000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~創生陸玖の『Learning Journey』~

2020.12.23
XML
カテゴリ:自分の考えまとめ

心が苦しい時に、ふと心が軽くなった、という経験はないでしょうか?

 

いい景色を見たり、友達とおしゃべりしたり、人それぞれ感じる時があると思います。

 

自分も仕事で苦しい時期がありました。そんな時期に、河口湖へ旅行に行き、富士山を見た時に感じたことを、今回書きたいと思います。

 

 

モヤモヤした心と曇り空

 

旅行の初日は、あいにくの曇り空でした。仕事がうまくいっていない時期で、モヤモヤした空が、ちょうど自分の心をあらわしているようでした。

 

今にも雨が降りそうな天気の中、愛知県から富士山を目指します。富士山周辺の観光地を巡り、河口湖の近くにあるホテルに一泊しました。

 

ホテルに着くと、雨が降り出します。その中で、ホテルの大浴場へお風呂にいきました。晴れていれば、大浴場から富士山を一望できるのですが、雲がかかっていて、見えませんでした。富士山旅行につもりでしたが、なかなか富士山と対面できずにいました。

 

雲の先にある青空

 

大浴場に浸かっていると、少し雨が弱まりました。外を見ると、雨雲の先に少し晴れている青空が見えました。

 

この時、インスピレーションのように、頭に考えが思いつきました。

 

「この空のように、今は雨でもその先には晴天の青空が必ずある。人生においても、苦しい時期の先には、素晴らしい日々が必ずある」

 

不思議と、一瞬にしてその思いが頭をかけめぐりました。

 

青空の先には無限の宇宙がある

 

そのインスピレーションには、続きがあります。

 

「そして、空は晴れでも雨でも、その空の先には広大な宇宙がある。人生も、その先には無限の可能性が秘めているのだ」

 

一瞬にして、その考えが頭にひらめきました。

 

考えが急に思いつくといった体験は、自分でも何度かありますが、仕事で苦しい時期だったので、この教えは身体に沁みました。

 

結局、富士山は雲におおわれていることが多く、ホテルに泊まった次の日の早朝に一度だけはっきりと見れただけでした。

 

その一度だけしか見れなかった富士山でしたが、その一度だけでも、ものすごいパワーをもらったような気がします。なので、このインスピレーションも富士山からの啓示だと思い、一つの指針にしたいと思っています。

 

人それぞれ、必ず苦しい時期には意味があると思います。そして、その経験をどのように使うかで、未来に無限の可能性があるのだと思います。

 

「止まない雨はない」

 

あきらめずにやってみましょう。

 

 

それでは読んでいただき、ありがとうございます。







最終更新日  2020.12.23 07:20:05
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

プロフィール


創生陸玖

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

サイド自由欄

ブログ村のランキングに参加中です♪
PVアクセスランキング にほんブログ村

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.