050866 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「雇われない生き方」実践レポート

PR

X

全5件 (5件中 1-5件目)

1

囲碁・初段へのはるかな道・・・

January 12, 2006
XML
年が変り、10日も新しい年を歩んでみると、昨年とは違った歩みになっているのに気づきます。

・仕事面:仕事といっていいのかどうかは疑問ですが、FX(外国為替証拠金取引)の勉強を始めました。
バブルの頃の株式、商品先物以来の取り組みです。
といっても、まだ実際に取引を開始したわけではありません。
バーチャル取引で腕だめしをはじめたばかりです。

・意識向かず、ネットでの囲碁を年末年始していませんでした。
昨日、はじめて2局、結果は1勝1敗。
休んでしまうと、腕は落ちるものです。 これはスポーツだけではなく、こんな頭脳ゲームでもいえることですね。

・ちょっと寒すぎて・・・体動かしていません。
冬のこの時期、外でのジョギングはちょっと勇気が必要ですね。やはりスポーツジムがいいのかな・・・と、この季節は感じます。

といった、稽古ごと、鍛錬、練習にも新しい年の波が訪れています。







最終更新日  January 13, 2006 01:54:26 AM
コメント(1) | コメントを書く


November 19, 2005
テーマ:囲碁全般(732)
久々に囲碁ネタです。

時間に余裕がある日は、1日平均2局~3局打つようにしています。
週2日か3日ペースになっています。
そんな中で気づいた自分の性格。

格上に勝つことが多い。

しか~し、

格下相手の負けはもっと多い。

これも性格の現われでしょうね。

自分より強い相手だと・・・
緊張する、集中する、チャレンジ精神がわく、闘争心が強くなる

自分より弱い相手だと・・・
ゆったりと余裕を持ってしまう、集中力が欠ける、やさしい気分で甘くなる(とくに女性と思われる相手だと^^; いえいえハンドネームだけでのお付き合いですから真実は藪の中(ネットの中?)なのです。)


こんな性格、仕事面その他でもそのまま現われているような・・・
簡単な案件、ルーティングワーク、交渉力の弱い取引先、etc.
このあたりをおろそかにしないこと!

「囲碁からの気づき」・・・でした!








最終更新日  November 19, 2005 05:46:55 PM
コメント(2) | コメントを書く
October 20, 2005
東大教養学部でで囲碁講座で正規に単位取得ができるようになったと、東京新聞が報じている。

日本の囲碁は最近、韓国や中国に押され気味。
裾野拡大が大切との思いが背景にあったようだ。

裾野拡大には、身近なところで折に触れて囲碁に触れる環境が大切だろう。
私が子供の頃には、縁側に碁盤や将棋盤がおいてあり、縁側で対戦する大人の姿がここかしこにあった。

マーケティング的に考えれば、若い女性と子供の愛好者を増やせばいいように思える。
教育に熱心な母親がこの記事に触れて関心を示して、わが子に・・というに留まらず、自分でも始めるようになれば面白いかも。

ネットで対戦する時、女性と思われるハンドネーム相手だとちょっと華やいだ雰囲気や穏やかな手合いになることも・・・・。
ネカマかも知れないのだけれど(~_~;)
気の弱い小生はいまだチャット機能を利用して話しかけたり出来ないでいる。

さて、我が家ではネットで対戦する姿を中学1年の息子に見せているのだが、
ゲームに熱中する彼の興味を引きつけるには今だ至っていない。







最終更新日  October 21, 2005 03:31:37 AM
コメント(2) | コメントを書く
October 10, 2005
 勝負は 序盤(布石)→ 中盤 → 終盤(ヨセ)の流れで進んでいくが、各段階での力をバランスよく身に着けないと強くなれない。
仕事・・・人生でも同じことがいえるかな・・・。

・布石のまずさをヨセで挽回するには限度がある。
 (言い換えると、戦略の誤りは戦術でカバーできない)
・ヨセのまずさでどんでん返しを食らうこともある。
 (先端技術で局面打開ってことかな・・・)

しかし、交互に石を置いていくゲームなのに、格上にはこうも歯がたたないものか・・・・^^;
身の程知らずに、10級、11級との対局を重ねていたら・・・・とうとう19級に降格してしまった。






最終更新日  October 11, 2005 04:56:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 3, 2005
楽天日記をサボっていた3ヶ月ほどの間に、インターネットで囲碁をすることを覚えました。

子供の頃、実家の縁側に厚さ30CMもあろうかという碁盤があって、今はなき兄と五目並べや囲碁の真似事をした思い出があります。

ただ、囲碁や将棋は相手が必要なこともあり、それ以後、手付かずになっていました。

今回、パソコンスクールの受講生の皆さんに勧める”WEB講座”の一つに”囲碁入門講座”があったわけです。
まあ、ミイラ取りがミイラになった・・・って事ですね。

なんといっても相手を探す苦労がないのがすばらしい。
真夜中の3時4時でも対局待ちの人が世界中に200人くらいはいるのですから・・・


囲碁ですから、段や、級があります。
最初がビギナー、何回か勝ち越すと20級、20級★、19級、19級★・・・・と昇級、昇段していきます。


エッ?? 強いのかって???
聞かないでください。
買ったり負けたりして、18級と15級を行ったり来たりしています。

だから、楽天日記にあたらしいカテゴリーをつくりました。
”囲碁・初段へのはるかな道”

勝負事は自分を見つめるには結構役立つものですよ。
攻めることばかりで守りを忘れていたり・・・
集中力がなくなっていたり・・・
何故か消極的になっていたり・・・
寝不足がどれほど知的活動を低下させているかとか・・・


そんなざる碁を通して感じたことも書いていこうと思っています。







最終更新日  October 3, 2005 05:52:31 AM
コメント(4) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.