343139 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

I am reading Today's news in English.

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


恵子421

お気に入りブログ

コメント新着

 恵子421@ Re[1]:Aston University develops AI traffic lights in bid to cut queues(05/14) New! GKenさんへ きょうも読んでくださって素晴…
 GKen@ Re:Aston University develops AI traffic lights in bid to cut queues(05/14) 人工知能で信号を操作して渋滞を解消しよ…
 恵子421@ Re[1]:Why one firm is banking on carbon fibre bikes in Europe(05/08) GKenさんへ きょうも読んでくださって素晴…
 GKen@ Re:Why one firm is banking on carbon fibre bikes in Europe(05/08) 炭素繊維製の自転車、いいですね。まだ乗…
 恵子421@ Re[1]:Gardeners urged to let lawns go wild to boost nature(05/04) GKenさんへ きょうも読んでくださって素晴…

フリーページ

2022年01月16日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

Kenya's avocado sector has become so lucrative that organised criminal gangs have begun to target growers.

This is because the fruit from just one tree can pay for the private education of a secondary school student for a whole year - up to $600 (£450).

With the demand for the fruit growing in the US and Europe, Kenya overtook South Africa last year to become the continent's top avocado exporter.

Vigilante groups are now being formed to protect the crop, known as "green gold". (BBC News)

 
*****
vigilante
(自警団員、自分が正義だと考え制裁を加える人)

lucrative (利益があがる、もうかる)

 

*****
「本物のおとな論」(外山滋比古著)を読みました。ビュフォンが文学ではスタイルが人なりと、スタイルとは人柄。苦い経験、苦しい仕事をくりかえしているうちにおのずから生活のかたちが定まってくる。忙しく辛い仕事を夢中になってやりとげているうちにスタイルができる。苦労知らずの生活では生活のスタイルができにくい。洗練された文化の中で曖昧さの美学は育つ。ヨーロッパではギリシアの昔から
2000年曖昧さを悪魔の模様として嫌がれたが20世紀エンプソンが曖昧の七型を出すと曖昧さこそ望ましいと。曖昧は平和な言葉、論理は攻撃的。洗練された言葉は必然的に婉曲で多義的になる。鎌倉時代に候文が始まったが面と向かって言いにくいことでも候文の手紙ならすらすら著者の父親の手紙に勉学専一に願上候と。言葉の使い方も相手の思惑を考え想像力が働き思いやりの心が動く。日本では月謝や見舞、お祝いなどのお金を包んでむき出しのお金ではない。むき出しの本音は喧嘩。適当にぼかしうまく隠し衝突を避けるセンスが必要。言葉を慎んで敬語を使う。敬語が発達しているということは言語的洗練が進んでいる。苦労が足りない箱入り教育を減らすには保育所へ預ける。世の中は教育を受けた人が多くなりすぎておかしくなった。黙々と働く人より文句を言い、人を見下す人間が多くなって社会は活力を失いつつある。知識だけでは人間は育たない。失敗不幸難苦などの経験が人間を育て最大の力となるなどと素晴らしい考えに感動した。







最終更新日  2022年01月16日 10時37分03秒
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:Kenyan vigilantes taking on avocado gangs(01/16)   GKen さん
以前は、農作物を盗む輩は日本にはほとんどいなかったですが、最近は、時々出現するようになり、困ったものです。それでも、無人販売所をあちこちで見かけるので、日本の良き伝統は維持されていると思います。ケニヤでもアボカド泥棒がすごいのですね。なんとか、解決してもらいたいものです。
「曖昧は平和な言葉、論理は攻撃的。洗練された言葉は必然的に婉曲で多義的になる。」という記述は、面白いですね。日本語はあいまいだとよく言われますが、それこそ洗練された言葉ということなのかもしれませんね。今丁度、門井慶喜著「パラドックス実践 雄弁学園の教師たち」という本を読んでいる途中ですが、論理が全ての教育を受けている生徒たちを巡る小説です。どのような結論になるのかわかりませんが、なんとなく、最後は「曖昧さこそ望ましい」という話になるような気がしています。
今日も面白い話を感謝です。 (2022年01月18日 19時56分36秒)

 Re[1]:Kenyan vigilantes taking on avocado gangs(01/16)   恵子421 さん
GKenさんへ
きょうも読んでくださって素晴らしいコメントありがとうございます。
>以前は、農作物を盗む輩は日本にはほとんどいなかった
素晴らしい日本だったですね。
それはいけないことだと言って教えてくれる人が沢山いたのでしょうね。
そういうことをはっきり教えないとわからない人もいるのでは、。
そのアボカドが学生のためのお金になるとはまた素晴らしい。

>洗練された言葉は必然的に婉曲で多義的になる。
言葉ってよーく考えて使わないとというか使うことで物事がうまく運んでいくのでしょうね。考えることが大事ですね。GKenさんが本物のおとな論を楽しんでくださって嬉しい限りです。 (2022年01月18日 21時22分08秒)


© Rakuten Group, Inc.