049479 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~創生陸玖の『Learning Journey』~

2021年10月19日
XML




 今回も「引き寄せの法則」についてまとめていきます。今回の内容は、引き寄せの法則のポイントをまとめています。

 

 引き寄せの法則のポイントを「引き寄せの法則でコントロールする3つのもの」と「ミラーニューロンの活用法」の2つから見ていきましょう!

 

「引き寄せの法則」でコントロールする3つのもの

 引き寄せの法則とは、思考(想い)のエネルギーが、現実の物質に影響を与えることです。「類は友を呼ぶ」の言葉通り、人間も同じような考え方や価値観が合う人が引き寄せられます。

 

 エネルギーがあるものは、物質と等価に交換ができ、引き寄せの法則を活用していくと、運気が上がり、何事もスムーズに進んでいくのです。

 

 それでは、「引き寄せの法則」をマスターするために、コントロールする3つのものを見てみましょう。

 

①感情

②意識のチャンネル

③口ぐせ

 

「①感情をコントロールする」

「引き寄せの法則」は、同じ波長・周波数のものが共鳴します。現実も感情の周波数と共鳴して起こります。たとえば、「イライラ・怒り→イライラすることばかり引き寄せる」「不満・愚痴を言う→不満・愚痴のようなことを引き寄せる」といったことです。

 

 つまり、常に穏やかな気分・平穏を保つ、常にいい気分でいる、なにが起きても動じないなど、いい周波数になれば、毎日いい状態が引き寄せられるのです。「感情を制する人は人生を制する」ということです。

 

「②意識のチャンネルをコントロールする」

 現実世界は、主観によって物の見え方が変わります。あなたの物事の観測の仕方によって、現実の振る舞いが変わるのです。

 

 テレビやラジオのチャンネルのように、チャンネルを変えることによって見える映像は変わります。たとえば、「人生で一番楽しかった思い出は?」と過去に意識を向けると、楽しい気分や嬉しい気分になるでしょう。反対に、苦しい体験を思い出すと、苦しくなったり、体が凝縮するような感覚になるのではないでしょうか。

 

 つまり、意識をどこに向けるか、が変わると共鳴して現実も変わります。「意識のチャンネルを変える」ことによって、現実の見方も変わるのです。

 

「③口ぐせをコントロールする」

 言霊というように、言葉の力にはエネルギーがあります。思考は、言葉で発した方が現実化しやすくなります。なぜなら、イメージ・思考したものを言語化することによって、波から粒に変換され、観察することができるからです。

 

 これは、レストランでメニューを注文することと同じです。イメージしているだけでは、料理はこないでしょう。言葉にして注文しなければ、料理は運ばれてきません。

 

 自分を否定・制限するような言葉を発していれば、「ネガティブな言葉→ネガティブな現実」になります。逆に、プラスの言葉を発していれば、「ポジティブな言葉→ポジティブな現実」になります。発した言葉が、注文のごとく叶うだけなのです。

 

 以上が「引き寄せの法則」をマスターするために、コントロールする3つのものでした。「感情・意識・口ぐせ」をコントロールすることが、引き寄せの法則のポイントになります。

 

ミラーニューロン活用法

「引き寄せの法則」のテクニックとして、「ミラーニューロン」を活用する方法があります。

 

「ミラーニューロン」とは、人間の脳の神経細胞に、目の前の人をミラーのようにコピーしてインストールする機能があることです。

 

 人の周りには、エーテル体と言うオーラがあります。オーラの周波数がネガティブか、ポジティブか、すべて共振共鳴しています。つまり、ポジティブオーラを発すれば、運が上がり、いいことを引き寄せられるのです。

 

 ミラーニューロンを使うことで、「自分のオーラ」を変えます。オーラが変わることで、目の前の人が引き寄せているものと同じものを引き寄せることができるのです。それにより、「感情・意識・口ぐせ」が変わっていくのです。

 

 それでは、「ミラーニューロン」を活用する2ステップを見てみましょう。

 

①相手を認める・同意する

②自分を認める・同意する

 

 ミラーニューロンの発動する条件は、目の前の人の成功を認め、同意することです。そして、「これは私にもできる」と自分に対しても認め、同意をすることです。ミラーニューロンのスイッチがオンになると、インストール(コピー)され、その人と同じオーラになります。

 

 反対に相手に対して、悔しがったり、妬んだりするとスイッチが入りません。ようは、周りの人の成功を自分の成功のように喜ぶことです。成功している人を見たら、素晴らしいと褒め称えて、自分にもできると思うことです。

 

 ミラーニューロンを活用するうえでのポイントは、成功している人、運の良い人、ラッキーな人に会うこと、つき合うことです。成功している人は、人付き合いが慎重です。なぜなら、人はもっとも身近な人の影響を受けるからです。すべてのものには引力があり、人間も同じように、人間関係の影響力の法則があるのです。

 

 成功している人、運の良い人、ラッキーな人のオーラをインストールすることで、引き寄せるものも変えていくことにつながります。ミラーニューロンを活用するためには、相手を認め、同意し、「私も同じように成功できる」と自分を認め、同意するすることです。

 

 

 いかがだったでしょうか? 今回は、「引き寄せの法則でコントロールする3つのもの」と「ミラーニューロンの活用法」をまとめてきました。

 

 今回を全体的にまとめると、「ポジティブ思考を意識する」ということだと思います。「類は友を呼ぶ」ということから、必要以上のネガティブ思考はやめておきたいですね。

 

 明日は、「引き寄せの法則」の「日常的にできること」をまとめていきたいと思います。お楽しみに! つづく!

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。





【参考】

・量子力学で成功引き寄せチャンネル









最終更新日  2021年10月19日 07時30分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[スピリチュアル(精神世界)] カテゴリの最新記事


PR

X

プロフィール


創生陸玖

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

サイド自由欄

ブログ村のランキングに参加中です♪
PVアクセスランキング にほんブログ村

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.