000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~創生陸玖の『Learning Journey』~

全183件 (183件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

学びまとめ

June 17, 2021
XML
カテゴリ:学びまとめ

 家族関係は、普段の私たちに、どのような影響を及ぼすものだと思いますか?

 

 子どものころの家族関係は、大人になって、そのまま社会性に出るといわれています。それが、仕事での人間関係につながってしまうのです。

 

 そもそも社会性とは何か。どんな関係が影響しているのか。今回は、家族関係が及ぼす社会性を見ていきたいと思います。

 

人間に備わる社会性とは?

 社会性を辞書で調べると、

「社会性」=集団をつくって生活しようとする人間の根本性質。本能的なものと考える説がある。社交性。

 とあります。

 

 この人間の根本性質は、なぜ生まれたのでしょうか。それは数百年前の狩猟採集時代までさかのぼります。

 

 狩猟採集時代は、周りに危険がたくさんありました。食料を確保するにも、集団で行動しなければなりません。

 

 そのため、自分が所属するコミュニティに見捨てられないように生きることが、人間にとって重要なことでした。その生き方から人間の社会性が生まれたのです。

 

 「もらったら返す」「裏切り者は許さない」「一貫した考えが大切」など、こういった心理は、集団で生活してきた人間にとって本能のようなものなのです。

 

 生活も安全になり、一人でも生きていけるようになったのは、ここ最近の時代です。人間に備わる社会性とは、長い年月を得て、身についた本能に近いものなのです。

 

家族について向き合っているか?

 大人になってからの社会性は、家族との関係が投影されたものです。仕事で起きる人間関係のトラブルは、ほぼ家族の問題が投影されたものとして出てきます。

 

 上司とうまくいかないと思ったら、父親、母親との関係を見直す必要があります。先輩、後輩と、問題が起こったなら、兄弟姉妹のつながりがポイントです。

 

 一人っ子の場合は、友達と上手につながっているかどうかです。友達とうまくつながれる人は、兄弟姉妹との関係がうまくいっている人と同じで、職場での人間関係もうまくいきます。

 

 その人の社会性とは、どれだけ上手に年上や年下の人とつき合ってきたのかの歴史です。家族とのつながりを、もう一度見直すことで、うまくいかない上司や先輩、後輩、取引先の人たちとも、強い絆ができるようになるかもしれません。

 

 「家族との癒やし」というのは、一生のテーマです。人間関係でのトラブルを解決しようとしたら、あなたの元の「家族との癒やし」がテーマになってきます。

 

 大元の原因が解決しないと、たとえ目の前のトラブルは解決できても、また別の課題(=トラブル)が出てきます。人間関係に困ったら、家族関係を見直す必要があるのです。

 

これまでの家族関係がいまの社会性

 いい換えると、いまある人間関係や社会性は、これまで培ってきた家族関係だといえます。

 

 家族とは、不思議な存在です。つながっていると幸せを感じやすく、そうでないと、不安、イライラ、怒りを感じやすいものです。

 

 両親の仲がよくて、家族もしょっちゅう連絡を取り合うような環境で育った人は、自然と「自分もこういう家族をつくりたいな」と思うようになるでしょう。

 

 両親の仲が悪くて、子ども時代に楽しい思い出がない人は、結婚することや子どもをもつことに否定的になりがちです。

 

 子どもがやることすべては、親の鏡なのです。子どもは親がコソコソやっていることに憧れたりもします。

 

 家族関係を見ることで、社会性や人間関係を見直すことにつながります。よりよい人間関係をつくっていくためには、家族との関係を癒やすことが必要になるでしょう。

 

 

 いかがだったでしょうか? 今回は、家族関係が及ぼす社会性を見てきました。

 

 人生の大きな悩みとして出てくるのが、仕事上の人間関係です。それは、家族関係がつくりだした社会性だといい換えれるでしょう。

 

 この家族関係と向き合い、癒やしていくことが、よりよい人生にしていくことだと思います。うまく癒して、よい循環を生んでいきたいですね。

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

【参考文献】

20代にとって大切な17のこと [ 本田 健 ]

20代にとって大切な17のこと(きずな出版)【電子書籍】[ 本田健 ]






【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​


















Last updated  June 17, 2021 07:30:06 AM
コメント(0) | コメントを書く


June 15, 2021
カテゴリ:学びまとめ

 今回も、雲黒斎さんの本をまとめます。

 

 今回は、アセンション後の新世界に向けて何をしていけばいいのかを、まとめていきたいと思います。モチベーションを変えていくために、どんなことができるのでしょうか。

 

自分に正直になる時代へ

 「義務」「犠牲」「我慢」から、アセンション後の新世界では、「愛」「感謝」「楽しむ・味わう」に、人のモチベーションは変わります。

 

 そのために必要なことは、「いつか訪れるであろう幸せ」のために「義務」「犠牲」「我慢」を背負うのではありません。いまここにある幸せ「愛」「感謝」「楽しむ・味わう」をつかむことです。

 

 そしてまた、「愛」「感謝」「楽しむ・味わう」を選択する、というこの言葉を、「義務」にしないことです。それならむしろ、「義務」「犠牲」「我慢」を「楽しむ・味わう」ほうがいいのです。

 

 これからは、過去に経験した数々の呪縛から解き放たれていく時代です。そこにはもう過去の苦しみはないのです。

 

 恐れることなく、自分の気持ちに正直に、「うれしい」「楽しい」「大好き」をアンテナとして、ゆったりと人生を楽しむことです。そうすれば、あなたの想像を超えた形で夢は叶うでしょう。

 

 本当にうれしい出来事は、いつもサプライズ(想定外)で訪れます。ついつい予定を立て、予定どおりに事が運んでも、さほどうれしくないことを、あなたは知っているでしょう。

