020850 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~創生陸玖の『Learning Journey』~

2021.05.03
XML

 「前知識」があると、どんな効用があるのでしょうか?

 

 たとえば、オペラや歌舞伎など、知識を持っている状態で見に行くのと、知識を持たずに見に行くとでは、まったく違った見方ができるのではないでしょうか。野球やサッカーなど、スポーツでも、ルールを理解しているか、選手を知っているかで、見る気持ちも変わってくるのだと思います。

 

 今回は、そんな「前知識」についてまとめていきたいと思います。

 

前知識は深い学びにつながる

 早く成功する人とそうでない人の違いは、何でしょうか? これは「早く成功する人は、話を深く理解する人。遅い人は、経験しないとわからない人」という違いです。

 

 先ほどの、オペラや歌舞伎、スポーツのたとえでも言ったように、理解していると、そうでないとでは、見方が変わってきます。一つの出来事に対しても、対処の違いが出てくるのです。

 

 スポーツを実際にやることを考えてみると、わかるのではないでしょうか。ルールや基本の動きを知っているだけで、知らない人と違いが出てきます。

 

 前知識を持っていると、1の話を聞いて、1020がわかることにつながります。これにより、経験者の話を聞いて上達する最短ルートが導き出せるのです。

 

前知識を適切な判断に変えていく

 上達する最短ルートがわかったとしても、それを成功させていくには行動を起こして、経験を積んでいくしかないでしょう。前知識を適切な判断へと変えていく必要があります。

 

 成功への道のりは、適切な判断のたまものでもあります。適切な判断は経験のたまものであります。そして、経験は間違った判断のたまものであることも少なくないのです。

 

 適切な判断をしていくためには、前知識を持ってどんどん経験を積み重ね、検証していく必要があります。適切な判断という技術は、反復によって習得するものだからです。

 

 また直感というものも、判断をすることにおいて大切になってくるでしょう。直感を磨くためにも、経験が必要になってくるのです。

 

 成功への道のりは長期的な視野が必要です。人生に失敗などありません。あるのは結果と経験なのです。

 

前知識を深め自分を磨こう

 もし相手がつらい想いをしていたら、相手に優しい言葉をかけられるでしょうか。

 

 相手の気持ちをくみ取れるかどうかは、その気持ちを自分自身が知っているか、知っていないかの違いなのです。同じようにつらい境遇に合った人は、その気持ちを理解できます。

 

 成功に必要な情報を拾えるかどうかも、その情報が必要だと理解しているかどうかの違いなのです。本を読んで「この本は役に立たなかった」となっても、それは情報をくみ取れる知識がなかったという可能性があります。

 

 自分のクセや方向性を理解しておくことが、人の話を聞くうえでも、本を読むなかでも、大切になってきます。本や話から自分に合う大事なことを拾うために、自分自身を理解していることが大切なのです。

 

 つまり、自分自身を理解しているということが成功においても、とても大切なことです。そして前知識を深めて、自分を磨いていくことが、成功への道のりなのです。

 

 

 いかがだったでしょうか? 今回は「前知識」についてまとめてみました。

 

 前知識を持っていると世界の見方が変わります。知っていると知っていないとでは、考え方が変わってくるものです。しかし前知識を持ちすぎて、頭でっかちになっていると、うまく動けないと思います。知識と行動のバランスが大切なのだと思います。

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。




【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​



 









最終更新日  2021.07.10 22:34:59
コメント(0) | コメントを書く
[読書術・文章術(インプット術・アウトプット術)] カテゴリの最新記事


PR

X

プロフィール


創生陸玖

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

サイド自由欄

ブログ村のランキングに参加中です♪
PVアクセスランキング にほんブログ村

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.