015648 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~創生陸玖の『Learning Journey』~

May 17, 2021
XML
カテゴリ:自分の考えまとめ

 今回は「直感」についてまとめたいと思います。あなたは自分の「直感」を信じていますか?

 

 プロ棋士の羽生善治さんは、「経験を積むほど、直感は磨かれていく」と言っています。私も最近のある出来事で、あらためて直感について考えるようになりました。そんな「直感」について考察していきましょう。

 

そもそも直感とは?

 そもそも「直感」とは何でしょうか? 未来予知能力のようなスーパーパワーなのでしょうか?

 

 直感は、人間誰しも持っています。身体の一部であり、人生の一部です。本能的にビビビとくるものであり、そして自分を守るものでもあります。

 

 直感は感覚的に下りてくるものです。人によって、ビジュアルで思いうかべたりするなど、自分にとって何がいいものなのか、を見ています。

 

 日本の言葉にも直感のような言葉があります。

・「虫が知らせる」=何か不幸な出来事が起こるような、嫌な予感がする意で、これといった理由もなくいつもとは違った行動をとったことを、後に思い起こしていう言葉。

・「虫が好かない」=はっきりとした理由はないが、何となく嫌だと思う様子。

(三省堂、故事ことわざ・慣用句辞典より参照)

 

 このように直感は、自分を守るような役割を持っています。「生理的に嫌」が、今の言葉で近いのではないでしょうか。

 

・「自然界の第六感と人間の第六感」 2021年1月19日のブログ記事

・「クリプトクロムと第六感」 2019年11月26日のブログ記事

 

 これまでのブログでも、人間の第六感について書いてきました。その内容で「地磁気の方向が変わると人間の脳波も変化する」「この感覚は自分で認識することができない」など、人間は直感を備えているが、意識的に使えていないのでしょう。

 

私が感じた直感?!

 だんだん暖かくなってきました。もう暑いくらいでしょうか。暖かくなってくると、虫さんたちが活動的になってきます。そこで先日、ある直感のような体験をしたので紹介したいと思います。

 

 ある日、パソコンに向かってブログ記事を書いているときでした。首の後ろに何かチクリと、針で刺されたような感じがしました。

 

 そのあと、ふと窓の方を見たところ、なんとハチがいたのです。(_)!

 

 窓と網戸の間にいたので、室内には入ってきていませんでした。窓と網戸の間に閉じ込められている状態です。アシナガバチでした。( ̄□ ̄;)

 

 これでは窓が開けられないと思い、すぐに追っ払いました。(フゥ…) 私は、ハチに3回ほど刺されたことがありますが、めちゃくちゃ痛いんですよね。なので、焦りました。

 

 最初の首元に「チクリ」として感覚は、ハチがいるという「直感」だったのかな、と考えています。もしくは、何かの“知らせ”だったのかもしれません。

 

 これは、自分の身を守るという本能からの合図だと、今のところ分析しています。以上が、私の直感の体験談でしたが、何かわかる方がいましたら教えてください。

 

直感を身につけるためには?

 私の経験からも「直感」は、人生に役に立ちそうな気がします。羽生さんは、経験が直感を磨いていくと言っていますが、具体的にどんなことをしたらいいのでしょうか?

 

 直感を身につけるための3つのポイントを見てみましょう。

①感覚の意識を高くする

②日ごろから直感(意識)を鍛える

③直感が来たら即行動

 

 直感は、いろんな感覚であらわれます。皮膚感覚、ビジュアルで見える、味覚、嗅覚なども直感の一つです。皮膚感覚だと、ゾクゾクするや、フワッとするなども直感の情報です。

 

 他にも体が熱くなるなど、胸キュンもロマンスの直感です。こういったことは、あきらかにわかるでしょう。感覚の意識を高くするということは、感じたことを大切にすることです。

 

 そして、直感を身につけるために、そういったことを普段から感じる練習をしておくことが必要です。たとえば、一瞬でYESNoを出す練習や、普段から周りの看板などの言葉をメッセージとして読み取る練習です。

 

 周りにある情報を何かのメッセージと捉え、ブラッシュアップしていくことで、直感が磨かれていきます。そして、直感が来たら、すぐ行動するようにしましょう。「○○になろう」「○○しよう」と思った瞬間から行動を起こすことです。「悩まない」は大切です。

 

 

 いかがだったでしょうか? 今回は「直感」についてまとめてきました。

 

 私の経験を思い返すと、なんとなく嫌な感じというのは「静電気」の感じに似ています。あと、食べ物を口に入れたとき「これを食べたらお腹を下すかも」とわかるような感じがします。これらも、自分を守ってくれている感覚なのかもしれません。

 

 「直感は経験で磨かれる」、これは違う角度から見ると、「山を張る」の言葉のように、バクチ感が高いイメージです。けれども、日ごろから自分の感覚を意識することが、大切なのではないでしょうか。日常から「直感」を役立たせるために、自分自身の感覚を大事にしてみてください。

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

【参考】



・三省堂故事ことわざ・慣用句辞典第2版 [ 三省堂 ]

本田健がリン・ロビンソンさんから学んだ直感を上手に使ってる人の5つの習慣


【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​


















Last updated  May 17, 2021 07:30:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
[自分の考えまとめ] カテゴリの最新記事


PR

X

Profile


創生陸玖

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Archives

Category

Free Space

【カテゴリの補足】
「学びまとめ」=分析結果
「自分の考えまとめ」=思考結果

© Rakuten Group, Inc.