 

わかり合える時代に変わっていく

 世界で起きている、小さないざこざから戦争まで、原因を突き詰めていくとただ一つです。

 

 それは、「心の壁(ハートが閉ざされている状態)」があることによって生まれる「わかり合えない」という理由です。だからこそ、これらの状態を根本的に解決する術は、互いのハートを開くほかにありません。

 

 ハートを開くには単に、それを閉ざしているエネルギー(恐れ、不満、不安、不信感、怒り、傲慢、罪悪感、劣等感、差別、軽蔑)を手放せばいいだけです。

 

 「ハートが開かれている状態」が「愛」です。「私とあなたの間に壁がない」、それが愛です。「愛」は行為ではなく、「状態」です。

 

 「アセンション後の新世界」は、「わかり合える時代」です。そういった意味で「お金持ち」というものが徐々になくなっていきます。

 

 「私とあなたの間に壁がない」ということは、「私とあなたは同じ存在」ということです。すべては同じ存在であれば、自分を愛することが、他人を、世界を、愛することになります。

 

 肯定は、肯定できることに目を向けてあげることです。フォーカスを変えることによって見えてくるものがあります。肯定は、現状に対する感謝なのです。

 

春が訪れる

 アセンション後の新世界は、季節でいう春だと、たとえられています。春の時代は、誰にでも訪れます。それでは、春のために、どんな準備が必要なのでしょうか?

 

 冬(これまでの時代)を越すためには、自分を「殻で守る」という状態が必要でした。でも、春(これからの時代)が訪れたらもう、自分を守る殻は必要ありません。

 

 むしろそれを破らなければ、芽も根も伸ばせません。タネの殻を維持するための、恐れと防御の時代はもう終わりだということです。

 

 特別「何かをしなさい」という話ではなく、春になれば、「タネ一つひとつの努力」ということとは関係なしに、自然と花は咲き出すのです。

 

 もっと単純になり、単純でいいということを認めることです。どんなにバカバカしいと思えても、あなた自身が、単純に喜べることを選ぶことです。自分の本当の心、素直な気持ちを、もっと解放しましょう。

 

 それこそが、タネを芽吹かせる、太陽の光となるのです。

 

 

 いかがでしょうか? 今回は、アセンション後の新世界のために、どんなことが必要かを見てきました。

 

 これからの時代、自分に正直になることが必要みたいですね。それは、コロナウイルスにより、大きな変革があったからこそ、気づいた人もいるのではないでしょうか。

 

 そして、少しずつ変化していくことが必要ですね。これからの、「わかり合える時代」になるためには、何が必要だと思いますか? 私は、「理解」だと思います。

 

 自分の「閉ざしているエネルギー」を理解することが、自分に正直になる第一歩なんだと思います。その殻を、そっと外すことが必要なのではないでしょうか。

 

 さて今回で、雲黒斎さんの本のまとめは終わりになります。明日は、この本の総括をしていきたいと思います。お楽しみに!

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。





【参考文献】

あの世に聞いた、この世の仕組み (サンマーク文庫) [ 雲黒斎 ]

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み (サンマーク文庫) [ 雲黒斎 ]







【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note


【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​


















Last updated  June 15, 2021 07:30:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 14, 2021
カテゴリ:学びまとめ

 今回も、雲黒斎さんの本をまとめていきたいと思います。

 

 前回、「アセンション後の新世界」を説明してきました。そこでは、人間の意識が大きく変わっていくと説明されています。

 

 人間の意識の中で、大きく変わるものが「生きる」ということにおけるモチベーションです。今回は、「お金」をとおして、モチベーションが具体的に、どう変わっていくのかを見ていきましょう。

 

モチベーションは「未来」ではなく「いま」にある

 前回のおさらいをします。第一ステージで活用されてきたモチベーションは「義務」「犠牲」「我慢」の3つです。アセンション後の新世界である、第二ステージに入ると、「愛」「感謝」「楽しむ・味わう」の3つに変わります。

 

 「生きる」ということにおけるモチベーション(動機づけ・やる気を起こさせる内的な心の動き)の変化は、「未来」ではなく、「いま」をとらえて生きるようになります。

 

 お金や仕事でたとえると、わかりやすいと思います。昭和、平成の仕事やお金は、終身雇用制や老後の年金など、モチベーションが未来にありました。

 

 けれども、いまは終身雇用の崩壊がいわれ、老後の年金問題などが浮き彫りになり、モチベーションが未来にあるとは限りません。

 

 これまでのモチベーションは、働いた先である、老後という未来にありました。これからは、「今を楽しむこと」「今を味わうこと」にモチベーションがシフトしていくのです。

 

「お金」に対する意識の変化

 お金に対する人間の意識を、雲黒斎さんの本から見ていきましょう。

 

 これまでの「お金」は、「義務・犠牲・我慢」のご褒美としていただくものでした。会社では、義務や我慢を背負い、家族や自分を犠牲にし、努力を認めてもらい、給料をもらっていました。

 

 だからこそ、このとき「お金」に与えられた意味は「ストレスの対価」になったのです。自分の苦労や我慢が認められた証しです。

 

 「我慢の証し」「ストレスの対価」となったお金は、人間の中で「そう簡単に手放したくない」という感覚が生まれます。自分が消費者という立場に回ったときも、金額の「高い」「安い」をジャッジする、その尺度は「ストレス」です。

 

 「ストレスの対価=お金」の観念を保有しているがゆえ、「巨額をもつ」ということに抵抗感や恐れが生まれます。「そんなにたくさんのストレスは背負えない」となるわけです。

 

 「お金のない時代」を理想とするのは、「お金=ストレスの対価」という観念の中で話されていることが多いです。そのために、「悪いものはなくなれ」という発想になります。

 

