031867 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~創生陸玖の『Learning Journey』~

全3件 (3件中 1-3件目)

1

台湾

2021.08.19
XML
テーマ:海外旅行(5717)
カテゴリ:台湾




 台湾のお酒は、どんなものがあるか知っていますか? 私が、以前、台湾旅行に行ったとき、台湾ビールがとてもおいしかった印象があります。

 

 ということで、今回は台湾に行ったときのために、台湾のお酒を予習しておきたいと思います。今回、調べたお酒は、次の5つです。

 

①台湾ビール

②玉泉清酒

③高粱酒

④紹興酒

⑤小米酒

 

 さっそく、詳しく見てみましょう!

 

①台湾ビール

「台湾ビール」には、いろいろな種類があります。私が、台湾に行ったときに飲んだのは、「金牌」と「クラシック」というものでした。

 

 台湾ビールは、とても飲みやすく、苦味が少ないです。味はハイネケンに近いのかな?、と思います。

 

 他の種類で、フルーツビールがあります。パイナップル、マンゴーなどがあり、トロピカルカクテルのような味わいのビールです。

 

②玉泉清酒

「玉泉清酒」は、台湾産の日本酒です。使用している米は「蓬莱米(台湾のお米)」で、日本の酒造メーカーの指導を受けて製造された日本酒です。

 

 アルコール度数は13.5度で、お冷だと飲みやすそうなイメージです。他にも、台湾産の日本酒に「初霧」というものがあります。

 

③高粱酒

「高梁酒(こうりゃんしゅ)」は、モロコシやトウモロコシを主原料にキョクシという麹を混ぜて蒸留した蒸留酒です。アルコール度数は、4060度程度で、「白酒」とも呼ばれています。味は、ウイスキーに近いようです。

 

 主産地は中国の北部・華北地方。寒い地域で作られているため、ロシアのウォッカのようにアルコール度数が高いそうです。

 

 台湾では、「金門高粱酒」という銘柄が有名で、歴史に名高い金門島で造られたお酒です。

 

④紹興酒

「紹興酒(しょうこうしゅ)」は、もち米、麦麹を主原料に発酵させた醸造酒です。紹興酒は、「黄酒」を代表するお酒です。

 

 アルコール度数は、1420度程度で、長期間熟視したものは「老酒」と呼ばれています。3年以上熟成させた黄酒の名称に「花彫」と「陳年」が使われ、花彫は中国本土産、陳年は台湾産という違いがあります。

 

 紹興酒は、お酒として飲むだけではなく、料理に使われます。中華料理のコクを出す時には、紹興酒が頻繁に使用されます。

 

⑤小米酒

「小米酒(粟酒)」は、台湾の原住民のお酒です。小米とは粟のことで、原料に米やもち米

が混ざっているものもあります。

 

 イメージとして、どぶろく、甘酒、マッコリのようなとろみがあるお酒です。味は、酸味や甘みが強いものもありますが、口当たりがよく飲みやすいとのこと。山の観光地のほうで、よく売られています。

 

 

 いかがだったでしょうか? 今回は、「台湾に行ったら飲んでみたいお酒5選」を調べてきました。

 

 一番気になったのは、「小米酒」です。どぶろく、マッコリのような感じは、想像しただけでおいしそうですね。ぜひ飲んでみたいです。

 

「紹興酒」は、調べていくうちに「??」が多くなっていき、いまいちよくわかりませんでした。(^^; 飲むのではなく、料理などに使われる方が多いのですかね? とりあえず、気になる一つです。

 

 台湾だけでなく、旅行に行ったら、お酒を楽しみたいですね。(^^

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

【参考文献】

・台湾産日本酒「玉泉」を味わってみた!現地の酒造メーカーや飲酒習慣から見る日本との違い

・台湾のお酒と言えば何ですか?アルコールの種類と銘柄は?

・台湾原住民のお酒『小米酒』









最終更新日  2021.08.19 07:30:05
コメント(0) | コメントを書く


2021.06.27
テーマ:海外旅行(5717)
カテゴリ:台湾

 台湾といったら「台湾料理」、っという人もいるのではないでしょうか。

 

 今回は台湾に行ったときのために、台湾料理を予習しておきたいと思います。気になる台湾料理は、次の3つです。

 

①雞排(ジーパイ:台湾チキンカツ)

②鹹酥雞(シエンスージー:台湾フライドチキン、台湾唐揚げ)

③魚丸湯(ユーワンタン:魚すり身団子スープ)

 

 それでは、どんなものか詳しく見てみましょう。

 

①雞排(ジーパイ:台湾チキンカツ)

 雞排とは、台湾のチキンカツです。1羽の鶏の半分の胸肉を使用して、大きく見せて迫力を出すのが雞排の特徴です。


 台湾では鶏の胸肉を使う事が多く、鶏肉に下味を付けて特製の地瓜粉(さつまいものデンプン)をまぶして油で揚げます。


 雞排は、夜市や、街中の屋台でよく売っているので、気軽に買うことができます。それぞれのお店で特徴があり、大きさ、厚さ、味付け、衣が違います。

 雞排を調べて、写真を見てみると、チキンカツというよりも、ファミチキの大きい版といった感じです。ファミチキ好きの人であれば、たまらない一品ではないでしょうか。

 

②鹹酥雞(シエンスージー:台湾フライドチキン、台湾唐揚げ)

 鹹酥雞は、肉、野菜、豆腐や芋などを、油で揚げて、独特の胡椒で味付けされた食べ物です。台湾の屋台グルメであり、日本でいうジャンクフード(?)的なものみたいです。

 

