099985 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~創生陸玖の『Learning Journey』~

2021年12月13日
XML
テーマ:心理学(938)
カテゴリ:脳科学・心理学

 仕事、恋愛、人づき合いなど、人間関係はどこにでもあるでしょう。そんな、人間関係で役立つ心理学はあるのでしょうか?

 

 今回は、人間関係に役立つ心理学を3つ紹介していきたいと思います。人間関係で大切なのは、信頼関係です。心理学を活用して、信頼関係を構築していきましょう!

 

①類似性の法則

②ザイアンス効果

③メラビアンの法則

 

①類似性の法則

「類似性の法則」とは、似たもの同士が互いに好意も持つようになるということです。ことわざの「類は友を呼ぶ」と同じ意味です。

 

 学校でも入りたてのころは、隣の席の人や同じクラスの人と仲良くなりますが、時間がたつと趣味が似ている人同士でグループをつくるようになります。

 

 このように、趣味でもスポーツでも、同じものを好きなもの同士は互いに好意を持ち、友人や恋人になりやすいのです。また類似性の法則を応用し、相手の口調や仕草などを合わせることで、相手に安心感を与えることができます。

 

②ザイアンス効果

「ザイアンス効果」とは、ある対象を何度も見るうちに、その対象に好意をもつようになることです。単純接触効果とも呼ばれます。

 

 日常的によく聞く言葉や、よく見たりする人を、人は好む傾向があります。たとえば、よく見るCMや定期的に更新される動画などです。毎朝見るお天気アナウンサーに好意をもったりはしないでしょうか。

 

 このように、人は対象の個性は関係なく、何度も触れるだけで好意を持ちます。このことを、ザイアンス効果、または単純接触効果といいます。

 

③メラビアンの法則

「メラビアンの法則」とは、言語、聴覚、視覚が相手の好意に影響を与える割合を示したものです。「表情=55%、声のトーン=38%、話の内容=7%」の割合で、相手の好意に影響します。

 

 まず、表情などの視覚情報が、相手の第一印象に最も影響を与えます。次に、声のトーンなどの視覚情報です。そして実は、話す内容はあまり影響を与えていないのです。

 

 相手に好印象を与えたければ、表情や声といった、非言語(ノンバーバル・コミュニケーション)に意識を向けたほうがいいのです。「雰囲気を良くする」ということは、大事なことなのです。

 

 

 はい! いかがだったでしょうか? 今回は人間関係に役立つ心理学を3つ見てきました。

 

 ことわざにも「笑う門には福来る」というように、こちらが笑顔であれば、周りも笑顔になってくれるのだと思います。反対に、イライラしているのは軽犯罪級のものなのかもしれませんね。

 

 心理学を活用して、相手にいい印象を与えて、信頼関係を構築していきましょう。

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

【参考文献】

・図解 心理学用語大全 人物と用語でたどる心の学問 [ 田中 正人 ]






にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
ブログ村の「本ブログ」のランキングに参加中です!
いつも応援クリック、ありがとうございます♪

























最終更新日  2021年12月13日 07時30分06秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

プロフィール


創生陸玖

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

サイド自由欄

ブログ村のランキングに参加中です♪
PVアクセスランキング にほんブログ村

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.