 しかし、お金のそのものに、よいも悪いもありません。お金は、ニュートラルな存在です。

 

 使う側がどのような意味を与えているかがすべてです。問題は、お金の「取り扱い方」なのです。

 

「お金」は共有ツール

 活用されるモチベーションの変化によって、まず先に「幻想」から抜けるのは「お金」です。

 

 お金は、たとえば、お札に著名と捺印、連絡先が書いてあるわけでもないので、「個人的」な所有が不可能なものです。お金はもともと、誰のものでもなく、共有されているツールです。

 

 第一ステージは、「個人」という閉鎖的な意識によって運営されている世界でした。あらゆるものを「個人」に付随させたがる傾向があったため、恐れによって共有財産の占領競争が生まれていたのです。

 

 第二ステージは、「愛」「感謝」「楽しむ・味わう」がモチベーションのため、人間のあいだに心の壁が消えている状態です。心が通い合っている中で、過剰な貯蓄は意味をなさなくなるのです。

 

 「お金」の意味が、「ストレスの証し」ではなく、「愛や感謝、喜びの証し」に入れ替わります。「ストレス」ではなく「感謝」の対価になれば、支払いの際にも「持っていかれる」「奪われる」という感覚はなくなります。

 

 お金が「ありがとう」の気持ちとして使われだすのです。「支払い」という行為に変わりはありませんが、その根底に流れるものはまったく別物です。そして、経済は「希少価値の奪い合い」から「豊かさの与え合い」になっていくのです。

 

 

 いかがだったでしょうか? 今回は、「お金」をとおして人間の意識の変化を見てきました。

 

 ストレスの対価と考えられてきたお金であれば、あまりいいエネルギーが循環していなかった時代だったのかもしれません。その意識を、変化させていくことが、よりよい未来につながるのでしょう。

 

 さて明日は、新世界(注意:大阪の観光名所ではありません)へ行くために、私たちは何をしたらいいのかを見ていきましょう。お楽しみに!

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。

 

 



【参考文献】

あの世に聞いた、この世の仕組み (サンマーク文庫) [ 雲黒斎 ]

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み (サンマーク文庫) [ 雲黒斎 ]







【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​


















Last updated  June 14, 2021 07:30:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 13, 2021
カテゴリ:学びまとめ

 今回も、雲黒斎さんの本をまとめていきたいと思います。

 

 今回は、「アセンション後の新世界」についてです。「アセンション?」「新世界?」っと、大阪の観光名所ではないので、ご注意ください。さあ、見ていきましょう!

 

そもそもアセンションとは?

 そもそも「アセンション」とは、何でしょうか?

 

 「アセンション」という言葉は、以前からスピリチュアル業界で広まっていた「次元上昇」という意味のものです。

 

 地球や人類がより高い次元(3次元から5次元など)に移行するということを表しています。スマホやパソコンのOSのアップグレードみたいなものです。

 

 「アセンションとはサナギから蝶になること」と、たとえている人もいます。個々の「気づき」によってアセンションが進みます。

 

 雲黒斎さんの本では、「アセンション後の新世界」は、人間それぞれの意識が「キャラクター」から「プレイヤー」に切り替わっている世界、と説明されています。

 

 「プレイヤー」とは、俯瞰の視点を得ることです。目に見える世界そのものに変化はありません。「自分」の側に変化があり、俯瞰の視点により、ハプニングなどに対して「深刻さ」がなくなります。

 

アセンションとは意識のシフト

 「新世界」と言っていますが、目に見える世界そのものに、変化はありません。シフトしていくのは、人間の意識です。そこを具体的に見ていきましょう。

 

 世界では、諸問題がそれまでどおりに起こります。問題に対して、今までは、反射的(自動的)に反応していた混乱・錯乱状態でした。

 

 プレイヤーの意識を持つことで、そこから冷静な自覚をもって取捨選択できるようになり、透徹・明晰な意識状態になっています。

 

 つまり、反射的な思考や感情に振り回されなくなるということです。思考や感情を停止されるわけでもなく、意識的に活用できる状態になるのです。

 

 そうした意識のシフトが起こっていけば、それにつれて世にある問題の数々も、それに従っておのずと解決されていきます。

 

 そして、その意識のシフトの後、それに適合した新しい社会システムの構造を望むようになります。それが、社会構造の移り変わりになっていくのです。

 

第一ステージから第二ステージへ

 アセンションとは、意識の次元が変わるということなので、意識のステージが変わるということです。そこで大きく変わる意識は、モチベーションです。

 

 「生きる」ということにおけるモチベーション(動機づけ・やる気を起こさせる内的な心の動き)の変化は、「未来」ではなく、「いま」をとらえて生きるようになります。

 

 第一ステージで活用されてきたモチベーションは「義務」「犠牲」「我慢」の3つでした。第二ステージに入ると、「愛」「感謝」「楽しむ・味わう」の3つになります。

 

 第一ステージを具体的に見ていくと、たとえば会社では、義務や我慢を背負い、家族や自分を犠牲にし、努力を認めてもらい、給料をもらっていました。(終身雇用や老後の年金など、働くモチベーションが未来にありました)

 

 主婦という役割では、家事など、やらなければならないことを背負い、自分を犠牲にし、気持ちを押し殺してきました。できなければ罪悪感に苛まれ、また、同様の観念をとおして、他者を責めたりしていたのです。

 

 これらが、「義務」「犠牲」「我慢」のモチベーションであった第一ステージです。アセンション後の新世界は、「愛」「感謝」「楽しむ・味わう」の第二ステージのモチベーションへと変わっていきます。

 

 

 さて、いかがでしょうか? 今回は「アセンション後の新世界」についてまとめてきました。

 

 いま現在、私たちの意識は、変化していることに気づいている人もいるのではないでしょうか。コロナウイルスによって、大きな変革が起こっているのです。

 

 この意識のシフトによって、お金に対しての意識も変化していきます。明日は、お金の意識について見ていきましょう。お楽しみに!

