022251 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~創生陸玖の『Learning Journey』~

2020.09.05
XML
カテゴリ:学びまとめ
才能の分かち合いとは、自分の得意なことを人々と共有して、世界に貢献していくことだと思います。

自分の得意なことや好きなことで、世界に貢献できれば、与えた分だけお金も入ってくるでしょうし、生き生きとした人生を送れるのではないでしょうか。

しかし、才能とは一部の人にしか与えられないものだというのが一般的な考え方でしょう。


才能は、天才にしか与えられない?


スティーブ・ジョブズやイチロー、ジョン・レノンなど、天才と呼ばれる人たちにしか才能はないと思われています。
しかし、計算が得意、名前をすぐ覚えられる、創作が好き、など小さな才能を誰しも持っています。
それに気づかず、そしてその才能を磨いていないことが人々の誤解につながっています。


自分の才能を分かち合うとは


まず、自分の才能に気づいているか、というのが第一ステップでしょう。
才能は、「探すもの」ではなく「思い出す」ものです。子供のころ、好きだったこと、得意だったこと、それが小さな才能の発見につながります。
また、今気になることや、やってみたいことなどにも自分の才能を見つけることにつながります。
そして、自分の得意なこと、好きなことを人のために使えるか、というのが才能の分かち合いにつながっていきます。
料理が得意なら人に料理をふるまえるし、ものを作ることが得意なら机や椅子を作って人にあげたりすることができるでしょう。


才能をお金に変えるためには


自分の得意なことや好きなことが、ある一定の技術まで上がったら、お金をいただけます。いわゆる「プロ」ということです。
得意な料理もお店を出して展開できるし、机や椅子を作って売ることもできます。
そして、自分の得意なことを「人に教える」ということで、お金に換えることもできます。そこから教材を作れば、それもお金に換えられると思います。



まずは自分の才能(得意なこと、好きなこと)を発見して、それを磨き、プロのレベルまで上がれば、自分の才能を人々と分かち合えるでしょう。
好きなことが仕事になれば、それがライフワークとなり、「好きなことで生きていける」という人生になると思います。
まずは、自分の小さな才能を思い出してみましょう。

それでは、読んでいただきありがとうございます。






最終更新日  2020.09.05 09:22:46
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

プロフィール


創生陸玖

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

サイド自由欄

ブログ村のランキングに参加中です♪
PVアクセスランキング にほんブログ村

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.