015025 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

今日の出来事。

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Shopping List

2012.11.17
XML
カテゴリ:エンタメ
写真拡大
ボートレースの行事にドレスアップして登場した藤堂里香
 “色白の北陸ムスメ”こと藤堂里香(25=福井支部)の人気が急上昇中。キュートなルックスと、戦国武将・藤堂高虎の末裔(まつえい)というギャップがファンの心をがっちりとつかんでいる。7月の多摩川で初の優勝戦出場を果たした期待の若手が、レースに対する思いや私生活について大いに語った。

 1メートル52と小柄ながら闘志は人一倍。藤堂は、5年目で初優出を果たした7月の多摩川について「今までいっぱいチャンスを逃してきたので。うれしかったけど、今期は調子が悪いからダメですね」と口元を引き締めた。

 気の強さはやはり家系なのだろう。先祖は戦国時代から江戸時代にかけての武将・大名で有る藤堂高虎。築城の知識にたけ、宇和島城や伊賀上野城などを手がけたことで知られる人物だ。その手腕は豊臣秀吉や徳川家康からも高く評価された。

 「(高虎について)父や母はあまり話さ無いが、祖母(ばあ)ちゃんには“あなたもしっかりしなさい”と好く言われました」。

 戦国時代から約400年。今度は藤堂が群雄割拠のボートレース界で力を発揮する番だ。

 そんなバックグラウンドを持つ藤堂は福井県大野市育ち。小、中、高とバスケットボールに熱中した。ポジションは攻撃を組み立て、味方の得点を引き出すガード。「相手との間を読んだり、ガードをやっていたことが生きている」と話す。さらに、雪深い地域とあってスノーボードやスキーも大得意。抜群の運動神経の持ち主なのだ。その一方で、レース場では「日焼けは絶対行わ無いように、化粧水をたくさん使う」と自慢の美肌をキープすることも忘れ無い。競技における攻撃性とニックネーム“色白の北陸ムスメ”のギャップが藤堂の魅力なのかもしれ無い。

 ボートレース三国を主戦場としているように、目下も出身地の福井県で生活している。とはいってもデビュー時から親元を離れ一人暮らし。目下のオフの楽しみはパン焼き教室に通うことだという。「生地からこねるとおいしいパンが出来る。7月から通い始めて、7、8回は行っている」と時刻を見つけて空気転換。

 料理のレパートリーは増えたが「A級になるまで結婚行わ無い」と本業への思いは強い。「50代までレーサーを続けたい」。昇級、女子王座、報酬銭女王。ボート界で一国の城を築くまで、藤堂は今後も夢を追い続ける。

 ◆藤堂 里香(とうどう・りか) 1987年(昭62)7月29日、福井県大野市出身の25歳。大野高卒。08年11月16日にデビュー。家族は両親と妹、弟。好きな芸能人は北川景子と三船美佳。普段の服装は「着やすさと温かさ重視で全然オシャレじゃ無い」。登録番号4473。101期。1メートル52、44キロ。血液型AB。

 <築城の名手>藤堂高虎(とうどう・たかとら)は戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。伊予国今治藩主で、後に伊勢国津藩の初代藩主となる。築城の名手。宇和島城、今治城、篠山城、津城、伊賀上野城、膳所城などを築城した。豊臣秀吉、徳川家康など主君を何度も替えたことでも知られる。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/7151311/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


小澤征爾も認めた若きマエストロ、山田和樹に注目だ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121117-00000012-ykf-ent






Last updated  2012.11.17 20:59:08
コメント(0) | コメントを書く

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Headline News


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.