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。




【参考文献】

第23回 アセンションの現状 辛酸なめ子

あの世に聞いた、この世の仕組み (サンマーク文庫) [ 雲黒斎 ]

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み (サンマーク文庫) [ 雲黒斎 ]







【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​


















Last updated  June 13, 2021 07:30:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 12, 2021
カテゴリ:学びまとめ

 今回から、雲黒斎さんの本をまとめていきたいと思います。

 

 読んだ本は、

・『あの世に聞いた、この世の仕組み』

・『もっとあの世に聞いた、この世の仕組み』

 の2冊です。

 

 まずはじめに、「いま・過去・未来」の見方についてまとめていきます。バシャールでも「並行現実」として、説明されてきた時間の流れについて見ていきましょう。

 

過去と未来の認識

 バシャールが言う、「宇宙の存在の法則」の中でも、「すべてはいまここに存在している」というルールがあります。雲黒斎さんの本の中でも、そこについて説明されています。

 

 あらゆる存在は、「いま以外」に存在することはできない。

 

 『過去』があるのではなく、「記憶」や「記録」が、いま存在している。『未来』があるのではなく、「希望」や「予測」、「恐れ」などが、いま存在している。

 

 だからこそ、「過去」「いま」「未来」の三つは、一つの直線的な流れとしてとらえられるものではない。

 

 「いま」は、「体感の次元」です。「過去」と「未来」は、「思考の次元」です。

 

 過去と未来は、あなたの頭の中にしか存在しません。頭の中のいまここに存在しています。

 

 時間の流れのように、直線的な流れではなく、並行現実のように、いまここにすべては存在しているのです。

 

いまここに生きる

 『時の流れなんてない。あるのは、ただ「いま」だけ。「時間」は、存在しない幻想(マトリックス)なんだ。』

 

 雲黒斎さんの本の中でも、バシャールと同じように、時間の流れは存在しないと言っています。時間の流れは、人間が共同認識をおこなっているにすぎないのです。

 

 過去と未来は、漢字の書き方でも表されています。

 

「過去」は「過ぎ去った」ということ、だから、もうない。

「未来」は「未だ来ない」ということ、だから、まだない。

 

 過去も未来も、体感的に、いまここにはありません。「過去」は、思い出すもの、「未来」は、思い描くものです。

 

 いまここに生きるためには、意識を「思考の次元(幻想世界)」から「体感の次元(現実世界)」に合わせることです。

 

 単純に、フィーリングの世界に移行します。五感を研ぎ澄ませて「感じる」ことに帰るだけです。

 

クリエイションをしていくために

 現実創造の起点は「時間(思考)」の中ではありません。現実創造は、「いま(現実)」の中にあります。

 

 現実創造の中では、奇跡を受け入れやすくなります。だからこそ、「いまとともにある」という状態へ帰ることが必要です。

 

 意識が「いま」というゼロポイントと完全に一致していると、「時の流れ」は消失します。その意識状態が、いわゆる「さとり」と呼ばれるものです。

 

 そのために、「どうするか(行動指針)」よりも「どうあるか(意識の立ち位置)」のほうが大事なのです。

 

 バシャールの本でも、ワクワクすることが大切だと語られてきました。いまここを感じることが、クリエイションをしていくために大切なことです。

 

 自分の感情を感じていくことが、生きることにエネルギーを与えていくことなのです。

 

 

 いかがでしょうか? 今回は、「いま・過去・未来」の見方についてまとめてきました。

 

 個人的には、バシャールの並行現実から、雲黒斎さんの説明によって、過去未来について、理解できた感じがします。

 

 過去を良くも悪くも捉えるのは、あなたの思考によってつくり出されるのです。同じように、すばらしい未来をつくり出すのも、いまここにある、あなたの思考がつくり出すのです。

 

 さて明日は、雲さんが語る「アセンション後の新世界」を見ていきましょう。お楽しみに。

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

【参考文献】

あの世に聞いた、この世の仕組み (サンマーク文庫) [ 雲黒斎 ]

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み (サンマーク文庫) [ 雲黒斎 ]







【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​


















Last updated  June 12, 2021 07:30:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 10, 2021
カテゴリ:学びまとめ

 今回も、「バシャールまとめ 2nd Season」を、お届けしていきます。

 

 あなたは、パワースポットは好きですか? 少し前にパワースポットブームもあったかと思います。そもそも、このパワースポットは人間にどんなことをもたらしてくれるのでしょうか?

 

 そんな今回は、バシャールが説明する「パワースポット」について、まとめたいと思います。

 

パワースポットの効用とは?

