株本にもうたっているところである。

しかし、私の扱う株は値動きが激しく、非常時のロスカットのため逆指値でもして置くと、意味もなくすぐに引っかかってしまう。

そのままロスカットをしないでほって置くと、そう日数が経たないうちに、元に戻るのが常であった。

本日の相場を見てみると、案の定、2日間の暴落が嘘のように、急騰して株価が回復していた。

結果的には、昨日のロスカットは余分な行為であったようである。

そこで私なりの投資法として、常識とは違うが、いちいちロスカットをしないということを考えてみた。

ただしその場合、問題点が3つある。

まず第1には資金に限りがあるので、塩付け株が多くなると、新規投資に回す資金が枯渇することになり、資金効率が悪くなる。

そこで、売却目標値が値入が出来ないストップ高以上になった場合は、資金効率からロスカットを考慮する。

第2は暴落が続き、信用の維持率が不安になった場合の対策として、信用は無理しない程度に抑えるということ。

第3には、現物株も資金いっぱいには投資しないで、現金が余裕のある時は出金をして、別口座に暴落時非常用資金としてプールしておくこと。

いちいちロスカットを気にすることなく、暴落時も相場から退場しない体制にするためには、以上の3点を推し進める必要がある。







最終更新日  2013年05月17日 14時31分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月06日
カテゴリ:経済的健康

9年前、まだサラリーマン現役時代であるが、かなり大きな金額で株売買をやっていた。

詳しいことは忘れてしまったので、その当時の手帳で確認してみた。

それによると、何と今の10倍以上の資金を動かしていたようである。

一時はサラリーをゆうに上回る利益を上げ続けていたが、一度の暴落により市場からあえなく退場となった。

その原因を改めて確認すると、資金管理に大変無理があることが分かった。

行け行けドンドンで市場が上り調子の時はいいのだが、暴落時には目も当てられなくなる。

そのためには、全トレード資金を注ぎ込まないこと、信用取引きは原則的にやらないことが、その後も市場に残れ、継続的に利益を上げ続けられる条件となる。

当時はこれらの資金管理ルールが、どちらも守られていなかった。

危うく今回も同じ失敗を繰り返すところであった。

すなわち一時的に資産を何倍に増やしても、1回の暴落で立ち直れなくなるのである。

一番重要なことは市場でいつまでも継続売買出来るようにすることである。

9年前の失敗の轍を二度と踏まないよう、慎重にゆっくりと構えてやりたいものである。







最終更新日  2013年05月06日 14時59分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月22日
カテゴリ:経済的健康

株式トレードは面白いのと経済的健康のためにやっているが、身体的健康にはいいとは言えない。

パソコンを見ているとただでさえ目が疲れるが、株価の値動きを見ていると目がチカチカし、特に目に悪い気がしている。

デイトレードは刻々の株価を見ながら、すばやい売買をしなければならない。

とても、我々素人の頭の回転およびパソコン環境ではついていけないというのは、充分分かっていた。

そこで、我々シニアトレーダーには、健康面および能力面から言ってスイングトレードが向いているようである。

今後、スイングトレードの研究をより深めたいと思う。







最終更新日  2013年04月22日 10時44分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月19日
カテゴリ:経済的健康

株のデイトレードは、指値の失敗から開店休業状態。

高値掴みでしばらく塩ずけが必要になるだろう。

デイトレードの難点をもう一つ発見した。

株価の点滅を見ていると思った以上に目が疲れ、定年後の仕事としては向かないと思う。

経済的健康が上がっても、身体的健康を悪くすれば、何の意味もない。

やはりこのことでも、高齢者はデイトレードよりもスイングトレードが向いている。

さて今回の新ビジネスの方は、大変な人気で急拡大している模様である。

無料ビジネスという点が味噌である。

これが、究極の権利収入に育つかどうか、今後が楽しみである。







最終更新日  2013年04月19日 11時51分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月17日
カテゴリ:経済的健康

さえない相場展開で2連続利益ゼロが続き、当分塩ずけを心配していたが、本日久々に売却でき、運転資金が一部戻った。

塩ずけが半分解消した形である。

本当のデイトレードは損切りを素早くし、資金効率を上げるのが定石であるのだが、素人は大抵の人がそうであろうが、損切りが中々出来ない。

まあプロのトレーダーでもないし、現物でやる限り借金にもならないので、100%定石通りする必要もないかと思っている。

一番怖いのは1年に何度かある急落と数年に一度ある暴落である。

それまでに如何に貯金が出来るかが勝負である。







最終更新日  2013年04月17日 11時22分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月10日
カテゴリ:経済的健康

デイトレード方法は人によって大きく違うと思う。

通常デイトレードは株価の動きを見ながら、瞬時に売り買いを判断し、注文を出す。

プロの機関投資家はそれが勝負となるため、パソコン環境も完璧である。

私の場合はそういう瞬時の判断は出来ず、パソコン環境もモバイル1台でやっているため、まずはプロのトレーダーに追いつけっこない。

それでは、素人は儲けることは出来ないのか!?

素人は素人なりの方法がある。

私の場合は前日に売り買いのUターン取引きを入れて置く。

翌日通常はそのままの場合が多いが、相場を見る時間のある時は指値の修正をしたりする。

その修正はその日の自分の気分によって、強気、弱気が分かれる。

株は心理ゲームというのはそういうところにもある。

利益を控え目にした指値修正によって、上手く利益が取れることもあるし、修正したことにより実際は取れていた大きな利益が半減することもある。

その反対に欲張って利益を大きく見過ぎて、元の木阿弥になる場合もある。

本日は利益を減額した指値を入れ直したところ、売りは成立し利益は取れたが、そのままにしておいてた方がより大きな利益を取れたところであった。

こういった場合は大変悔しい思いをするが、死んだ子の年を数えるようなものということで、納得するようにしている。







最終更新日  2013年04月10日 21時06分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月07日
カテゴリ:経済的健康

台風並みの低気圧が来ている。

雨は止んだがまだ風が強いとのことで、さすがに毎朝の日課の30分ノルディックウォーキングは取り止めた。

しかし、本日は午後から新ビジネスセミナーがあるので、新大阪に出掛けることになっている。

このビジネスはSNS関係で、将来の完全権利収入になる可能性が高い。

講師も依頼されているので、自分でも勉強、研究したいと思う。

さてデイトレイダーの方であるが、今の相場が上り調子なので順調に推移している。

この手の収入で驚くのは、投資金額を一桁上げるだけで、労働力は一緒で利益も1桁上がるということである。

発注のゼロをひとつ付けるだけのことで、10倍の利益が入って来る。

勿論、損の場合はその逆で10倍の損をする訳であるが、お金持ちはきつい労働をしないで、よりお金持ちになるからくりが分かる気がする。

相場が下り調子になった時に、如何に儲けを出せるかが今後の一番の問題である。

その時に備えてトレードスキルを高めるべく、デイトレードのテクニック本を読んで勉強をしている。

今の私のパソコン環境であるが、パナソニックのモバイルパソコンのレッツノートですべて処理している。

プロのトレーダーと比べると月とスッポン、あまりにもPC環境が貧弱過ぎるので、近々ディスプレイの大きなパソコンをもう一台増設する予定である。







最終更新日  2013年04月07日 07時25分08秒
コメント(0) | コメントを書く

全184件 (184件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.