 お店に並んだ食材を選んで、揚げてもらうスタイルで、台湾人にとっては「おやつ・酒の友」のような存在なんだとか。

 

 食材は、鶏肉がメインで、他にも、魚の練り物、お豆腐、いか、フライドポテト、野菜などがあります。豬血糕(ジューシエガオ)という、もち米に豚の血を練りこんだ台湾の伝統的な食べ物もレパートリーにあります。

 想像するだけで、ビールに合いそうですね。日本の居酒屋のメニューの中にも、ありそうな一品です。

 

③魚丸湯(ユーワンタン:魚すり身団子スープ)

 魚丸湯は、台湾夜市の定番の軽食です。つみれが入った、あっさり塩味の透明なスープです。

 

 つみれは、魚のすり身が使われる他に、きのこ入り肉団子や、ワンタンみたいな皮にネギ入りのひき肉などが使われます。また、外側は豚肉とサメのすり身、内側にひき肉入りの団子など、さまざまなものがあります。

 

 魚のつみれや皮などは、新鮮な虱目魚(サバヒー)が使われています。虱目魚は、台南の名物でもあります。(虱目魚は、日本にはいないそうです)

 

 虱目魚は、台南の小吃店では必ず食べられ、台北で食べるより確実においしいそうです。ちなみに、「小吃店」とは、日本の外食店にあたります。

 

 

 さて、いかがだったでしょうか? 今回は、台湾に行ったら食べてみたい台湾料理3選をまとめてきました。

 

 揚げ物! 揚げ物! っと連続で、こってりしたものが来ましたが、好きな人にはたまらない料理でしょう。ビールには、がっつり合いそうですね。(´∀`)b

 

 日本料理は、イメージ的に落ち着いたものがありますが、台湾料理や中国料理は、なんだか見ているだけでも元気が出てきそうです。食べることは、生きること! 元気を出していきましょう!

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます!




【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter


【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

​​


















最終更新日  2021.07.02 20:44:19
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.24
テーマ:海外旅行(5717)
カテゴリ:台湾

 感染症対策のため、人流を抑えることにより、なかなか旅行へ行けない現状ですね。海外旅行は、なおさら行けません。あなたは、落ち着いたらどこへ行きたいですか?

 

 私の計画では、台湾に行こうと考えています。台湾料理がおいしいんですよね。

 

 今回は、今後の予習をふまえて、台湾の有名な温泉を3つ調べてみました。

 

①台北の北投温泉(ほくとうおんせん)

②新北の烏来温泉(うーらいおんせん)

③宜蘭の礁溪温泉(しょうけいおんせん)

 

①台北の北投温泉

 台北中心部から地下鉄に乗って30分ほどで行ける、北投温泉。台湾旅行初心者でも行きやすい場所です。

 

 北投温泉の源泉は、白硫黄泉、青硫黄泉、鉄硫黄泉の3種です。世界的にもめずらしいラジウムを含む「北投石」の産地です。

 

 温泉以外の観光スポットは。

・地熱谷公園(硫黄泉の源泉が湧き出している周辺を散策できる公園)

・台北市立北投図書館(世界で最も美しい25の図書館の一つにも選ばれた図書館)

・北投市場(安くておいしいものを食べたい方、ディープな台湾を感じたい方向け)

 

②新北の烏来温泉

 烏来は、台北から車で1時間ほどの東南方向にあります。ウーライ(烏来)とはタイヤル語(台湾の原住民の言葉)で「温泉」という意味です。

 

 烏来温泉の特色は、弱アルカリ性炭酸泉で、無色無臭です。北投温泉とは違って硫黄の香りが、まったくしないそうです。烏来温泉のお湯は皮膚に潤いをもたらし、角質を軟らかくする効果があります。

 

 烏来は、秘境の地と呼ばれていたので、他の観光スポットも山関係が多いです。

・トロッコ(ジェットコースター並のスリル!?)

・ロープウェイ(終着駅に白糸の滝あり)

・烏來泰雅民族博物館(台湾の原住民タイヤル族の生活習慣や風習などが紹介されている)

 

③宜蘭の礁溪温泉

 台北から特急に乗れば一時間半ほどで着く礁渓温泉は、台湾東部にある宜蘭県(ぎらんけん)にあります。

 

 礁渓温泉の発祥は、昔、小川から温かいお湯が流れていたことから、当地の農民が仕事の帰りに使っていたことから始まるそうです。水質はアルカリ性で、無色透明です。酸化カリウム、硝酸ナトリウム、重炭酸カリウム、ホウ酸など豊富な有機物質や鉱物質を含んでいます。

 

 礁渓温泉のスポットは、

・温泉公園

・無料の足湯

・魚が足の裏の角質を食べてくれる「温泉魚」

などがあるようです。

 

 

 以上が、台湾の有名な3つの温泉でした。おもに、台北から行きやすい温泉でしたが、いかがだったでしょうか。

 

 旅行ができるようになったときのために、今から旅先の情報を仕入れるのも、ありなのではないでしょうか。調べていると、ワクワクする気持ちになりますね。

 

 

 それでは読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

【参考】

台湾観光局



【創生陸玖の小説集@note】
●​創生陸玖note

【読書記録@インスタ】
​●創生陸玖インスタ

【創生陸玖Twitter】
創生陸玖Twitter

​​


















最終更新日  2021.07.02 20:45:56
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.