 日本のパワースポットの代表的なものといえば、神社ではないでしょうか。神社にいくと、「何だかいい気分」「スッキリした感じになる」など、いい効用がありますね。

 

 人間は、神社の磁場(空間の磁場)によって、調律を合わせています。その土地の磁場と、共鳴・共振をしているのです。

 

 このパワースポットに行くと、いい感じになるのは、ギターでいうチューニングをしているからです。音合わせをしているということです。

 

 チューニングの役割をするものは、他にも瞑想やマントラなどがあります。それ以外にも、温泉やお風呂に入ることも、いいと言われています。

 

 そして、私たちが普段からしている睡眠も、チューニングの役割があります。質のいい睡眠は、自動オートチューニングになるのです。

 

 また、うつ病の人は、このチューニングの弦を、まき過ぎている傾向があります。弦が、ぱつんぱつんに張っている状態です。

 

 そのために、波動を整えることが必要です。波動を整えるために、安心・リラックス・ホッとする・好きなことをする・無になる、などの状態が必要になってきます。

 

 人間も、いい感じを出せるように、音を合わせる必要があるのです。そのために、パワースポットなどの効用を借りることも必要でしょう。

パワースポットに行くと変化すること

 バシャールは、パワースポットについて何と言っているか見てみましょう。

 

 パワースポットに行くと自分の周波数が変わります。すると、そのことによって、それまで自分に見えなかったものが見えるようになったりします。より多くの次元や、意識が拡大するということです。

 

 そして、地球のエネルギーと自分のエネルギーの調和がより進みます。ボルテックス(パワースポット)では何であれ、自分が持っているものが増大されます。ネガティブな思いを持っていたら、それが増大される可能性もあります。それがボルテックスの働きです。

 

 なので、パワースポットに魅力を感じている人は行くことをお勧めします。パワースポットを訪れる行為はDNAのスイッチをオンにすることです。

 

 自分の意識を拡大するためにいろいろなパワースポットに行って、いろいろなエネルギーを自分の中でブレンドしてバランスをとっているわけです。自分の意識が広がると、より多くの波動、より多くの絵の具が欲しくなるはずです。

 

地球の振動数との関係性

 特異な地理的構造物を拝む風習が、パワースポット(エネルギーが周囲と異なる場所)です。

 

 身体の中にあるDNAとそのパワースポットの間に磁力線が働いています。波動が変わると、あなたも変わります。そのときどきによって何に惹かれるかというのは変わりますが、基本的には磁力のようなものが働いて惹かれます。

 

 本人が持っている観念や思い込みが、現実をつくり上げているパワーの源であり、外へ放射するパワーを倍増させます。

 

 パワースポットをうまく活用する方法は、

①良い気分で

②行きたくなったときに

③行きたいパワースポットへ行くのが一番いい

 ということです。

 

 地球の振動数との関係性は、その人の目的や、どんな信念体系をもっているのか、住んでいる土地について何を信じているかや、本人のエネルギーレベルも関係します。

 

 もし、調和したいという目的であれば、40100Hzの周波帯の中から適切なレベルを選ぶと恩恵を被るでしょう。ただし、基本的にひとつの周波数が多くの人に合うということはあっても、万人にあてはまるということはありません。

 

 

 いかがでしょうか? 今回は、バシャールが説明する「パワースポット」についてまとめてきました。

 

 私も、パワースポットには定期的に行くようにしています。それによって、「いい感じ」をいただけると思っています。

 

 バシャールは、行きたくなったときに、行きたいパワースポットに行くのがいいと言っています。これは、ブルース・リーの言葉をお借りしましょう。

 

Don't think, feel.(考えるな、感じろ)」

 

 難しく考えずに、シンプルに感じてみてください。あなたにとって、リラックスできる場所が見つかるように祈っております。(*´ー`*)

 

 さて今回で、「バシャールまとめ 2nd Season」は終了になります。明日は、この「2nd Season」の振り返りをまとめたいと思います。お楽しみに。

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。




【参考文献】

その名は、バシャール [ さとうみつろう ]

あ、バシャールだ! 地球をあそぶ。地球であそぶ。 [ ダリル・アンカ ]

未来人に教えてもらった病気の秘密 人類に病気がなくなる世界 [ ダリル・アンカ ]












【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​


















Last updated  June 10, 2021 07:30:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 9, 2021
カテゴリ:学びまとめ

 今日も、「バシャールまとめ 2nd Season」を、お届けしていきます。今日は大きなテーマです。

 

 「人生の目的」をあなたは持っていますか? それとも「人生の目的」とは何だと思いますか?

 

 コロナウイルスにより、人生にさまざまな影響を受けた人も多いのではないでしょうか。そんな中、自分の人生を見つめなおす機会になった人もいるでしょう。

 

 人生を見ることは、自分自身と向き合うことです。今回は、バシャールが説明する「人生の目的」を見ていきましょう。

 

人生の目的とは?

 バシャールが言う人生の目的とは、何でしょうか?

 

「人生の目的」=可能な限り自分で在ること

 

 「最大限、自分自身で在れ」とバシャールは言っています。そして、ワクワクの公式を使うことが、それをもっとも簡単に達成できる方法です。

 

 ワクワクの公式の方法は、現実がどのようなメカニズムで動いているか、ということの説明に他なりません。非常にシンプルな話です。

 

 「自分と他者の両方のバランスが大切」です。あなたが可能な限り最大限自分自身で在ることで、他の人を助けるのに一番よい状態になっています。

 

 すべての人はつながっているので、人を助けると、自分を助けることにもなります。バランスをとりながらひとつのエネルギーにまとめていくことが大切です。

 

 自分に対する愛、他者に対する愛は、ひとつのコインの裏表です。自分自身でなければ、他の人を助けることができないのです。

 

あなたが存在している理由とは?

 「あなたが存在している理由」を、バシャールは説明しています。

 

 クリエイションがあなたのことを必要だと思い、あなたを充分愛しているので、あなたが存在しているわけです。

 

 「私には存在する価値がありません」というのは、クリエイションに喧嘩を吹っかけているようなものです。自分への愛を拒否している人は、謙虚なのではなく、傲慢なのです。

 

 「私には愛される価値がありません」という考えを、あなたが選ぶことも許してくれるほどクリエイションがあなたのことを無条件に愛してくれています。

 

 存在してるからこそ、役割があるのです。必要なのは、自分自身で在ることだけです。

 

 自分の選択肢を他の人が許してくれることを望むのと同様に、あなたも他の人たちの選択を許す必要があります。そうでなければ、愛溢れる存在とはいえません。

 

人生の本質は「思い出すこと」

 人生は、自分の現実を創るクリエイターになるための人生ではなく、すでにクリエイターであったことを思い出すための人生です。

 

 物質次元では、自分が信じていることだけしか経験できません。人工の仮面を創る最初の第一歩がビリーフです。人生のゲームの醍醐味は「思い出すところ」にあります。

 

 「エゴの仕事」は、人間が一人ひとり個別の経験を積めるようにすることです。エゴは性格の構造であり、物質次元において経験を積むことを可能にします。

 

 エゴ本来の働き以上の仕事をさせてしまうと、そのエゴはネガティブなエゴとなることがあります。それを手放すと、エゴがなくなったような感じになるのですが、実際は、エゴがエゴ本来の働きをしているので、エゴの存在を感じられなくなっただけです。

 

 本来のゲームのやり方は、「自分自身の全パーソナリティとエゴを調和させたら、エゴの感じ方が今までとは違ってくる」というものです。

 

 

 いかがでしょうか? 今回は、バシャールが説明する「人生の目的」を見てきました。

 

 自分自身であることが、人生の目的です。そして、ネガティブなエゴを手放していくと、あなたの真のエゴ(自分らしさ)と調和します。

 

 だからこそ、自分自身と向き合う必要があるのですね。自分らしさを大切にすることが、あなたの人生を大切にすることにつながるのです。

 

 明日は、バシャール流「パワースポットとは?」をまとめたいと思います。お楽しみに。

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございました。





【参考文献】

あ、バシャールだ! 地球をあそぶ。地球であそぶ。 [ ダリル・アンカ ]

その名は、バシャール [ さとうみつろう ]

未来人に教えてもらった病気の秘密 人類に病気がなくなる世界 [ ダリル・アンカ ]












【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​


















Last updated  June 9, 2021 07:30:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 8, 2021
カテゴリ:学びまとめ

 今回も「バシャールまとめ 2nd Season」を、お届けしております。

 

 「引き寄せの法則」という言葉が、一時期、流行っていましたね。私も「うぅー、願いよ叶えー!」と、うなっていました。(_)!

 

 この「引き寄せる」ということは、どんなことでしょうか? バシャールは、どう説明しているのか?

 

 今回は、望むものを「引き寄せる」ために何が必要なのか、を見ていきましょう。

 

引き寄せオートモード

 「引き寄せる」ために何が必要なのか? 結論は、必要なものは自動的に引き寄せているものなので、引き寄せの法則を学ぶ必要はありません。

 

 人間は常に豊かさを引き寄せています。問題は、それがどんな種類の豊かさなのかです。

 

 引き寄せているものが、ポジティブな豊かさなのか、ネガティブな豊かさなのかです。人間は、常に何かを豊かに持っています。

 

 むしろ、必要なものを遠ざけていることを、やめる方法を学ぶ必要があるのです。必要なものを来ないように、ブロックしている自分の思考を変える方法を、身につける必要があります。

 

 その方法は、ネガティブな観念(ビリーフ)を見つけ、手放していくことです。邪魔しているビリーフを取り除いていくことです。

 

「根深いビリーフを見つける方法」は、ずっと探し続けること、諦めないことです。

 

 ネガティブなビリーフのトリックのひとつに、他のネガティブなビリーフの裏側や下側に隠れていることがあります。だから、ずっと掘り続ける、ずっと問い続ける、とにかく探し続けることです。

 

クリエイションの状態があなたのワクワク

 「ワクワク」とは何でしょうか? これは、あなたの「情熱」です。いい換えると、「クリエイションの状態」です。

 

 「旅行の計画を立てているとき」「サプライズパーティーを考えているとき」「キャラ弁をつくっているとき」など、そんなとき、楽しさや喜びを感じ、ワクワクしていませんか? これがクリエイションの状態です。

 

 クリエイションを理解するためには、存在の本質を見る必要があります。存在の本質には、ポジティブなエネルギーとネガティブなエネルギーがあり、その間のニュートラルな空間があります。

 

「ポジティブなエネルギー」=統合する、つなげる、拡大という性質を持つ

「ネガティブなエネルギー」=分離、分断という性質を持つ

 

 クリエイションの状態とは、ポジティブ51%、ネガティブ49%です。何かをつくるというエネルギーは、ポジティブによっています。

 

 クリエイションの状態が、情熱的で、ワクワクするのは、この2つの機械的な性質にあります。ワクワクすることは、統合や拡大を意味するのです。

 

すべてに役割がある

 すべては意識からできています。すべては生きています。「ポジティブなエネルギー」も「ネガティブなエネルギー」も「ビリーフ」も、単純にそうなっているだけで、すべてはそういう設計なのです。

 

 たとえば、夜は悪意をもって、暗いところにしているわけではなく、夜の本質が暗いというだけで、夜は夜らしくあるだけです。ネガティブなビリーフも、ネガティブなビリーフらしくあるだけです。

 

 人間の本質は、実際「完璧で美しく無敵の存在」です。そのため、人間がネガティブなビリーフを信じるためには騙す必要があるのです。

 

 「自分には価値がない」というウソを信じてもらうためには、トリックを仕掛ける必要があるのです。そのため、人間はネガティブなビリーフを持っているのです。

 

 すべての現実は、リラックスして流れにのっかっていれば、必ずポジティブな状態につれていかれます。

 

 進んでいくうちに怖れや不安に感じることは、自分の情熱に合わないものを見せてくれる鏡です。それらに対応していくことは、自分の情熱に合わないものを発見し、それを手放し、情熱へ向けるエネルギーを増やすことが含まれます。

 

 自分のワクワクに所属しないものを発見することも、ワクワクの中に含まれるのです。どんな体験にも、ポジティブな意味合いを見つければ、必ず恩恵を受けることになります。

 

 あなたが本当の自分になって、どのビリーフを選ぶかは、あなた次第です。ビリーフは、そういう性質であり、ビリーフの果たすべき役割を果たしているだけです。

 

 

 いかがでしょうか? 今回は、「引き寄せる」ことについてまとめてきました。

 

 「引き寄せ」は自動的に起こっています。引き寄せていないということは、観念の手放しができていないということです。

 

 クリエイションを選んでいくと、ネガティブを感じる出来事にぶつかります。その出来事が、自分にどんな観念があるのかを教えてくれています。「あれはダメ」を理解し、どう手放していくかが、自分のクリエイションを高める秘訣なのです。

 

 さあ、明日はバシャールから教わる「人生の目的」を見ていきましょう。お楽しみに!

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。




【参考文献】

その名は、バシャール [ さとうみつろう ]

あ、バシャールだ! 地球をあそぶ。地球であそぶ。 [ ダリル・アンカ ]

未来人に教えてもらった病気の秘密 人類に病気がなくなる世界 [ ダリル・アンカ ]












【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​


















Last updated  June 8, 2021 07:30:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 7, 2021
カテゴリ:学びまとめ

 今回も「バシャールまとめ 2nd Season」をお届けしたいと思います。

 

 昨日にひきつづき、「ワクワクの公式」を深掘りしていきます。ワクワクの公式を、簡単に説明すると、「情熱的に生きていこうぜ!!」っとなると、人生がいい感じになる!、という具合になります。

 

 今回は、自分の情熱が、どんな役割で、どんな機能なのかを、とことん見ていきましょう。

 

人生はいたってシンプル

「ワクワク(情熱)に従って生きる。それ自体で完璧な完成されたツールです。それ以外は、何も必要ありません」

 

 バシャールは、ワクワクして生きることは、完璧であり、完成された手段だといいます。それだけ、人生はシンプルなのです。

 

 シンプルとは、本来のあなた自身である自然の姿と調和が取れている状態のことです。ですので、シンプルの方が、より本質に近いと言えます。

 

 複雑とはネガティブなことです。シンプルとはポジティブなことです。これらは同じことを、違う言葉で表しているだけです。

 

 目の前の小さな「ワクワク」を信じることから始めてください。芋づる式のように、それはより大きな「ワクワク」を引き連れて来てくれます。

 

 「人生はほとんどシンプルだ」を信じていく過程は、ひとつずつ確かめながら、徐々にそれを信じていく過程です。

 

 ワクワクの公式は、細かいところまでやることがポイントです。なにをしたらワクワクするか、ということだけでなく、どんなふうにワクワクするか、誰かと一緒にワクワクするか、といったすべてを含みます。一つひとつの要素が大切であるという意味です。

 

その結果には執着しない

 ワクワクの公式は、情熱に従い、ベストを尽くすことです。そして、その結果に執着しないことです。

 

 「結果に執着しない」とは何でしょうか? なぜ執着してはいけないのかを見ていきましょう。

 

 「その結果に執着しない」とは、「わたし」を超えた可能性(ハイヤーマインド・高次の私)の入口をふさがないことです。「本当の私(高次の私)」が、もっと素敵な「プレゼント(現実)」を用意している可能性があるからです。

 

 エゴ(自我)は自分自身が想像する結果こそが最良だと思っています。想像できないだけなので、あなたにとっての最良の結果はハイヤーマインドに任せておけばいい、ということです。

 

 これについて、さとうみつろうさんとバシャールの対談本『その名は、バシャール』(ヴォイス刊)に、わかりやすい説明がありました。

 

 スーパーなどで、車の駐車場を探すときのたとえです。

 

 駐車スペースを探している運転者の視線では、目の前か左右しか見ることができないので、運転をしながらだと、どこに駐車スペースがあるのかわからず迷ってしまう。けれども、この様子を高いところから見下ろしている人にとっては、「この車が3つ先の列を左に曲がれば駐車スペースがある」など、上から見通せています。

 

 ここでは、「運転をしている自分=エゴ(自我)」で、「見下ろしている人=わたしを超えた可能性(ハイヤーマインド・高次の私)」だということです。

 

 つまり、「絶対にここに駐車場スペースがある!」っとぐるぐる回っていると、その先のすごく空いている場所に気づかない可能性があるのです。もっと流れてみることが必要なのでしょう。

 

「ゆだねる」そして「信頼する」

 まとめると、執着する「わたし」の判断より、人生の流れに「ゆだねる」方がいい、ということです。

 

 「ゆだねる」とは、すでにコントロール済みのより良いものを、現実世界に現す行為です。たとえていうと、副操縦士がパイロットにゆだねる感じです。副操縦士(わたし・自我)はときどき手伝う感じです。

 

 「ゆだねる方法」は、感謝です。仏教ではサレンダー(明け渡し、聖なるあきらめ)といいます。いま目の前におこることに感謝することです。

 

 「ワクワク(情熱)」はあなたに必要なすべてのサポートを必要な形で届けてくれます。ワクワクが、あなたの人生のエンジンになり、人生が非常に効率的に前に進みます。ワクワクは、あなたの人生の舵取りをし、シンクロニシティを通して、いつ何をしたら良いかがわかるようになります。

 

 そして、あなたにとって本当に必要な結果がもたらされることを信頼する必要があります。人生の流れにゆだね、その結果をポジティブに受けとることが必要なのです。

 

 

 いかがですか? 今回は、前回にひきつづき「ワクワクの公式」を深掘りしてきました。

 

 「ここまでがんばってきたんだから」っと執着してしまう心は、誰にでもあると思います。これは、心理学で「現状維持バイアス」や「プロスペクト理論」で、説明できます。

 

 あきらめない心も大切ですが、執着しない心も大切でしょう。この間を行ったり来たりするのが人生なのだと思います。

 

 アントニオ猪木の言葉を借りると、「迷わず行けよ、行けばわかるさ」ということですね。

 

 明日は、バシャールの「引き寄せ」について解説していきたいと思います!ありがとーッ!

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。(*´ω`*)テヘ




【参考文献】

その名は、バシャール [ さとうみつろう ]

あ、バシャールだ! 地球をあそぶ。地球であそぶ。 [ ダリル・アンカ ]

未来人に教えてもらった病気の秘密 人類に病気がなくなる世界 [ ダリル・アンカ ]












【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​


















Last updated  June 7, 2021 07:30:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 6, 2021
カテゴリ:学びまとめ

 今回も「バシャールまとめ 2nd Season」をお送りいたします。

 

 今回は、あらためて「ワクワクの公式(別名:ワクワクの公式キット、ワクワクのツールキットなど)」を見ていきたいと思います。

 

 ワクワクの公式とは、簡単に言うと、「ワクワクして生きていこうよ!」「情熱的にやっていこうぜ!」っということです。すると、人生がいい感じになる!、とザックリ説明すると、こんな具合になります。それでは、もうちょっと詳しく見ていきましょう。

 

ワクワクの公式5ステップ

 ワクワクの公式とは、「本当の自分自身を生きるためのルール」です。その5ステップを見てみましょう。

 

①自分の情熱に従い行動をする

②それに対して、ベストを尽くす

③その結果には執着しない

④常にポジティブな状態を保つ

⑤①~④を実行することにより、自分にプラスの結果がもたらされる

(『この瞬間より大事なものなんてない今ここが人生の目的地なんだ』Basher×山崎拓巳著

より)

 

 一瞬一瞬、可能な範囲で最も高い次元のワクワクを行動に移します。そのワクワクをこれ以上できないというレベルに到達するまで、できる範囲で行動に移していきます(=公式①・②)。

 

 最大限にできることをしていき、能力の限りワクワクを行動に移します。そして、その結果に対してまったく意図をもたない、まったく期待しない、予想をしないことです(=公式③)。

 

 自分が放出している周波数である波動を変化させれば(高い次元のワクワク)、体験する出来事も変わっていきます。

 

ワクワクの公式を使うと活性化されるもの

 この公式を使うと、次のツールが活性化されます。

 

・ワクワク(情熱)が人生をけん引してくれる原動力になる

・ワクワクが、シンクロニシティ(※)を通して、なにをいつ行なえばよいのかを正確に教えてくれる、秩序的な原則となる

・抵抗が少なくなり、楽に簡単に生きられるようになる

・自分の情熱と相交えないものを鏡のように映し出し、それらを手放すことで自分の情熱にエネルギーを足すことができる

 

※「シンクロニシティ」=ワクワクを追求している限りは、自分がいつ、どの順序で、どれだけ行なえばよいのか教えてくれる人生の秩序原則となるもの。

 

 行動を起こしたとき、結果に対して、ポジティブなエネルギーと関係を維持していけば、必ずツールキットを活性化することになり、必ず恩恵を被ることとなります(=公式④)。

 

ワクワクの公式のまとめ

 ワクワクの公式をまとめると以下のようになります。

 

①自分の情熱(ワクワクする心)が自分の人生をけん引してくれるという原動力になります。すると、その情熱がシンクロニシティをおこし、秩序やメカニズムになります。

 

②その情熱に従って、何をいつしたらいいかシンクロが起きてきます。たとえば、「○日に○○へ、行ってみよう」とふと思いつきます。行ってみると、思いがけないシンクロが起こったりします(たとえば、旧友との再会がある、など)。

 

③自分の人生が最も楽に、最もなだらかな流れになっていきます。非常に抵抗が最も少ない流れが生まれてきます。たとえば、「遅刻する→結果、遅れて正解の出来事が起こる」などです。

 

④自分の情熱のいろいろな違った表現、11つと全てつながることになります。全然違うことがやって来ても、リンクしているのです。

 

⑤自分の情熱とは、あい交えないものを鏡のようにうつしだしてくれます。鏡となってうつしだされたものを、「これいや!もういらない!」と手放していって、逆に自分の情熱にエネルギーを足すことができるようになります。

 

⑥自分にとって非常に大切なもの、重要なもの、これを何ひとつとして落とさないで体験したり、経験できたりします。「あれもコレも全部やるー!=完璧なキットに!」なります。

 

 

 いかがでしょうか? 今回は、ワクワクの公式を詳しく見てきました。

 

 日常的にワクワクしている人は、周りから見ていてもイキイキしているな、と感じるのではないでしょうか。そんな人は、あなたの周りにもいますか?

 

 「全然ワクワクしないんですけど……」っと、日常から思っている人は、感情を感じるトレーニングが必要みたいです。「高い次元のワクワク」は「感情」によって知ることができます。これは、日ごろから映画や小説など、感情を動かされるものに触れているといいみたいです。

 

 さて次回は、高い次元に「ゆだねる」ということが、よりよい人生へのヒントです。そこを詳しく見ていきましょう。お楽しみに!

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。




【参考文献】

あ、バシャールだ! 地球をあそぶ。地球であそぶ。 [ ダリル・アンカ ]

その名は、バシャール [ さとうみつろう ]

未来人に教えてもらった病気の秘密 人類に病気がなくなる世界 [ ダリル・アンカ ]












【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​


















Last updated  June 6, 2021 07:30:05 AM
コメント(0) | コメントを書く

全183件 (183件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.